« ヴィヴィアンキャンベル考 | トップページ | お酒飲んでます »

2014年8月25日 (月)

再販ブーム!

トヨタ自動車が70ランドクルーザーの再販をするそうだ。
いまや砂漠のレクサスと評されるようにまでなったトヨタの4X4ランナーランクル

その70が誕生30周年を記念して限定再販するそうです。

ニュースによると

ランドクルーザー“70”シリーズは、悪路走行に適したヘビーデューティ仕様として1984年に国内で販売を開始した。国内では2004年に販売を終了したが、復活を望むファンの強い要望に応えるため、今回の限定販売を行なうという

とのこと。さすがトヨタ、やることのスケールが違います。

かつて日本の模型業者大手タミヤがラジコンで、ヤフオクなどで超高額なプレミア価格がついていたモデルの多くを再販しました。
まあそれでも本物の当時物には変わらず高額な金額をベンチマークさせていましたが、一定のプレミア価格の鎮静化には寄与したように思います。

今回は実車です。
あの、超保守的なイメージのトヨタですが、何気に試験的な試みは多く、最近では異業種を超えてコラボしたwill viなどが良い例でしょう

Toyota_will_vi_canvastop

あるいは、トヨタウン十年記念のオリジンなんてありますよね

1024pxtoyota_origin_1

なかなか素敵なクルマです。ま、好き嫌いは否定しませんが

新しい所ではスバルとの共作、86なんてのもありますね
260pxtoyota_86_1202

さて、再販と言うと実は今から約20年前、僕はいすゞの専門店のイーグルにいました。イーグルはいすゞとのパイプもそれなりに太く、いすゞ本体からいろいろ個人的に情報を集める事ができました。

その際に聞いた情報で....

ここから先は都市伝説と思ってくださいね。不確かな情報が多く内容に間違えがあるかもしれません。いかなる間違いや勘違いには責任を負いませんからね。

当時、既に乗用車からの撤退をしていたいすゞでしたが、あの117クーペを再販するうわさが立ったことがありました。

Isuzu_117_coupe_005

どんなスタイル、つまり初期のハンドメイドか、量産型の丸目ライトのスタイルか、はたまた四角いヘッドライトの量産型では最もポピュラーな型かはわかりません。しかし仲良かったいすゞ勤務の方から聞いた話ですが、何かしらの計画があったことは確かみたいで、その当時、設計図の多くが抜き取られていたと言う話を聞いた事があります。ビッグホーンの3.2LV6もありましたし、F1に使うはずだった幻のV12(タミヤの本社玄関にありますね)もありましたからね。思いを馳せると、なんとも言えないロマンチックな話ですねえ。もし、その当時に蘇らせていたらどうでしょうね?

↑のような流れるようなデザインやプレスラインを再現できたのでしょうかね
その後20年近く経ってもなんのアナウンスが無い所を見ると、没案になったのでしょうね。

さらにその後、古い名前を使ったリバイバルは三菱自動車やホンダで多く登場し成功を博すわけですが....

世界的に流行る懐古主義です。どの国もみな同じように「あの時代がいいんだよねぇ」と言ってるように、古くて手に入りにくいものに、人気は集中するようです。

昔読んだ「天才バカボン」に、真冬に冷凍したスイカを出してきて、スイカ割りをしていると、それをどうしても欲しい金持ちが現れてすごい金額で、スイカを持ち帰るというような話がありましたが、人間の心も同じで、人の持ってないものを欲しがる傾向は皆同じようです。価値や価値観とはそのような人心の元に作られるのかもしれません

« ヴィヴィアンキャンベル考 | トップページ | お酒飲んでます »

いろいろなクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再販ブーム!:

« ヴィヴィアンキャンベル考 | トップページ | お酒飲んでます »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ