« お酒のんでますか? 怒り編 | トップページ | 冗談が本当になる日 »

2014年9月 5日 (金)

アルファロメオ75ツインスパーク

さて、問い合わせの多い75です。

今の姿を確認します。と言ってもエンジンをおろして以来、忙しくて先に進まないだけではありますが

まずは12/26のブログをご覧ください。

Dscn4469

Dscn4529

事の発端はこのエンジンマウントのリア側を交換する事。
これを交換するには、基本的にエンジンを外して交換すること

もうひとつはスターターモーターの交換です。

Img_0389_2

エンジンを外してしまえばこのマウントの交換もそんな大変なものではなく

Img_0408

さっさと...

そして今日。

Img_0972
変わってないないじゃん
Img_0974

新しいスターターが右下に見えるのがわかりますか?

Img_0976

相変わらずすごいボディ

Img_0977
なんとも強烈な佇まい。

ボディはあえて何かを行う事は必要ないでしょう。

エンジンはいろいろできます。このまま載せるもよし。お金をかけてなにかすもよしです。

現在、ベーシックな整備はクラッチマスターの交換、ブレーキマスターの交換
エンジン後方のマウント交換。マフラーハンガーどれも部品は手元にあり、写真の通り交換をした部品もあります。

その他に、中古ではありますがレカロシートレール左右、ビルシュタインのフロントショックがあります。

また逆にこれから必要になるのは、エキゾーストのキャタライザー、ヘッドライトの防水です。

Dscn7000

Dscn7001

Dscn7002


Dscn7003

途方もない量の明細もあります。中にはシリンダーヘッドのオーバーホールなど重整備の跡もみられます。

強力に低く構えた車高は社外サスペンションかと思われます。
また、素晴らしいエキゾーストサウンドはFFになってかのモダンなアルファとは全く違うサウンドです。

エンジンから伸びるパワーチューブで後部に連結されるトランスミッション、そしてインボードブレーキディスクと、現代の常識では考えられないメカニズムと、これでもかと言わんばかりに個性を見せつけます。

いかがですか?90年代前半の最後の純血アルファ(言い過ぎか)

« お酒のんでますか? 怒り編 | トップページ | 冗談が本当になる日 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ75ツインスパーク:

« お酒のんでますか? 怒り編 | トップページ | 冗談が本当になる日 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ