« スプレーガンとドクターペッパー | トップページ | ひみつの次期商品 »

2014年5月17日 (土)

マセラティクアトロポルテ 車検整備

先ごろ預かったクアトロポルテの車検整備です

以前からあま~いニオイがしてまして、冷却水の漏れは確認していたので今回の整備はそこからです

Img_0436

Img_0443

通常、自動車は一番前にエアコンコンデンサー、その後ろにラジエターがあります

このクアトロポルテはエボモデルなので、フェラーリの意見が入ったクルマです。しかしフェラーリが監修する前からプロダクトされて実売されていたので、基本のスタイルはその前の体制にプロダクトされたものです

すなわち! 出来上がって数年発売されたものを、似て非なる団体が上から目線であーだのこーだの物言いをつけたモデルというものと言いましょうか、。

でもしかし! どこまで、どれほど真剣にリプロダクトしたのかまでは、どんなに詳しい専門ショップでも、その場にいなければその全容はわかりません。
さも知っているかのように説明するの人はすべて憶測や妄想かと思います。

でももしモディファイを請け負ったら、まず、客観的によろしくないところは何かしらの手立てを講ずるだろうと思うのです。そこで、このようなラジエターが生まれたのかと

Img_0446
一見なんの変哲もないラジエターでもよく見ると

Img_0463

2つラジエターがあるの?

Img_0447

いや一つなんです。双子のラジエター?いやいや双子のラジエターと言えばテスタなど80-90年代のスーパーカーなどの左右に分かれたラジエターです。

じゃあこれは? 一卵性双生児とでもいいましょうか....

LLCが漏れたのか白っぽくシミが見れます。形は面白いわ、サンドイッチみたいだわで高額な修理費用が予想されそう....

この辺はまるでテトリスのようになっていて、ラジエターの切欠き部分と言いますが、この部分
Img_0463_2

にはクーラーコンデンサーが入ります。図で説明しますと下記の赤丸のラジエターがあり...

046_020

さらにこの真下にコンデンサーが入ります。 画像は某通販から拝借しました

046_021

まるでテトリスのようにきれいに切欠きの下に入るのです 。

このラジエターの後ろ側の下には各オイルクーラーがくっつきます 。

Img_0449

046_010_2

写真の右側がエンジンオイルクーラー、左側がATFクーラーです
もー手作り感満載です。

通常、コンデンサーとラジエターしかないようなスペースに(AT車はラジエター内にATFクーラーはありますが、ラジエターと一体でW203のメルセデスなど、ラジエターとATFクーラーが内部で貫通してしまい問題になることがあります) 従来より大きなラジエター+コンデンサー、エンジンオイルクーラー、ATFクーラーと上手に配置されています。

Img_0445

なんだか客観的に見るとどれもこのクルマの部品ですが、どれもこの部品には見えません。

国産車は、専用部品ありきでクルマが造られます。つまり、ラジエター、コンデンサー、ファンやシュラウドなどクルマありきで作られるイメージがあります。しかし、ヨーロッパは部品ありきでプロデュースされるような感じです.... いやどちらも同じプロセスを踏むのかなあ?

クラウンの17系など同じ中期でも何種類かのナビ画面がありまして、故障が多く出るのと、出ないのがあります。ぱっと見ではわかりませんが、部品番号を見ると違いがわかります

 

« スプレーガンとドクターペッパー | トップページ | ひみつの次期商品 »

マセラティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティクアトロポルテ 車検整備:

« スプレーガンとドクターペッパー | トップページ | ひみつの次期商品 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ