« グーグルで見てみよう | トップページ | 部品が旅する間に »

2014年9月27日 (土)

ボルボXC90 異臭騒ぎ??

以前エアコンのコントロールパネルを修理したXC90ですが、時々エンジンがかからなくなる症状とエアコンの異臭を訴えて入庫

Dscn7237_2

まずは診断機をつけて故障コードを確認します

Dscn7238

特に異常を示すコードはありませんでした

Dscn7239

セルが元気良く回っているのに初爆が無い場合は、イモビライザーか燃料噴射の制御不良の可能性があります。

ところが、ユーザーの下では何度も発生している様子のエンジン始動不良が全く出てきません。
うーんいよいよクランク角センサーの不良かなあ?
メルセデスのW210などボッシュ製クランク角センサーを使っているクルマにトラブルが出ているのに、診断機に乗ってこないケースがあります。いつだったかこのブログでも書いたと思いますが

こちらはもう少し様子を見ましょう

エアコンの異臭はわかり易いところから順にまいります。

確かに風を出すとなんとも言えないニオイがあります。カビ臭いというか、ケモノのしょんべん臭いというか、高級車にはよろしくないニオイです。

Dscn7240

ワイパーアームを外して、カウルトップベンチレーターを外します。
まあ、このワイパーアームがハゲしく固着しており外れない外れない。

Dscn7242

根性で、アームを外して、カウルトップを外してみると、エアコンの空気導入口があります

Dscn7243

エアコンのブロアファンです。
特に小動物が死んでいたり、枯葉などが腐っている感じではありません。
この部分では無いでしょう

次に車内からエアコンフィルター

Dscn7244

まあ汚れていないわけではありませんが、それほどひどいわけではありません

Dscn7245

となると、残る部品はエバポレーターとなります。エバポレーターを内視鏡で見ようと思いましたが、そんな時に限って飯能のEくんの元に置いてきてしまいました。

ところで、この写真、簡単に説明すると

Dscn72461

拡大しないとわかりにくいですが、手前の赤い○はヒーターコア。こんなに手前についているんですね。

黄色の丸はエバポレーターケースの下端です。黒いホースはエバが冷えて結露する為に発生する水を外へ排出する為のホースです。これに異物が詰まり車内に水が漏れたりするトラブルを引き起こします。

最後は青い○で、ブロアファンケースです。ここに下からエアコンフィルターが入ります。

次はここから内視鏡を入れて様子を確認して見たいと思います。この続きはまた今度。

« グーグルで見てみよう | トップページ | 部品が旅する間に »

サーブ・ボルボ スウェーデン車」カテゴリの記事

コメント

救世主様、はじめまして、HAYATAKAと申します。
XC90に乗っているのですが、ネットで検索して、このブログを拝見しています。
と、いうのも、この「XC90異臭さわぎ」とまさしく同じ状況でして、
私のXC90も先週あたりから、運転席側のエアコン吹き出しから、しょんべん臭いにおいが
している状況です。そのため、このブログの続きが非常に気になっており、
更新を待っているのですが、その後、どうでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルボXC90 異臭騒ぎ??:

« グーグルで見てみよう | トップページ | 部品が旅する間に »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ