« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の30件の投稿

2014年7月31日 (木)

アルコール

このブログをご覧の皆さんはお酒を飲みますでしょうか?

僕は仕から帰って、お風呂に入ってビール1本に日本酒3号弱を毎日欠かさず飲んでいます。
そのよっぱらい具合は、その日やお酒によって違います、こうしてどうにかブログを書いていますが、書くのもつらい状態もよくあります。
時に自分で、自動車を運転できるくらい酔っ払ってないと(実際に運転することは絶対にありませんよ)自覚していても、むちゃくちゃいい加減な内容になっていることが多々あります。

昨晩書いたブログはあまりにも酷い内容だったので削除してしまいました。
内容はまるで、ナイツの漫才のような話になってしまったので削除してしまいました。

もう、ブログの更新、仕事中にやっちゃおうかな?

Dsc04758

さて、今日はポルシェのネタをがんばります

Dscn6510

たびたび登場の996です。今日はオイル交換の為に入庫しました

Dscn6516

下から見るとすごいんです

Dscn6519
Dscn6520

エイリアンの幼虫みたい....

エイリアンの幼虫がポルシェのエンジンみたいなのか

Dscn6522


ドバーっつ!

Dscn6523

あれ? こう見るとちょっとしか抜けてないように見えますが、8Lもエンジンオイルがでました

Dscn6525


油量はクルマが判定してくれます、後4分31秒たったら教えてやると言っています。

Dscn6526

カウントダウンが進みます。

写真はありませんが、特に空冷時代のポルシェなどは さらにしばらく待ってオイルレベルを確認しないとだめでしたね

Dscn6527


前期はマイナーチェンジ後ほどインターミディエイトシャフトのベアリングを心配しなくても良いようですが、この問題は深刻ですな。いつか対峙するときがくるでしょう

まあアルファロメオのタイベル+テンショナーベアリングと同じですな。

乗り味はアルファロメオと同じ土俵で話すには問題があるほど、すばらしい走りですけどねえ

2014年7月30日 (水)

夏のセール決定!

去年、試験的に行いましたセールを今年も開催しようと思います。

現在カーセンサーに掲載している5台全て何かしらの値引きをして、期間限定のプライスタグをつけて販売します。

特にウオッチの多いあのクルマにはかなり割り切ったプライスをつけちゃおうと思います。

販売方法も整備も登録もしない業販スタイルもOK

できるだけ試乗できるように準備します。

でもぬけがけしたいあなた!

特別に予定価格をお知らせしても良いですよ。

その場合はmpi@mua.biglobe.ne.jp まで件名にブログ見ましたと必ず書いて、苗字と知りたい車種と、お住まいの県名、本当に欲しいのか(!)を書いてメールください。

折り返しメールします。単に金額を知りたいだけのあなたはメールしないで、11日か12日にはアップしますので、それをお待ちください。

セール期間が終了すると元の金額に戻ります。あの時この金額にだったからというのはお断りいたします。

2014年7月29日 (火)

Lucky Train

Dscn6490


先日、上野のお客さんの所に引き取りに行ってきました。

Dscn6500

追突によるバックゲート廻りの修理ですが...

Dscn6493

うまくこちらの修理も混ぜていただきたいとのこと....

こちらの方が全然ひどい。こりゃあ無理ですよお

Dscn6512
最近のスライドドアやバックゲートはでかくて重いですなあ

ところで、引き取りの際に電車に乗りました

Dscn6449
明らかにいつもと違う西武線。なにこれ?と思ったら

http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/07/16/20140716happy_lucky.pdf

1編成しかなくて乗れるとハッピーだとか。いろいろやるなあ。

うちも何かとコラボしたい。何かないかな?

Dscn6454

カレーとコラボできないかな? クルマ故障したり、ぶつけちゃったお客さんにカレー食わすの? 心やサイフのキズが癒えるかしら?

Dscn6450

つくだにとコラボできないかな? 

Dscn6451

MPI印のしょっぱいきゃらぶきとかいいねっ! でもシブすぎて一部のお客に喜ばれるだけだしなあ

どなたかアイディアをギブミー

2014年7月26日 (土)

自動車以外も塗ります

暑い.....

暑い
   暑い
      暑い
         暑い

Dscn6434おととい、なーんだまだ涼しいじゃん

    Dscn6443 昨日

        Dscn6458
もう今日は午前中に40℃近くをマ-クしちゃいます
             Dscn6462
午後は当たり前のように40℃を軽く超してます。

今日は自動車ではなく小さな自動車、レーシングカートのシャシの塗装です

Dscn6460

一見なにかわかりませんよね。

向かいのキクチさんのところはレーシングカートもやっている猛者なのです。
以前にも書きましたが、日産のカートチームのエースドライバーなのです。

そのエースドライバーの顔を立てる・・・ いや、手伝うために塗装を請け負います

ブレーキフルードやガソリンなどでしなしなになってしまった塗装を剥がした状態で持ち込まれて、ラッカースプレーでは再びしなしなになってしまうので、適当に塗って欲しいとのことでした

Dscn6461

まあ、キレイに塗ることはブラストにでも出さないときれいな下地は出来ないので、今回は性能重視でまいります

Dscn6465
剥離して金属素地がほとんど露出していますが、剥がしきれないところや下地に予期できない地雷が隠れていることを意識して、強いシール性の高いエポキシ系のプライマーサフェーサーを入れます。エポキシ系プライマーは隔離能力が強い上に耐薬品性が非常に強く、今回の用途には向いてるように思います。

Dscn6466
僕の使っているスタンドックスのシステムはウエットオンウエット、つまり下地から研ぎや乾燥をすることなくトップコートまでできるシステムがありますので、今回はその方法で

Dscn6468

いつもはベースコートと呼ばれる1液のカラーコートをして、クリアで包むクリアオーバーベースと呼ばれる方法で、塗装されますが、今回はできるだけ塗装時間を減らすために、2Kエナメルと呼ばれる、システムで塗装します。

昔、ソリッドカラーのほとんどはこの2Kのシステムでカラーベースとクリアを一緒にしたような方法で塗られていましたが、最近はあまり見られませんね。

この2Kは違う魅力があって、オールドカーなどには独特の雰囲気が出せます。

Dscn6470


Dscn6473

どんどん塗りますが、このような塗装物は塗りにくいのです。.

Dscn6475

塗り終わりました

Dscn6476

フロントのナックルキャリアというかキングピン。キャスターが固定で、おそらくハブでキャンバーを選ぶのではないかと思います。

Dscn6477

結構なキャスターがついているのがわかりますね。

あー暑い。


2014年7月25日 (金)

成約御礼 マーチ

先日から修理中のマーチがご成約となりました。やったね

Dscn6437

まーたまたMPIスペシャルの採算度返し。

Dscn6438

美しい仕上がりであります。

Dscn6440
Dscn6441

あまりなじみはないかも知れませんが、修理工場が母体の販売店で、クルマを買う。
美しいショールームも、おいしいコーヒーも、在庫もありませんが本当に良いものが買えます。

間違いないです。どうせ在庫などしてもその選択肢は知れていますのでばばーんと並べることは出来ませんが、探し出した1台を手塩にかけて仕上げる能力は中古車屋のできるレベルなどとは次元が違うと自負しております。

それは目的が違うのです。自動車の販売を生業とするのと、修理を生業とするのでは、上がる土俵が違います。僕らは、自動車販売を目的とするのではなく、販売後に起こるかもしれない修理や車検、保険の需要を期待して販売するのです。

それゆえ、基本的に販売は赤字にならなければ良いのです。
うーん.... 極論を言えば多少の赤字でも良いのです。
いや やっぱりそれは良くないです。

Oさま 末永いお付き合いをお願いいたします。

2014年7月24日 (木)

マセラティクアトロポルテ スターターモーター交換

先日から作業をしているマセラティ

Img_0712


Img_0716

ぜーんぶ取り外さないと交換できません

Img_0717


そして取り外したウオータージャケットやマニホールドなどにはほとんどパッキンが使われます。大量のOリング大会ですが、国内にないない。苦労して集めました。

Img_0720
Img_0723
Photo


Img_0731
スターターチラ見せ

水温センサーも交換します。

あぶって

Dscn6254

Dscn6256


Dscn6259

冷凍庫でアイスと冷やして

Dscn6260
ふっりー冷蔵庫

Dscn6261

常温に戻して

Dscn6264

Dscn6263_2


詳しくはこちらです。

1_2

点検しながら組み付けて行きます

Img_0735

新しいセンサー

Img_0737

ハーネスを戻していきます

Img_0750

美しいエンジンですね。

ここで以前からオーナーが訴えていたアイドリングの不調が突然発生!
症状が出たり、出なかったり、そのうち勝手に直ったりといかにも電気的不調です。

マニュアルには、アイドリングは水温と燃料マッピングで決まると書いてありましたが
マニホールドにアイドルアジャスターがついています。スロットルボディのバタフライが全閉でもアイドルしたり、エアコンや大きな電力を必要とするときに、アイドルアップできるような仕組みがアイドルアジャスターです。

Img_0745
Dscn6410

この部品です。これがなかなか高いので、取り外して清掃して接点復活剤を入れて元に戻すと大変いい感じ

ついでに、かねてよりエンジンオイルプレッシャスイッチが悪く、時々油圧不良をメッセージボードに点灯させてドキっとさせられましたが、その部品は手に入らないと聞いていました。

今回なんとなくダメ元で在庫を聞いたら、ふつうに国内在庫があるじゃありませんか

Img_0514

写真は以前、タイミングベルトの交換で、油圧テンショナーを取り外した際に見える油圧センサーです。

Img_0755

今回はタイベル関係は触らないので舌からのアクセスです。エアコンコンプレッサーをはずして、アクセスします。

Img_0761


こちらさんです。確かにイギリスは売り切れ状態だったような....

Dscn6408

いよいよ納車です。お待たせしましたITOちゃん。
そして大掛かりな整備が続いてごめんね。

2014年7月23日 (水)

アルファロメオ166 ABSユニット交換

先日、いろいろウオーニングが点灯してしまった166ですが、早速作業します。

Dscn6400

客観的に見てこれだけの装備が一度に壊れる事はないと書きました。
Dscn6401
かなり見難いですが、診断機でもエンジンECUがABSからのCAN信号が無いと訴えています

Dscn6407

ABSユニットはこちら。4つのホイールセンサーから集まった情報などはここを介して、エンジンECUやATのECU、スピードメーターに情報を分けます

166は年式によってカウルトップグリルの真ん中のヒューズボックスに10Aと、バルクヘッド付近のメインの60Aだけ。ちなみにウチのは10Aが無いAタイプのようです。

ここから先はEくんに作業してもらいます

Img_0766
デカい方は13mmのクロウフットレンチで
Img_0767
小さい方は11mmのレンチで

Img_0769

部品取りの1台があるから部品の調達は本当に助かります

Img_0770
取り替えましたらエア抜きです。マスターシリンダから遠い所から行います

Img_0772
フロントキャリパーは内外にブリーダーがあります

Img_0778

アーテのブレーキフルードを使用します

Img_0774

まあ、よく故障するクルマですなあ、富山のTさん....
何か困ったらいつでも聞いてください。

2014年7月22日 (火)

さらば人間風車

先日テレビで同タイトルの特番が組まれていました。

いわずと知れたビルロビンソンです。

以前にも書きましたが、この人はやっぱりうまい
ビルライレージム(いわゆる蛇の穴)出身のレスラーは皆、このストロングスタイルです、

カールゴッチをはじめ、スティーブライト、レスソントン、ダイナマイトキッドなど、それらしいレスリングをする儀t炉たちが名を連ねています。個人的には「暗闇の虎 ブラックタイガー」ことマークロッコも大変に似たファイトスタイルだと思います。
これらをいわゆるヨーロピアンスタイルなんて言うんでしょうね。

1970年台後半より昔のプロレスはあまり技を出すレスリングではなく、ファンクスやブッチャーなどに見られるようなスタイルでしたね。

ところがビルのプロレスは、その後1980年代にタイガーマスクが出てきて、技術的にもビジュアル的にも高度になった試合運びの礎になっています。

フルネルソンからアームロック取られても、自分の体を回転させ相手の技から抜けるシーンなどは、まるでその後のタイガーやDキッド、Bタイガーそのものです。
きっとタイガーこと佐山サトルも、彼から多くのことを学んだのか、ワンハンドバックブリーカーやツームストンパイルドライバーなど、フォロワーっぷりが伺えます。

後に日本のUインターをトレーニングし、先日お亡くなりになられたのです、

僕の好きなヘビーメタルの音楽もそうですが、ブルースの影響を全く受けることなく、ただ速く弾くことや1小節にどれだけ多くの音を入れられるかがエライ、スゴイの基準になり、メロディやリズムがないがしろにされ、本当の音価や、その人の特徴である個性のあるパッセージやサウンドなどは影を潜めたらぜんぜん面白くなくなってしまいました。

プロレスもこれ以上無いような大胆な技やすごい技が多くなると、なぜかつまらなくなってしまいました。ですからこういった技や戦い方を大事にするレスラーのオリジンがいなくなることはさびしいですね。

さらばビルロビンソン 合掌

2014年7月21日 (月)

アルファロメオ166 トラブル再び

昨日さりげなく書きましたが、166ネタです。

今度こそトラブルをやっつけて、安心安全な166ライフを送ろうと思っていましたが、長続きしませんねえ。前回、エアコンをやっつけてもう壊れるところはそうはあるまいと思っていたのですが

Dscn6352

さてさて今度は何でしょう?

土曜日に駐車場から走り出して、本線に合流するためハンドルをいっぱいに切ったら、ガタンと大きなショック。段差に乗り上げたのかなと思ったら、ウオーニングランプが!

Dscn6400

少々見難いですが、複数のウオーニングが点灯しています。にぎやかであります。

右からブレーキフルードやサイドブレーキのウオーニング
ABSのウオーニング
シートベルトウオーニングをはさんで
左端はATのウオーニングです。

そして3速ホールドになってしまい。なんとも運転しにくいです。
でもなぜかメルセデスの3速ホールドより運転しやすいような...

さて、それぞれの守備範囲は
ブレーキのウオーニングは、ブレーキフルードの液面低下
ABSのウオーニングはユニットの不良
ATのウオーニングはATFの油温上昇

ぜーんぶ併せるとブレーキフルードが漏れて液量がまるで足りなくなり、ABSユニットが壊れ、ATFのクラッチが滑り、ギャーってATを滑らせてATFがチンチンになると言う、すざまじい状態です!

でもね、そんな事が一瞬で発生する事があり得ることがないですよ

現にクルマは普通に走り、ブレーキも効きます。水温も安定して調子はいいです。

しかし、ひとつ。スピードメーターが動きません。
ナビもしばらく動かず、GPSモードに勝手に切り替えてから動き出しました。

どうもこれは身に覚えがありますね、BMW E39 で作業しましたね。
診断機を繋いでいないのではっきりとはいえませんが、スピードセンサーから信号が出ていないようです

つまりABSのなにがしが壊れ→車速信号が発生せず→トランスミッションは車速が来ないために変速に困る→結果、関連する全部のウオーニングを点灯させるというのが、正解だと思います。

ちなみに4HP20はZFのATですから、今の状態でATのセレクタを動かすと、ガツン!とショックをわざと出して、オーナーに故障を知らせます。

休み明けから見てみますか

2014年7月20日 (日)

無敵の人

あまり詳しくは知らないが、アニメの黒子のバスケの作者を脅迫した犯人が、獄中での取材に答えた言葉だそうで、失うものは何もないところから言い表した言葉とのこと。

この被告人は、生まれて今日まで、異常なまでの自虐的内容をせつせつと書いて、いかに不幸でいかに不遇であったかをつらづらと書いた挙句、論告求刑で、検事や看守、様々に関わりを持った人たちとコミュニケーションを持つことで改心したと報道でありました。

押しなべてこの手の人の話は超主観的です。そして意思が薄弱で、人に迷惑をかけるだけかけて自分はまったく悪くなく、悪いのはすべて他人や社会のせいと...

自動車の販売をしていると、稀にこの手の人が現れます。大変危険思想の持ち主で

強烈に主観的な物の見方で
たとえば、音(異音)
たとえば、自動車の状態などなど

走ると音が発生します。地面との摩擦があるから、自動車は前に進む事が可能になるわけですが、それをうるさいと指摘をされたことがあります。
いやいや、だれが聞いても問題ないレベルだと思いますよ、と言うとすごい剣幕で怒り始めます。

取り替えたバンパーの左右の差が1mm以上あると指摘されたことがあります。
その方は、バンパーの隙間が自動車にとって最も重要で、エンジンや走ることよりはるかに大事だと仰っていました。

この手の、自分の主観だけを判断基準とされる方を排除する方法ないもんですかね。
なにしろ本人は著しく正しい基準として固く信じているので厄介です。

今回の報道で、改心した被告人はたまたま今回のように矯正できる環境があったので多少良くなるのかもしれませんが、今度は出所後に社会からの総括によって苦しめられることになるでしょう。

人間は人と人の存在や距離さまざまな環境のなかで良くも悪くも生かされているものです。

今回はあまりにも理不尽な話をTVで見てしまったので、なんか熱くなってしまった

迷わず行けよ、行けばわかるさ

さて、今日は早起きして奥多摩に行きます。なんとも久しぶりのドライブ!目当ては件の旧車会です。思えば長いこと、ドライブしてなかったなあ。

今日はコイツでまいります

Dscn6348

後日、後述しますが、再び166がぶっ壊れてしまったので、期せずして145をお供に出かけました。

Dscn6363
セブンイレブンで、コーヒーとサンドイッチを買っていざ出発。食いかけ写すなよって?

Dscn6364

7時20分くらいの画像ですが、かなり曇っています。雨降らないければいいけど

Dscn6365

遠くの山が霧で霞んでいます

Dscn6369

景色がいいですね。この後峠道に入ると、気持ちイイ~ 走りを堪能できます。
Dscn6366

さてさて奥多摩湖、 時刻は午前8時30分。麓と違って晴れていました。良かったなあ。

すでにいろいろなクルマが来ていました。

Dscn6383

御大 岡根社長。約20年近く前の僕の仲人さんでもあります。
イーグル軍団がいっぱい
Dscn6384

G161Wのベレット1600GTR。イメージカラー通り

Dscn6378

117クーペ。角目量産型。向こう側の黄色いほうはなんと「わ」ナンバー、つまりレンタカーなのですね。

Dscn6379

Dscn6381
女性オーナーのKPDA マツダキャロル。4枚でかわいいです。がんばれば70kmくらい出るっておっしゃってました。熊木くんがスピードメーターチューンだとも言っていましたが、真相は....

Dscn6387
かなり若い子がオーナーとおぼしきソアラ。懐かしい仕様ですね。1円玉ホイールが泣かせます。なんとも昔風というか、プラモデル風といいますか。時間があったら詳しく話を聞きたかったなあ

Dscn6388_2

これまた大変美しいベレット

Dscn6389

Dscn6390


Dscn6392

王道ですね。GTR あれ?このクルマ見覚えが

Dscn6393

もひとつハコスカ。すばらしい文化ですね

こんどは輸入車

Dscn6370

うわー ストラトス! レプリカだそうですよ

Dscn6371

Dscn6372

そして、フェラーリ

Dscn6373

355

Dscn6374

今流行りのフラットペイント。かと思いきやラッピングなんですね

Dscn6375

うーん、オーナーとお話したかったなあ

Dscn6380

生きる伝説モーガン+4 ウッドフレーム健在

雰囲気がすごいですね。

まだまだ、この後来たクルマなどすばらしいクルマが多かったのですが、なにしろ時間がなくて.... 9時過ぎには出ないと。なぜなら10時からは地元の神社の寄り合いがあるのです。

残念! またこんど行きましょう!

2014年7月18日 (金)

かつての世界へ

今日はちょっと古い在庫の話

Dscn2754


ホンダレジェンド。KA7型はバブル真っ只中にデビューしたクルマです。
贅沢な装備で、当時希少なナビゲーションがついていました。

さすがにCDナビは壊れていて使えなかったので、今のオーディオに対応できるようにしました

Dscn3171

当時は規格がばらばらだったので、自由なオーディオのカタチがありました。ゆえに修理はすべてワンオフです
Dscn3170

Dscn3154
アクリル板を切ったりして

Dscn3159
Dscn3161

出来上がったのは
Dscn3173

もうこれなら現代のオーディオでも大丈夫なんですね

Dscn3194
そしてなんといってもすばらしいのはカーペット。分厚いカーペットが時代のよさを感じます。

Dscn3195

そもそも20数年前のクルマが2万キロ未満で残っているのもかなり特殊事例ですが....

Dscn3198

うーんなんで売れないんだろう。不思議....

詳しくは、こちら

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2441695419/index.html?TRCD=200002




2014年7月16日 (水)

仕事にまい進

原価で商談したのにすべっちまった。

Dscn6335

このカワいいマーチがだぜぃ。どっちみち損するなら、キレイにしてやるんだぜぃ

Dscn6342
まあ、小傷がいろいろあるんだぜぃ

Dscn6343
21年の最終、サクラパールって色だぜぃ

Dscn6344
中古車の商品化なのに全部ばらしてやったぜぃ

Dscn6347
この日はすごしやすかったけど、今日は38度越えだぜぃ

しかもツナギの上からビニールの防塵ツナギ着て、締め切った塗装室でマスクまでして、塗装してやったぜぃ

そしたら脱水で倒れそうになったぜぃ

ワイルドだろぅ

141

たった1回こすって、バンパーの端っこが切れちゃうなんて、ヤワなクルマですねって入ってきたんですよ~

そしたらすでに何回もあちこちこすっていたみたいでほとんどのクリップがすでにすっとんでなくなっていたんですよ~。

なーにぃ~ やっちまったなあ!

男は黙って、バンパーレス
と言うわけにはいかないので

Dscn6339

Dscn6340


4000005


NV200だぜぃ



2014年7月15日 (火)

海外のチラシ

昨日の荷物は、水温センサーだけをワシントンから輸入したので、荷物にはかなりの隙間があったようで、隙間にチラシが突っ込んでありました。

アウトドアのチラシで、いろいろなアウトドア商品があるのは日本と変わりませんが、ひとつかなり違うのはこちら

Dscn6332


Dscn6330

こんなものまで.... 意外と安いんですね、実銃

Dscn6331
弾丸も

Dscn6334

プールもデカくて安い、その横には

Dscn6333

サバイバルナイフ。しかも長刃

さすがアメリカ

高い物は良い物だ!

部品を輸入するにあたって、いつも足枷になるのが送料です。

以前のように、USPSに頼んで、荷物が行方不明になるのは安かろう悪かろう。でもマセラティやフェラーリ、ランボルギーニの部品には、こちらで送付方法を選ぶ権限はなく、安かろうが高かろうが、宅急便になってしまいます。まあ、フェラーリのような高額部品は送れるからって安いパーセルを使うと、無くなったりしますからね。

ところが国際宅配便を使うと、至れり尽くせりで、こんなようにステイタスが変わります

場所 日付 現地時間 状況
Narita, Japan  2014/07/09  8:28  空港到着時刻
Shenzhen, China  2014/07/09  3:08  空港出発時刻
Shenzhen, China  2014/07/08  23:27  空港到着時刻
Koeln, Germany  2014/07/08  6:19  空港出発時刻
2014/07/08  0:43  空港到着時刻
Stansted, United Kingdom  2014/07/07  22:38  空港出発時刻
2014/07/07  20:41  空港上屋スキャン(輸出)
2014/07/07  20:29  空港到着時刻
Chelmsford, United Kingdom  2014/07/07  19:55  空港出発時刻
2014/07/07  19:45  発地国センタースキャン
2014/07/07  17:11  集荷スキャン
United Kingdom  2014/07/07  6:24  処理完了: UPSへの引渡し準備ができました

ああ、なんて優しい.... 
安いシッピングはだいたい3行とか5行....
こちらはバカバカしいまでにご丁寧です!

上はUPSですがこちらはFedex

Dscn6328

マセラティの部品は全て出揃いました!

Dscn6329
金曜に頼んだアメリカはワシントンのMIE。素晴らしいパフォーマンスでしたね。

2014年7月14日 (月)

BMW530 E39の修理

これまた度々登場のBMWE39

Dscn6278

今回はリアドアのウインドウレギュレーター交換やドリンクホルダーの交換です。

Dscn6314
ドアトリムの脱着から。国産車のようにインサイドハンドルのスカッフのビスを外すだけで、あとはクリップ止まっています。

Dscn6316

エアバックを外しますが、一度でもキーオンにすればエアバックランプがついてしまします。まあ、点いたら消せば良いだけですが。

Dscn6317

レギュレーターを外しますが、このクルマなかなかすんなりとは外させてくれません、ガラスの脱着が必要です
Dscn6319

後ろの三角窓のレールを外しまして、ランチャンネルを引き抜きます。
Dscn6321

新旧レギュレーターです。以前ポルシェで痛い目にあってから基本的に純正かOEM以外は使いません。S君も快く理解して頂けて、作業が捗ります。

思えばBMW]のE46のレギュレーターをネットで安物の立川のP店で買った時はワインダーが巻き上げると、パキパキとプラスチックの悲鳴が聞こえるものがありました。結果、極端に安いものはダメみたいですよ

頭のプラスチックのクリップが割れてガイドから外れています
Dscn6322
はいはい作業終了。
Dscn6315

ところでこのクルマずっと気になっていたところがありました。
Dscn6282
Dscn6284

割れて浮き上がったウッドパネルです。
買うと高いし、なんか直せそうな気がするし
ええい、いつもおせわになっているS君。ここは大サービス

Dscn6287
Dscn6280
リアの吹き出し口を分解して、ひじ掛けの下のボルトを外します。

その他のボルトを外して、センターコンソールを外します。
Dscn6289
以前から直してみたかったコンソールのウッドパネルは簡単には外せず、何かの機会にと思っていましたが、チャンスが来ました。

Dscn6292
今回は一般的なボンドを使います。ホームセンターで売っている乾くと透明になるやつです。割れて剥がれているところにまんべんなく、少し多めに塗ったくります

もう、割れて熱歪で硬くひん曲がってしまったパネルは人力ではきれいに戻りません。そんな時は機械のチカラを借りましょう

Dscn6295
油圧プレスです。その気になればウッドパネルに10t単位の重さをかける事も可能ですが、もっとマイルドに
Dscn6296
あーもっと押したい!でも割れちゃう!

Dscn6302

それなりにぴったりくっつきました。さすが現代の科学力(おおげさか!)

Dscn6303
次に割れ目に沿ってラッカークリアを入れます。1液の模型や木工などに使うクリアーです。硬化剤を使う2液のウレタンクリアは伸縮の幅があまりないので、ラッカークリアの方が、このような材料には向いています

Dscn6304
小さな1500番で研ぎます。

Dscn6309
この作業を繰り返しますが、さすがに大きなヒビを完全になくすことはできませんね。でもだいぶつるっとしてきました

Dscn6308

肝心なドリンクホルダー

Dscn6299

ずるいのはこのビス、見つかり辛いですよ
Dscn6298

お見逃しなく!

2014年7月13日 (日)

家のパソコンの復旧

今日はお休みだったので、朝から家の用事、すなわちジャングルになってしまった庭の整備です。ひーひー言いながらモッコウバラを半分以下の大きさににして、ドクダミ軍団を殲滅し、ボーボーに伸びた雑草をやっつけました。

痛む腰をさすりつつ、本日のメインイベントは家のPCの復旧、つまりリカバリーです。

どうにもうまく復旧できずに、初期化でしか復旧できなくなったウチのパソコンはASUSのP8HマイクロATX
http://www.asus.com/Motherboards/P8H61/
というマザーボードで、CPUはインテルi3。グラフィックボードはGT520、当時でも多少ゲームをやるには不安なスペックでしたが、家でPCゲームをやらない我が家では問題ないレベルです。

起動ディスクにSSDの120GBだったのですが、現在のウィンドウズ7のブートとしては役不足で、容量の残量が少なくなった為、いろいろ減らしていたら減らさなくても良い物まで減らしてしまい、いろいろ不具合が出たわけです。

どうせ初期化するならSSDの容量も大きくしようと思い、より大きなSSDを買ってきました。近所のPCデポですけどね。

120GBから250GBです、東芝のOEMのOCZからサムソンのSSDです。
今回はだいぶ余裕がありますが、気をつけてソフトをダウンロードしなければ....

さて 復旧までにさまざまなドライバーをダウンロードせねば! インターネットの設定もね

新しいSSDを接続して、ウィンドウズをインストールします。ウインドウズのインストールは時間がかかります。とはいえ以前のようにバカみたいな時間はかかりません。

続いてマザーボードのドライバー、リアルテックのサウンドボード、LANボードなど... さらにGフォースのグラフィックボードのドライバー、アクティブXのインストールなどなどね...

コントロールパネルからさまざまな設定をして、使いやすいようにします。

仕事で使うソフトは手付かず、さらに古いSSDから情報やファイルを吸い出さなければなりません。でも、とりあえずこのようにブログが更新できるようになりました。

楽になりましたね、初期化も...

Dsc04857


ミニタワーです。汚くてすいません。整備士とは言えませんなあ

家族からは不評ですが、やはり拡張のできるデスクトップでないと。
モニターとPC部分が一緒になったFMVとかありましたが、今回のように悪くなったらそこを、良くするというような事がまったくできない拡張性のないオールインワンのPCはまるでダメです。

以前、FMVのノートを買ってLANボードに故障が出たとき、修理1ヶ月と4万以上の修理費用にアゴが外れてしまいました。

そろそろ会社のPCも更新しないとなあ。今はなんとSSDも直接マザーに取り付けするみたいですね。すっげー!

2014年7月12日 (土)

ちょっとマイナーな話

ほんとうはBMWやマセラティの事など書きたいことは他にあったのですが、メディアを会社に置いてきてしまったので、違った話。しかもまず皆さんにはなじみのない、マニアックなフレーム修正機の話

P1010160
これはセレットというフランスのフレーム修正機でメルセデスのW210を修理している写真、2本のタワーを10tの油圧のチカラで動かして、チェーンを引っ張ります。主にポルシェやメルセデスなどの指定工具として存在しています。ポルシェの整備マニュアルにもこのセレットが登場します
P1010157
ピンク色っぽいのが専用ジグで、チャートに沿ってジグを置いて、ダメージが無い所や、修正が正しく出来ているとボルトで締め付ける事ができ、逆にボルトの穴がどこを向いているかで修正する方向を決める事もできます。大変便利な反面、発売元から車種ごとのジグを有料でレンタルするため、使っている間中、費用が掛かります。とはいえ、修正レベルは使用が簡単で間違いが起こり難く正確に直せます。

この専用ジグにたいて自分でジグをセットするタイプをユニバーサルジグと言います。代表するのはイタリアのカーベンチです。
言わずとも知られるフェラーリの指定工具です。

Photo

セットできる車種に縛りがあまりなく、軽トラックからセット可能です。

なぜならジグの部品を組み合わせて自分でセットする一夜数を任意で設定できるからです。また写真のように前側に多くジグを立てたいときでも、すべて自分のプランでコントロールできます。

反面、すべて自分で作るため、設置ミスや角度の計算ミスなど、ヒューマンエラーのリスクがついてまわります。
条件さえ合えば素晴らしい正確無比な修理が実現できます

ぼくらセレットユーザーはカーベンチをうらやむ場合もありますし、カーベンチユーザーはその簡単さにうらやむ話も聞きます。

他にイタリアはグローバルジグ スウエーデンのカロライナー、現在はスナップオンのグループの一部になってしまったブラックホークなどでしょうか?

日本には何故か著名なフレーム修正機は残念がらほとんどありません
アメリカにもいっぱいマイノリティなメーカーがありますが、いまひとつ有名な機械はないように思います。

でも肝心な自動車の方が変わってきてしまいました。特にヨーロッパ車はアルミのシャシーを多用すりようになってきました。アルミシャシのクルマは基本的に引き作業ができませんから、交換が前提です。

国産車は軽自動車やコンパクトカーが異常に多くなり修理するまえに全損になってしまいます。

この先自動車はどう変わっていくんでしょうかね?

2014年7月11日 (金)

まったく なんて日だ!

あるお客さんのバックオーダーで、コンパクトカーを仕入しました。
お客さんの条件はぜーんぶ入れて予算は50万円

僕は業者向けオークションで車検の無いN社のMを仕入ました。落札値30万円。3万円くらいの利益が出ればいいやと...

しかし実態は30万円で落札しても、オークションからの請求には
(車体価格30万円+落札手数料+回送手数料))×1.08(消費税)+リサイクル税

仕入れ原価は約36万円です

車検がないクルマなので新規車検を取得します。
自動車税+自賠責保険+自動車重量税+手数料印紙代+ナンバープレート代
23000+28780+24600+2800+1470=80650円

さらに車検を通すにあたって点検整備なしで引き渡す事は僕にはできませんしガソリンも入れなければお客さんへのデモや車検の回送もできません
ガソリン40L=1

70x40=6800

基本点検整備費用+車検及び登録代行+検査機器使用料(ライトやガスなどを検査ラインに乗せる前に事前に検査する施設の利用料です)
23000+9000+5000=37000

整備は過去の履歴にもよりますが、スタンダードにエンジンオイル、ブレーキオイル、バッテリー、オイルフィルターを交換し、あとエアコンフィルターやその他消耗品などは見送り?
それだけで、20000円?

さて、原価は?

504450円 ん? 予算を超えてね?

あー!仕入原価が予算超えちゃってんじゃん。しかもスタンダードな内容で。ボディの右前のこすった修理の費用は? タイヤの交換費用は?

難しいですね。オークションの落札値が30万円でも、50万円で足りないとは
恥ずかしながら、仕入を担当した僕のミスですね。うーん恥ずかしい

普段2-3万の利益があればいいやと思って仕入するのですが、2-3万の利益を生まず、納車に行ったら返って損してしまう!

くわばらくわばら
うーん どうしよう.....

そしたら、家に帰ってパソコンをつけると大変な事に。
いつも家でブログを更新しているパソコンは、自分で組んだパソコンでブート類はSSDで起動するようになっています

しかしSSDの容量が少なくなり、軽くする為に移動したファイルに移動してはいけないファイルがあって、どうもうまくありません。

あれこれ動かしているうちに、残る手立ては初期化しかなくなってしまいました。

え~ windows95以来かもよ、初期化なんて....

2014年7月 9日 (水)

一方、板金チーム

一方の車体修理ちーむはと言いますと

Dscn6218
相変わらず、ekワゴンのリア周り。今日はバックゲートの塗装だったのですが

Dscn6248


Dscn6247

新しいパネルに小さなヘコみがあああああ!

塗り直しです。

こちら完全にスタッフまかせ

マセラティのその後

 さて、先日レッカーされてきたクアトロポルテのエヴォV8。作業が本格的になりました

Img_0683
インテークマニホールドの脱着です。この間、車検でそこそこ大きい作業したのにぃ
Img_0690

マニュアルなどと照らし合わせるとふつうのV6とずいぶん違うのがわかります

Img_0691
後ろ側のガソリンラインは外さないで作業します

Img_0692
さらに真ん中の冷却水の通るブロックを取り外し。

Img_0693
Img_0698


Img_0704
あちこちのホースバンドがトライドンなどの締め付け型のホースバンドになってます、という事は過去に一度開けたことがあるのですね

Img_0708

マニホールドの取り付けや各水路のパッキンなどショートパーツがたくさん必要ですが、なかなか国内に無いものもあります

Photo

ぼちぼ足りないもの、国内で調達可能なのもの、部品屋さんと打ち合わせて、無いものからイギリスのディーラーに発注します。それでも無いものもあります。

まずは、エンジンがかからない元のスターターモーターを交換します

Dscn6243

悪名高きValeoのポーランド製。新品の割に思っていたより安くて7万弱です。とはいえ国産車の倍の値段ですが....

Dscn6245

スターターモーターはお約束のように壊れるみたいです。マグネットが脱落していました。2個も... ブラシの残りはそこそこあるのと、モーターの突然死。いかにもですね。

Dscn6269

モーターのカンの中です。
Dscn6265
Dscn6268

ローターに磁石がくっついています。

一般的にモーター類がダメになる時は、ブラシが減り、アーマチュアとの間のギャップが大きくなり、電気が流れようとする力が強くなり、いかにもモーターの回りが重くなり、最終的に回らなくなるのです。ですが、今回は、違います

フレミングの左手の法則にのっとり磁界の中で、コイルに電流を流すと、回転しようとする力が発生し、その断続的かつ永続的な電力の供給により、モーターが回転するのですが

その磁界が真ん中のアーマチュアに張り付いては絶対に回転できなくなります。模型や、家電など、モーターはありとあらゆるところにありますが、こんなことは見たことがありません。磁石が剥がれるなんて.... マセラティではおなじみみたいですが

2014年7月 8日 (火)

あー残念

実に残念なことに、ある時間帯のブログのアクセスが突然 極端に多くなることがたまにあります。
だいたい、そのあとに決まってネット関連の勧誘の電話がかかってきます。

SEO対策やら、広告やら...
時間がもったえないので、できるだけ相手にしないようにしています。彼らも商売なので、ガチャ切りなどはしませんが、まさに人海戦術で、一度断っても次々に同じ会社から全く同じ文言で電話が来ます。

もう少し工夫はないのかね...

たまたま電話に出たら電話の向こうは聞くからに若い子の声。
新入社員はなにもできることがないので、簡単な研修ののちに、昔でいうところのテレフォンアポインターと言う仕事で実戦デビューさせられるようです。契約云々は関係なく面談までいければよいみたいで、相手の都合など関係なくアポ取りに夢中です

電話している子たちもかわいそうなら、はたして仕事をさせている会社のレベルも相当低いように思います。
いわゆる万一ビジネスと呼ばれるドアトウドアの仕事をやらすのは良いのですが、電話でやらすのは.... どうもブラックなにおいがします

人と顔を合わせて商談をするのは重要なことです。たとえインターフォン越しに断られても自分の足で努力するのが尊いわけで...

でもそういう仕事をするのは限られたセールスをする仕事の人だったように思います。
それこそクルマ、教育関係書籍、ほうきやちりとりなどあまり学歴やキャリアに関係ない仕事。それがなぜか大学を卒業した子がやっているのを考えると、同じ子を持つ親としてとても苦しくなります。

少年よ大志を抱け... とは言いませんが自分の理想や未来像を追い求めて頂きたいと思います。テレアポがいけないとは言いません。しかしこんな職業、職種に就きたいという具体像は中学、高校、大学と10年も、全然なっかたのでしょうか?

よく、時代がとか、景気がなどとのたまう方はいますが、それは言い訳に過ぎず、昔も今も変わっていないと思います。
僕が若かった頃より、職種や求人が減っているのは間違えありませんが、皆さんは子供のころ、もう少しあれこれやってみたいことはなかったのでしょうか?
残念でしかたありません。

今日はいろいろ

ジャガーのバッテリー交換です。80Ah

Dscn6235

何度も言うようですが、最近のイギリスの自動車は本当に屈強になり、トラブルフリーと言うか故障してもまず不動とはなりません

ちなみに取りに伺った駐車場にこんなクルマが
Dscn6228
Dscn6230

すっげぇ~! うらやましいのだ

バッテリー交換の後、納車に伺い、その後は

フォグランプが点きっ放しのPTクルーザー。
Dscn6231
Dscn6232

以前、つきっぱなしになって、ヒューズを抜いたのに、なんとヘッドライトから電源を盗み点灯しているようです。ありえるのかなあ? 確かにこの手でヒューズを調べて抜いたのになあ....

クライスラーのメカニックのT中さんから、PTクルーザーはコンビネーションスイッチがよく壊れて、知らない間にフォグランプがつきっぱなしになり、バッテリーがあがってしまうトラブルがよくあると教えてくれました。

今回は間違いなくそのトラブルで、スイッチから時より煙が出ます

Dscn6233
Dscn6234
こいつの交換です。

皆さんも 気をつけなはれや!








2014年7月 7日 (月)

今日のMPIは?

現場ではekワゴンの後部修理です

Dscn6218

トラックの逆突修理です

Dscn6219

強烈であります。

一方、昨日レッカーされた主は

Dscn6222_2

マセラティですねえ、先日車検から上がってきたばかりじゃないか!

いえいえ、スターターモーターの不良です。
イグニッションをひねるとカチっとリレーの作動音がします。
なんとスターターモーターの突然死のようです。

一般的にモーター類は、ブラシが減って、通電しにくくなって(アーマチュアとブラシの間のギャップが広くなりすぎて)セルが極端に重くなって、スターター交換と言うセオリーがあるのです。以前テスタロッサでそんなことがありましたね

すなわち一定の調子悪い予告期間があって不動になりますが、今回はいきなりです。
お買いものをして、帰ろうとクルマに乗り込むとセルがうんとも言わない。

バッテリーの電流量を多くしても回らないとなると、摩耗ではなく機械的に故障した。つまりモーターが回せないのです。

セルに行く電流量が見たいのですが
Dscn6225
セルどころか配線すら満足に見えないほどぎっしりエンジンが詰まっています。
どうやら、サージタンクの奥にあるようです。

Dscn6226
まあ、どうやっても見えないんですけどね。もちろん触ることすらできません。

まずは予想可能な限りでの、部品の手配からですね。

2014年7月 6日 (日)

ルノーメガーヌⅡ

今日は朝から法事で中野・新宿方面に出かけました。
僕は運転手だけで、午前中で無罪放免。

新宿にあるブート屋さんを目指しました。
エアーズ
http://www.airs-online.com/

新宿レコード
http://www.mmjp.or.jp/shinjuku-rec/sjk/

マダムに「久しぶりですね」と声をかけて頂きました。

どちらも以前の勢いに比べれば相当勢いがありませんが、相変わらず面白い音源があります。今日はTOTOの1982年の東京公演2CDと、Gary mooreの82年のプロショットDVD,セール中で500円で買ったグレンヒューズ、ジョーリンターナープロジェクトのロシアでのライブを買いました。

そんな新宿で物色中に、1本の電話が... エンジンが不動のお客さんからのSOS!

急きょ工場に向かうことになりました。

その詳しい事は後日以降説明するとして、その道中
ルノーメガーヌを久しぶりにみました。

みなさん、ルノーメガーヌって知っていますか?

姿形が特徴的で、一時期すごく気に入ってお客さんに勧めた時期があります。

もうすでにみなさん残念ながら、降りてしまいましたが、1台は新潟は新潟市、1台は栃木は宇都宮市、もう一台は業販で神奈川へ行きました。

そのうちの1台の画像がありました

Dsc00118

2000ccで本革シート、なんといっても後ろ周りのデザインが秀逸。カギはなく分厚いメンコぐらいの大きさのカードキーを直接スロットに差し込んで、スタートスイッチを押します。

Dsc00120

なんとも独創的なクルマでした。僕の166もそうですが、ムルティプラなどこの年代を最後にあまり面白いデザインのクルマを見ませんね

Dsc00121

ナンバーに加工がありますが、僕の名義だったものなのであまり関係なく載せます

Dsc00122

ワゴンはそんなに突飛なデザインではないのですが、ハッチはご覧のとおりなかなか前衛的です。

実に実用的なクルマで、小物入れが異常なまでにあちこちにあります。
ドリンクホルダーだって、リアハッチの容量だって。
真夏に一家四人で一泊旅行もしたことだってあります。つまり大人四人が乗って十分移動できるクルマでした。

個人的にはアヴァンタイムが良いのですが、あちらはとても売る自信がないので、仕入れしたこともありません。

1024pxrenault_avantime_lh
800pxavantime_grand_air

どちらもウィキペディアからの流用です。

これは目を引きますが、一体どんな人に売れるのか?と思い未だ仕入れに至っていません。誰かに乗せようと画策してはいるのですけどね。

この手は好きな人は好きですが、受け入れられない人には相当ハードルが高いようです

それでも、うちのこのメガーヌを見たいすゞスポーツの熊木くんは、いったいこんなクルマ誰が買うんですか? こんなクルマ売っちゃうなんてすごいですねぇ
とほざいていましたが、アヴァンタイムから見ればメガーヌなんて普通、普通ですわ。

ちなみに最近の日産車にRenaultの文字のついた部品を散見します
たしかNoteのリアバンパーの中の部品のフォースメントか、エネルギーアブソーバーにお刻印があって驚いたような。

他にもよーく見るとありますよルノーの文字

2014年7月 5日 (土)

おまじない

先日、経済の専門家の兄からメールが来て、仕事がうまく行っている時にはマージャンに勝てないジンクスがあるそうで。

思えばMPIにはジンクスはたくさんあります。以前書きましたが酉の市などはまさにそのいい例です。
その他にトイレや工場を清掃すると事故車が入庫するというジンクスが12-3年前にはやりました。ちなみその前は工場に朝行ってソリティアを早く上がれればいいことがあると信じて、上がるまでやっておりました。

さて、なぜ、そんな事を思うのでしょう? たまたまそんなことがあって、ひょっとしたら掃除したらいいことあるんじゃね?って思ってそうしたのかなあ?

しかしそんな事、根拠があるわけもなく、これまた酉の市のように本当の意味はそっちのけになって、掃除をすれば必ず入庫があると思い一生懸命掃除します。
そのうち、掃除しているのになんで入庫がないんだ?とかありもしない幻想に取りつかれます。

時は過ぎ、

Dscn6025
今年もやってきました。家のガレージにツバメが毎年営巣します

そしてなぜか、巣立つ前に巣が脱落して大変なことになるのです

Dsc04855

今年も脱落して、急きょ人工の巣。

5羽みんな無事に飛び立っていきました。



2014年7月 3日 (木)

アルファロメオ145のまとめ

一応の修理が終了した145。カーセンサーに乗せるにあたり、内容をまとめてみました

Dscn6122

大まかにまとめると
ボディ上面部分の塗装(バックゲート上側、ルーフルーフサイド、ボンネットフード)
その他外装の塗装(左右フロントフェンダー、フロントバンパー、ラジエターグリル)
ワイパーモーターの交換
パワーウインドウレギュレーターの交換

そして社外部品の数々
オーバーレーシングストラットタワーバー、ロワーバー
KONI FSDショックアブソーバ
アイバッハスプリング
K&Nエアフィルター
オーバーレーシングマフラー
MOMOトレックステアリングホイール
スピードライン16インチホイール
スプリットファイアプラグコード...

Dscn5866
Dscn5881
Dscn5902
Dscn5923
Dscn5912
Dscn5924
Dscn5998
Dscn5978
Dscn5979
Dscn5983
Dscn5986
Dscn6102
Dscn6144
Dscn6165


あとはメカニックチームがタイミングベルト、バランスベルト、ウオーターポンプやヒーターコアを交換する作業を予定しております。

アルファのエントリーモデルとされていますが、内容的には相当コアなファンの方にも満足いただける内容です。なんといっても、超お買い得です!

2014年7月 2日 (水)

ウインドウレギュレーターの交換

アルファ145のウインドウレギュレーターの交換もしました。

途中で止まってしまい、2度と動かなくなるまでカウントダウンの始まっているウインドウレギュレーターもドイツからの荷物に同梱してもらいまして

Dscn6161

ボルト位置のおさらい 黒い○がボルトです。もちろんドアハンドルのエスカッションも外します。マニュアルとだいぶ違うので前期と最終とでは違うみたいです。実際に作業する際は気を付けてください。

Dscn6162

あとはクリップです。

Dscn6163

いつものドアシェルの中にビニールですね。イタ車にはおなじみ。
フィアットもマセラティもフェラーリもみんなやってます。とても不思議なのです
もちろんサービスホールカバーというか、インナーシールもあるんですよ。

以前、オールドタイマーの取材を受けた時にBMWE46のパワーウインドウレギュレーターの交換をしたことがありましたが、E46は必ず、サービスホールシールとセットで交換しないと雨が漏り、車内に侵入しフロアマットがびしょ濡れになり、痛い目に遭います
イタ車は知ってか知らずか徹底した水対策がなされています。
とはいえおジャマなのです....

さて、輸入車のウインドウレギュレーターと言えば... みんな特徴があります
ドイツ車などは全てブラインドリベットで止まっています、何もかもです。
国産車はモーターに6mmのボルト3-4本にガイドレールにナット2個と言うのが定番です。しかもウインドウの調整まであることが多いです

Dscn6164_2
これまた変わってるなあ。サービスホール内に進行方向にナットで止まってる。

おまけにモーターはなんとナット1個。
ありえね~

Dscn6165
今回も同じ部品かな?おー楽勝 と思ったら似て非なるものでした。

 
Dscn6166

取付位置やボルト数がまるで違うが大丈夫かぁ?
案の定うまくくっつきません。

ここで不思議なのが、ドアの方です。

Dscn6167
申し合わせたように3つ穴が開いています。モーターをくっつけると穴位置ぴったり。でもワインダーワイヤが全然足りないので、モーターを付けるとガイドがまるでくっつきません。マニュアルでも穴は3つあるのに使うのは1個だけのようで、いったい何の為に3個穴が開いているのか意味が不明です。

そんな時はあわてず寸法取りです。
こんな道具を使います。車体修正の際に対角や短い距離の計測に使うコンパス状のトラムゲージで距離を測り、同じように穴を開けます。

Dscn6173
Dscn6175
これで距離を割り出して、金尺でおおよその寸法を割り出します
寸法が完璧にあっていなくても部品の特性上心配ないです。
Dscn6168

穴を一つ開け間違えましたが、うまくくっつきました。Dscn6169

Dscn6170
どんどん元にもどして
Dscn6171
出来上がり。

他にもこんなのがあると良いですよ
Dscn6172
ドライグリススプレーや欧州車用ボルト。

ちなみに今回はボルトナットでの取付ですが、よくブラインドリベットをボルトとナットで取付しているのを目にします。今回のアルファ145もバンパーの一部に建込みのナットが引きちぎられていて、そこをボルトナットで止めていた部分がありました。

しっかり元の形に戻してもらいたいものです。

2014年7月 1日 (火)

アルファロメオ145

いよいよ145もだいぶ出来上がってきました。

今回は早速イギリスから来たワイパーモーターの交換です。

どうもリレーが悪いワイパーモーターASSY。ノイズの嵐で、電流値がまずいことに。
そこでモーターの交換の話を先月末にしましたが、本日もう届きました。便利なりebay

早速作業開始

Dscn6144
上が新品、下が要交換品。

よかった。部品が合ってる。(当たり前のようですが国内でも違うことはしょっちゅうあります)

でもよく見ると
Dscn6145

マレリのマークがそこここに

Dscn6146
僕らにとっては悪名高きメーカーです
Dscn6149

ところがよく見てみると

Dscn6147
Dscn6148

むむ! これは....

Dscn6147_2
なーんとなんとデンソー製?

Dscn6145_2

表は間違いなくマレリ製なのに!

もうこの時点で信頼性アップです

Dscn6153

それそれ出来上がり。あしたあたり、カーセンサーにアップしよう。

しかし原価かけちゃったなあ。しかも検索ワードにものってこないし

世界あの店この店 駅のそばの丸井がお送りします。

先ごろ頼んでいた部品がいろいろ来ました。今日一日です。申し合わせたように...

Dscn6129_2


大きい荷物はドイツの通販会社レクスボから、たしかデュッセルドルフからです。
ちっさい方はイギリスはミドルセックスです。こちらはeuropartsからです。

Dscn6130_2


さらに小さい荷物はウエストミッドランズはバーミンガムからです、これはebay.uk

国際色豊かですね

ところでバーミンガムと言えば

ブリティッシュヘビーメタルの聖地なのをご存じでしょうか
ブラックサバス、ジューダスプリースト、ご近所ですがサウスヨークシャーにはサクソンとデフレパードです

関係ありませんがイギリスは少し訛りがあって、「エイ」とする発音が「アイ」に近いところがあります。
オーストラリほど激しく「アイ」とは発音しませんが、このyoutubeのインタビューアーの発音を聞いてください
https://www.youtube.com/watch?v=GzfNLp6iYxQ

サクソンのビフバイフォードとのインタビューです。

オーストラリアだともっとハゲしく、トゥデイはトゥダイ、フェアレディはフェアライディと...
だからeightをアイトと発音するとそれっぽくなります。

でーもでも、ポルシェだけはなかなか通じません。面白い事にアメリカとヨーロッパでは発音が違います。「ポーシュ」と言うのがアメリカ、ポーシェ」と言うのがヨーロッパの一部です。

Rの発音は通じませんよ....
でも、近所の幼稚園で、アメリカ人のなんとかおばさんの英会話教室から帰ってきた、まだ3回しか行ってない年長組みの男の子が、完璧なRを発音していた時は驚いたなあ

子供は無限の可能性を持っていました。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ