« アルファロメオ145 156サーモ交換 | トップページ | Riding on the storm »

2014年6月12日 (木)

昨日の続き アルファロメオ145

昨日、溶接した部分は、このようになります

Dscn5912

フェザーエッジなんて言いますね。プライマー塗ってパテ盛って、サフェーサー
に回します。
Dscn5917

サフェーサーを吹く前に再度プライマーを入れて空気を遮断します。

Dscn5902

前側ルーフ全体に広がるOEM塗装膜の不良も改善させなくてはなりません。でもアンテナがいくらなんでもジャマすぎる。ついでに言えばフロントガラスも... イメージとしてはこんな感じ
1523_2

黒い線内は比較的番手の低くて粗いサンドペーパーでがっちり研いでいく範囲、それに対して黄色はサフェーサーを入れる為の範囲。ここに書いているのはあくまで目安ですからちょっと広がればアンテナもフロントガラスもサフェーサーからマスキングするようです。そうなれば仕上がりが荒れる事は避けられない。そこで、アンテナを外す、と言う事はルーフライニングを脱着?

でもこの場所の下ってなんかあったような....

車内灯だ!

Dscn5904
うまくいってくれますよーに。まずはベゼルをおっぱずして。
Dscn5905

金属のベースが出てきました。軽く引っ張っても外れません。よ-く見るとベースに穴が開いてますよね。ここは完全に金属を打ち抜かないで、輸入車用のオーディオステーのように一部をひん曲げて止まっているのがわかります

Dscn5906
わかりますか?ツメを起こして

Dscn5907
外れました!すると?

Dscn5909
Dscn5910

アンテナ取付部分みっけ。同軸ケーブル外せばOK

あとはフロントガラス? ひえ~っつコストお化けが追いかけてくる~

夕方からはマセラティの納車です

Dscn5913
やっと整備や車検が終わって納車です。長かったなあ。
ラジエターのOHにタイミングベルトの交換でした

Dscn5914

美しい内装も健在

Dscn5915
3.2Lのツインターボは飛行機の離陸するときのような加速感があって、2.8Lのモデルよりだいぶ違います。

非日常の1台、皆さんもいかがですか?スーパーカーライフ。
整備工場でしか実現できない安心がそこにありますよ

« アルファロメオ145 156サーモ交換 | トップページ | Riding on the storm »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続き アルファロメオ145:

« アルファロメオ145 156サーモ交換 | トップページ | Riding on the storm »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ