« 耐久レース | トップページ | アルファロメオ156 修理の続き »

2014年6月23日 (月)

アルファロメオ145 さらにさらに続き

今日のネタも集中審議中のアルファ145

さりげなくエアバック系の診断ケーブル探していた時にふっと Dscn6011

まったくカラだったので冷却水をたして....
引き取りに行った時もからだったので、オーナーの方にカラですねって聞いたら、あ、ホントですねと... まあ素人の方だったのでやむをえませんが、その後かえってから相当な量の冷却水を補充したのに、また減っていたので足しました。

すると....
Dscn6015

ヒーターコアから結構な漏水が....

Dscn6013
ちょっと見にくいですが、助手席側足元のところです

Dscn6012

うーん、こりゃあ、前のオーナーも臭かったろうに....

それよりも、オーバーヒートしなくてなにより。
しっかし、トラブルのオンパレードです。状態が良いと聞いて買ったのに、恐るべしヤフオク。まあ、素人の人ならこんなもんか。

ちょうど右のウインドウレギュレーターの仕入れもあるし、早速部品のオーダーを今回は166でビルシュタインを買ったドイツの業者に注文です

さらに、使えないわけではないけど、これまたあまり調子のよくないワイパーを見ます。
こちらはガラスの脱着の都合で、カウルトップが外れているので、脱着もらくちんですから

いやー 一体幾らかかるのやら。末恐ろしいです。
と言うより何円のプライスタグをつければ良いのやら.....今度からタイトル変えよう、あなたの心配取り除きスペシャルとか、売ったら損するスペシャルとか?

Dscn6017

ワイパーリンクごと外して、問題なのはモーターか?

症状としては
145のワイパーは2段階で、オートと普通に間欠なしと。
で、オートモードで間欠状態になった時だけ、歯の欠けたギアで回すようにガ、ガ、ガ、とぎこちなく動きます。間欠以外ではスムーズに動くのです。

リレーかなと思いつつも、モーター周りを見てみると

Dscn6018
ボケた写真ですいません。
複数のピンでコネクターが入っているので、基盤を見てみた図です。

日本の自動車の作りは、パワーウインドウにしてもワイパーにしても、モーターには2極で入ります。すなわち+と-しかありません。モーターに入る前に極性を変更して入ります。

しかし昔から欧州車はモーターそのものに基盤がついていて、そのモーター部分にコントロールする部分があるため、複数の配線が入り、モーターを単体作動させるのが難しいのです。

今回もそうですが、基盤を覗くとリレーが
Dscn6021

こいつが悪さをしているのでしょう。すごいノイズが出ています

いままでいくつも家電や基盤の修理をしてきたりしましたが、こんなメーカーのリレー見たことありません。マルツや秋月では手に入らんでしょう。こんど秋葉のリレー屋で代替えできないか聞いてみよう。

Dscn6022

再び基盤を戻して、代替えを探さなくちゃ。

そうこうしてると

Dscn6016

USPSがいつのまにか... これは先日USPSのカスタマーに電話したやつです。

ナッシュビルで行方不明になっていたやつです。
いやあ、電話してみるもんですねえ。Goddamn USPS!

« 耐久レース | トップページ | アルファロメオ156 修理の続き »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ145 さらにさらに続き:

« 耐久レース | トップページ | アルファロメオ156 修理の続き »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ