« アルファロメオ145 さらにさらに続き | トップページ | 追悼 アルティメットウォーリアー »

2014年6月25日 (水)

アルファロメオ156 修理の続き

なにかはかない夏の夜の夢のようにワールドカップが終わってしまいました。
今朝、日本はコロンビアに惨敗し、ドイツ大会のように1勝もすることなく終わってしまいました。残念ですねぇ。しかし、それは同時に4年後へのスタートでもありまして、ロシア大会では僕も51歳 何をしている事やら...

さて、フロント周りを修理中の156ですが、塗装作業に入りました。

Dscn6026

サフェーサーを研いだ状態です。でも研磨中には研ぎ破る場合があります。そんな場合はこちら

Dscn6027

このように金属素地が露出したところにはフィルプライマーを塗布します。

Dscn6029_2

1Kフィルプライマーです。金属素地にも強力な密着力を発揮し、塗装膜強度を確保します。MPIでは金属素地に直接カラーベースを塗装することはありません

Dscn6030

どんどん塗装します。

この後は出かけてしまったので写真はありませんが、きれいになりました

Dscn6051

かなりカウルトップが焼けていたので、こちらも塗ったのですが塗装色で迷いました。ミラーがつや消しの黒だったので、ワイパーアームも塗ったのですが、なんか写真の通り黒が効きすぎているような...

まあちょっと焼けるとそれなりになるでしょう

Dscn6053

そして、バンパーやライトを外しているので、ライトはHID化することに

Dscn6054

どなたにでも勧められるものではありませんが、やはりブランド物。素晴らしいパフォーマンスです。そりゃあチャイナパーツの6~7個分の値段ですから

Dscn6056

頂いた資料にはライト後ろのカバーに、ハーネスを通す穴を開ける指示がありましたが、かなり無理があります。構造物になっていて単純構造ではないので、現実的でありません

Dscn6061

Dscn6060

そこで真下に16mmの穴を開ける事にしました、バラストが取り付けられるようになっていますね。少し削ってあるのは面にしっかりゴムが貼り付くようにです

Dscn6063

もしもに備えて、いつでももとに戻せられるよう加工しました

Dscn6065

高級品らしく、バラストは小さくイグナイターが別体、しかもリレー付き。怖いもんなし!

Dscn6066

さー 納車まであと少し。続きはまた明日。

« アルファロメオ145 さらにさらに続き | トップページ | 追悼 アルティメットウォーリアー »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ156 修理の続き:

« アルファロメオ145 さらにさらに続き | トップページ | 追悼 アルティメットウォーリアー »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ