« アルファロメオ145のさらなる続き | トップページ | 耐久レース »

2014年6月21日 (土)

アルファロメオ156 前回りの塗装

先日サーモスタットの交換をしたアルファ156ですが、今回は前回りの塗装と相成りました

Dscn5752

線傷(いわゆるイタズラキズ)の保険を利用した補修です。

Dscn5993

徹底して研ぎこんで金属素地の露出したところはプライマーを入れて塗装膜強度を確保すると同時にサビの防止をします

Dscn5994

サフェーサーはフード1枚とフェンダー2枚です

Dscn5996
Dscn5999

次は各部分の脱着分解です

Dscn6001

塗装作業の妨げは全て取り外します。

Dscn6007

ボンネットフードは単体にしてサフェーサーを研ぎます。研いだ白い研ぎ汁が車体に入ってしまうと取り除くのが難しくかえって面倒です

Dscn6008

ちょうど分解するので、痛んだグリルエンブレムも交換します

Dscn6002
Dscn6003

はがれかけています。

交換にはメッキの枠部分を外さないと...

Dscn6005
と、思ったら全然分解する必要がありませんでした。裏にナットがあるわけでもなく、余計なことをしてしまった

おまけに実にがっちり両面テープでとまっていて工具が入りません。
本体を悪くする可能性から、きれいにはがす事を諦めて 真ん中を削って剥ぎ取りました。

Dscn6006
取れました。






















« アルファロメオ145のさらなる続き | トップページ | 耐久レース »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ156 前回りの塗装:

« アルファロメオ145のさらなる続き | トップページ | 耐久レース »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ