« 売約御礼 三菱ekスポーツ | トップページ | マセラティのその後 »

2014年8月30日 (土)

サーブ9-3 

先ごろお買い上げいただいた9-3が名義変更や整備の為に帰ってきました。

Dscn7020

思えば僕らが良く販売するアルファロメオとは親戚と言うかハトコにあたると言いましょうか

Dscn7021

かのティーポ4プロジェクトで、フィアットクロマ、アルファロメオ164、ランチアテーマそしてサーブ9000と、共通シャシで開発された経緯があります

アルファ164の後継は166、 サーブ9000の後継は9-5 9-3は9-5の弟的...

ちょっと無理があるか

いかんせん良いクルマです。よく欧州セダンの欲しい人に持ちかけた事がありますが、なかなか成就せず、今回はお客さんのニーズ、予算、内容とどれをとってもぴったりな内容です

しかし.... 左のミラーが動きません。電動格納は普通にするので、スイッチを疑いました。

Dscn7030

ミラースイッチはドアサッシュカバーにあります。

Dscn7031

聞くところによると国内最後の在庫だとか。うーん先が思いやられます。

Dscn7034

このように簡単に交換できます。ワンダフル!

交換後再び左のミラーは動くようになりました。

そこで、軽く分解して原因を

Dscn7035

スイッチの中身はこのようになっており、スイッチを押すとシリコンラバー側の金色の部分の電極が基盤にくっつき通電するようになっています。

Dscn7039


基盤側には、セラミックコンデンサとおぼしき物ばかり。黒いのはアンプでしょうか。さしずめECUから送られてきた信号をここで繋げることでECUに再度信号が送られ、ボディコンピューターを介してミラーを動かす仕組みではないかと思います。その際の整流やノイズキラーの為にコンデンサーばかりなのかと思います。と言う事はここは5V以下の信号しかやり取りしていないのでしょう。

で改めて組みなおして接続し、直接しっかり押すとちゃんと左のミラーが動きましたが、スイッチ戻して動かそうとするとやはりうまく動きません。どうやらこのスイッチやシリコンラバーがいけない様子

Dscn70351

ラバー側の赤丸には通電の為の金属板がありません。シーソースイッチで左右を分けているいるのですが、左を選ぶと右の電極が離れ、どことも通電しない事で信号が発せず左側のスイッチに入っているとECUは判断するものと思われます。ところがラバーが硬いのか、赤丸の電極がうまく離れず、スイッチを切り替えても右のミラーが動いてしまうのです。

部品と言えば

マセラティの部品も本日到着しました。早速作業しますよ!

Dscn7029_2

« 売約御礼 三菱ekスポーツ | トップページ | マセラティのその後 »

輸入車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーブ9-3 :

« 売約御礼 三菱ekスポーツ | トップページ | マセラティのその後 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ