« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の27件の投稿

2014年5月30日 (金)

アルファロメオ166 エアコン修理完結編

アルファ166のエアコン修理も終盤です

Dscn5773


Dscn5788

エバポレーターやファンボックスなど、直接ボディにくっつくところはスポンジをすべて張替えます。冷気を逃さず車室内に送れるよう丁寧に仕事します

Dscn5805

ずいぶん割愛してしまいましたが、組み付け後の写真です。

マニュアルにはブローバイ関係はまったく指図はありませんが、現実にはこの通りです
Dscn5777

それでもなお、ブロアケースとエバポレーターケースを合体したまま元に戻すことはできません。ブロアケース一体で脱着作業したい向きには、コモンチャンバを外して作業することをお勧めします

Dscn5810

たくさんの工具を使用しました。
Dscn5811


役に立ちそうでなかなか立たない内視鏡軍団。

Dscn5807
ついでと言ってはなんですが、フードパネルも塗装しました。
いままで、フードは塗装していなかったので色差がありましたが、これで無くなりました

ハイソリッドシステムで塗りましたが、ハードナーの速度が合わず難儀しました

Dscn5809

ついに出来上がった166、今日のような暑い日で、停車後、窓を開けることなく車室内が冷えるようになりました。外気温は34℃、設定は21℃。
快適~。

166ユーザーのみなさん。質問があったらお気軽にメールください。

でもこの後タイヤ交換のセリカを預かります
Dscn5814


こちらのオートエアコンは、最低が18℃位だけど、23℃くらいで寒い寒い。

うーんいったいこの差って...

Dscn5816

ちなみにこのクルマ。女性オーナーなのです。可憐な女性が前後オフセットの違うホイールを履くなんて....

いやいやそんなことではなくて.....

一方工場にはこんなものが届ききました。

Dscn5812


むむ!この箱は?

Dscn5813

買ってしまったのですねえ。

スゴイ吸い込みデス!

2014年5月29日 (木)

アルファロメオ156V6 車検

今日はホントは166の続きを書こうかと思っていましたが、メディアを工場に忘れてしまったのでエアコンは休題。

先日車検でお預かりした156。

Dscn5752

車検と聞いたら恐ろしい金額になると思いませんか?
多くの人が潜在的にアルファロメオやイタ車に乗ってみたい と思っている方は多いと思います。

そこで今回の車検の156、どれくらいだと思います? 11万円以下です。具体的な金額を言うことはできませんが、重量税や自賠責を入れての値段です。

ではなぜそんなに軽自動車並みに安いのでしょう?

今回販売した155もそうですが、タイミングベルトやウオーターポンプ、果てはクラッチなど交換しているので、全部ではありませんが費用が掛からない場合もあります。
Kc4600331
Pap_00391

もちろん今回のマセラティのように、簡単にはいかない場合もありますし、費用が掛かる場合もあります。でもおよその予算を決めてもらって作業したらいかがでしょう?

是非、輸入車ライフに飛び込んでほしいですね。
楽しいですよ。決して怖くありません。
何も知らない怖がらない人が売るクルマが怖いのです。

整備士と言うタイプの人はあまり賢くありません。値段うんぬんより出来上がりの状態を考えるからです。
良くない状態を良しとできないのです。

でもその正直さが今日のMPIを作っていると思います。無理な販売はしたくないのです。

僕らの本職は整備業なので販売が振るわなくても別に問題にはなりません。本当に気に入った方が乗ってくれれば、楽しんでくれれば本望なわけです

もしこんなクルマに乗りたいけど、心配で仕方ないと言う方は是非ご相談ください。

2014年5月28日 (水)

アルファロメオ166 エアコン修理その2

166の修理は、「たどり着いたらいつも雨降り」

なかなかうまく行きませんなあ。

午前中にエキスパンションバルブを外して、冷媒の流通量を増やす為に下側の調整ネジを緩めます。

エキスパンションバルブ、通称エキパンはこのような構成部品となっています
Dscn5766

マチ針みたいなのが感熱棒(筒)で上側のダイアフラムが動きを調整して冷媒の量を調整します。これだけ? そうこれだけ。

ちなみに針の横にあるのは下側がリターンスプリング。上はスプリングシート。

マチ針の下側が丸くなっているのは冷媒を霧化するためバルブ側がテーパーの穴になっていて、バキュームカーのホースの端よろしく、フタの代わりをしています。

Dscn5767

エキパンの容量っていろいろあるのかな? 穴やニードルが太ければ冷媒量をより多くコントロールできそうだけど。
エバポレーターはお手上げで、ラジエター屋さんが作ってくれそうにありません。
ケースの大きさの問題がありますのでどんな大きさでもいいと言うわけには行きません。

もうこうなると、全部見てみないと気が済みません。

Dscn5769

エアコンユニットを取り外して、ひとつひとつ機能を確認していきます。
まずは分解から。これがまあ結構大変で....

Dscn5770
Dscn5771
Dscn5772
e-learnでの手順は、もう少し簡単そうでしたが、実作業は結構大変で、マニュアルにない作業もありました。

例えば、ブローバイホースやオイルセパレーターなどは外す前提ではありませんでしたが、取り出しきれません。またマニュアルにはエアコンユニットごっそりの脱着を標榜していますが、実際にはブロアー部分とエバポレーター部を分けて外した方が作業し易いです。特に取付時に楽です。

ユニットごっそりやりたい場合はコモンチャンバを取り外して作業すると一発で楽ちんです。ついでに後ろのバンクの点火プラグやイグニッションコイルも作業すると良いですね。

Dscn5773
Dscn5775
この隔壁を取り外すのがキモです

Dscn5776
苦労の末に外れました。2時間半くらいかかります。外すのはまあねえ。

Dscn5777
ブローバイ軍団を外しました。

Dscn5778

こいつが今回の容疑を着せられたヒーターとクーラーを分けるフラップです。

Dscn5781_2
なんとヒーターコアを外すと対策したした跡がありますよ。先人が工夫したんですね。ヒーターコアからの液漏れもありません。でもあちこちボルトが締まっていませんでした。それも原因かなあ?

うーん。例のフラップも含めて、今の原因らしい原因がないなあ。やばーい






























2014年5月27日 (火)

アルファロメオ166 エアコン修理

ああ、久しぶりに強烈な左フックをもらった感じの166.。

まあ、どうするかよく考えて作業しましょう。エアコンの修理はまず、マニホールドゲージをつけてガスの流れを見てから作業するのが鉄則です。

ところが、あらら? ガス圧が大気圧に近い? 当然エアコンが効くわけなく、ガス漏れなのです。当然先週作業したところが疑われます。真空引きした時は特に漏れがなかったんですがねえ。

先週末、全く効かないどころかホットな空気を運んでくれたエアコンはヒーターコアを仕切るフラップのモーターかフラップそのものの故障とにらんでいたのですが、こちらが問題だったのかな?

まあ、もう一台部品取りがあるので、そちらで確認してみましょう

Dscn5759
画像と文字で説明するのは大変難しいのですが、うまく見比べて理解してください

こちらがそのフラップを車内側から見たところ。現在ヒーター側にフラップが上がってヒーターをフタしています。
Dscn5760
実際のクルマには、四角く穴が開いている向こう側にエバポレーターがあります。
モーターに直接12vを流して

Dscn5761

エアバポレーター側にフタがされて、ヒーターコアからの熱い風が車内に入るようなります。
Dscn5757
Dscn5755
一方のエバポレーターはこちら
Dscn5756
このような向きで合体します。

黄色と黒の2枚のフラップを一つのモーターで動かしてヒーターコアからの熱い風とエバポレーターからの冷たい風をミックスします。その開閉具合をECUが車内、車外の温度、日射センサー、トリートテンプセンサーから情報を得て決める仕組みです。

そこで内視鏡を突っ込んで、フラップがどうなっているか見てみました。
動画なので大変容量が大きいです、下記サイトから保存より開くからダウンロードして見てください。ダウンロードに時間がかかるようならできるだけ良い環境で見てください。
http://fast-uploader.com/file/6956737953506/

どうです見れましたか? 吹き出し口側から見ています。フラップが回転しているのが見れます。

動画はガスが抜けてしまったので、1本入れてエアコンを作動させて見た画像です。どうやら機器は正常に作動しているようです。するとちゃんと冷たい風を出せないのは、冷たい空気を作る側にあるようですね。

ちまたで、アルファロメオはエアコンの効きが悪いと評判ですが、どうしてか...
うすうす気が付いていたのですが、正常な圧縮と冷媒の気化が行われていれば温度は下がります。でも下がらない場合はエアコンの持つ容量そのものが少ない。つまり4畳半専用のエアコンで8畳を冷やすような感じでしょうか?

そこで、エアコンユニットを分解すると答えはここにありました。

Dscn5753
右がブロアファン左がエバポレーターです。このファンモーター、なんとブラシレスです。こんなところはメンテナンスフリー化が進んでいるんですね

Dscn5754
Dscn5762
ケースを割るとエバ登場

Dscn5765

エキパンで、気化した冷媒はものすごい低温でパイプ左からエバに入り、タンクの中で滞留した後パイプ右側からコンプレッサーに吸い込まれていきます。

そのキンキンに冷えた冷媒をタンクについた縦方向に走る板に熱伝導し、フィンを通して、ブロアファンから吹く風で、車内に届けられる仕組みです。

Dscn5763

コアの厚さもなかなか良いです、が、なぜ冷えないのでしょう?

ずばり、エキパンから出された冷媒の量が少なく、さらにタンクが小さすぎるのです。2ドアの車内が小さなクルマなあら一定の効果は見込めますが、あの車内の広さに加えて、黒い革シートですから、余計に足りなくなってしまう。

だから、冷媒の入り口に近い右側の吹き出し口は温度が低く、冷媒の出口付近では既に周りの温度に負けて、ぬるくなってしまっていると考えるのが正解でしょう。

分かり易いところで、メルセデスのエバは

20140408151947

各フィンの段に冷媒がまわるようになっています。こりゃ効くでしょう~

だからメルセデスのクーラーガスは1000gとか平気で入っちゃいますから。

それに対してアルファは600g。きっとイタリアで「ボーノ」とか言いながらパスタ食って、日本の夏がどんなに暑いか考えずに「これで良いだろ」的に組み合わせたんだろうなあ。

今日はここまで。次回は作戦を立てなきゃ







2014年5月26日 (月)

アルファロメオ155と156

今日は午前中からお客さんがいろいろ。お向かいのキクチさんがハイエースのスポイラーの塗装を頂き、マツダのF君が来て、軽自動車の即納情報をくれたり。

今日は納車間近のエアウエイブを完成させなければいけないのに なかなかうまく行きません。

ところで、今日は2台のアルファを飯能のガレージに車検の回送です。午前中は155の新規車検、午後は156です。

Dscn5708
Dscn5752

もう販売して2年経つのですね。片や新規、片や継続車検。
ありがたいですね。

どちらもタイミングベルト、ウオポン、サーモと作業しておりますから、たいして作業するところは無いでしょう。

後ろにいにしえの166が見えますね。歯を剥いて笑っているように見えてハラがたちますね。

夕方からはPTクルーザー のオーナーでトランスパランスのオーナーのY氏の所に髪を切りに行きました。お客さんだから持ち上げるわけではなく、このお店は本当にサディスファクションギャランティードで、まず、この髪型は無いだろって事になりません。今回もかなり気に入ってます。
ネイマールとトーマスドルビーを足したようなパンクスっぽい髪型なのですが、
それがまた良いのです。

え?トーマスドルビー知らない?

こちらを見てください。彼女はサイエンス
https://www.youtube.com/watch?v=1p6fTDGLHGQ

いやジョン・ライドンか?

E9b2c114997811e3a36d0efe2ecb7f88_5

何時の時代でもアナーキーでいたいですね。

2014年5月25日 (日)

自転車のはなし

昨日のNAC工具フェアで、うちの管轄ではないM所長と自転車の話で盛り上がりました。ケンちゃんと呼ばれる方です

僕もほんの僅かに健康の為に自転車に乗っていた時期がありまして、そんな話からいろいろ広がって楽しく小一時間話をしてしまいました。

その中で気になる面白い話があって、毎年箱根駅伝か逃げるオフ会をしている人(団体)があるとか。僕は健康の為に一時期乗っていた程度なので、自転車の事は詳しくないのですが、その分野、分野で知らないことの多い事、面白い事。自転車好きな人、乗ってる人お客さんにも多いので知っている方も多いかもしれません。

毎年、箱根駅伝のスタート1時間前にスタートして、トップを走るランナーに追いつかれたらそこでリタイヤとなり、自転車は道路交通法を厳守、つまり赤信号で止まるなど。ゴールは駅伝のゴールではなく、その手前の国道1号線の最高標高地点。

詳しくない人が考えれば、自転車が1時間も先に先発するわけだから、負けることはないだろうと思いますよね、しかも未経験者でもないし。

でもね。相手は信号待ちは無いし、平均速度(巡航速度と言うべき?)20km強!

その追われる感の強いブログを見せてもらったのですが、面白かった。

なにしろ平地ではまだアドバンテージがありそうですが 特に駅伝で言うところの5区。登坂のコースですが、クルマでも出力が無ければきつい所。

人様のブログでちょうど良いのがありましたので少々拝借..
画像はこちら
これを自転車で登ると.... 

その箱根駅伝から逃げるブログの2013年の内容はこちら   壮絶な2014年はこちら

もう自転車乗りはマゾでしょう

2014年5月24日 (土)

工具フェアとアルファロメオ166

今日は年に一度の中村オートパーツ主催の工具フェアに行ってまいりました。昨日治したアルファロメオ166に乗って....

Dscn5744

写っている方々は関係ありません。

部品販売店が単体で催す物としては最大規模ではないかと思うほど立派です。

Dscn5748

Dscn5749

昔は、オートサービスショーなど工具の見本市にはよく出かけましたが、ここ10年は行ってません。こちらのフェアで十分です。そしてなんといってもこちらは、即売可能なので、工具が欲しいときにはうってつけなのです。

とはいえ、もう17年以上営業していると通り一辺倒なものはありますので、特に買うものはないといいますか、なくてもどうにかなるものばかり。成熟市場なのであります。

そんな中でもこれは買いたいなと思っていたのがこちら

Dscn5746

ケルヒャーの業務用掃除機。ハイエンドなものはディテーリングに最適なものがありますが、僕はこれが欲しい!水陸両用で水から粉から吸えるのは工場の床掃除にいいですね

Dscn5745

でもわれらがコストカッターのKomuro所長をしても1割引きにしかならず、あえなく断念。そのうち買ってやる!!

Dscn5747

こんなのものあると良いなあ。ブッシュ抜きです。一瞬何かわかりませんが、メタルブッシュなどを引き抜く道具です。先日のフェラーリ でも苦労したからなあ 欲しいけどフルセットの定価は27万円!

全部買わずに必要な部品だけ買えばいいかな

今日は暑かったなあ。さあ帰ろうかと思って166に乗りこみエアコンをON
あー涼しい、快適だぁ。やってよかった.....

と思ったら大間違い。クルマを走らせても、吹き出し口から涼しい風は出てきません。
それどころか熱い風がじゃんじゃん出てきます。吹き出し口に関係なく風量と比例して熱風が出ます。コントローラーには低い温度を設定しているので、車内温度センサーは温度を下げようと全開でファンを回します。そのファンに比例して熱風が出ます。

な、なんじゃこりゃあー!

エアコンのスイッチをOFFにして急ぎ会社に戻ります。

診断機を繋ぐとこんな文字が...

Dscn5734_3

あの忌々しいエラーコードが戻ってきました。ECU取り替えて治ったと思ったらEmpire strikes back! このポテンショメーターの故障はどうやらヒーターコアのモーターが動いてないか、扉が動いてないのか。どうやらいよいよヒーターコアのフラップが閉まらないようです。

データストリームでトリートテンプセンサーを見ると、Upper40℃ Lower40℃です。そりゃあ冷えんわな。ちなみに外気温27.8℃ 車内40.8℃ 圧倒的に車内が暑い

全部の吹き出し口を完全に閉めると、空気が逆流し、センサーを冷やし始めます。センサー1が30℃を割る頃、センサー2は10℃近くまで下がります。

でも吹き出し口を開けると急上昇。19℃の次は30℃を超える数値。ヒーターコアのふたが閉まってない証拠です 。

富山のTさん。エアコンの話をえらそうに話したあの後こちらはこのザマですわぁ....

とても乗っていられません。次回はエアコンユニットの取り外しです。がっかり...

2014年5月23日 (金)

アルファロメオ166 エアコンその2

パンドラの箱を開けてしまったトラブルのデパート166支店

Dscn5734_2

診断機はポテンショメーターとトリートエアテンプセンサー上側の故障を指しています

トリートエアセンサーはエアコンユニットがちょうど車内に入ったところ、ヒーターコアの上、吹き出し口切り替えフラップの手前に上下にあります。その上側かと思います。

ポテンショメーターはエアコン内に3つあります一つは内気外気切り替えフラップのモーターにひとつ
ヒーターコアの温かい空気をミックスするのに使うフラップを動かすモーターにひとつ
そして、吹き出し口を上下に分けるフラップモーターにひとつです。

でも、ヒーターコアのフラップが動かなければ冷たい空気は出てきませんし、上下の切り替えもちゃんとうまくいきます。
トリートエアセンサーは診断機のデータストリームでもちゃんと作動しているようです        

Dscn5735_2

そこで、今回はカウルベンチレーターの下の内外気切り替えモーターを点検

Dscn5725_2

特に悪い所は見当たりません。そこで中古のECUに交換してみます

Dscn5738_2

Dscn5739_2

悪名高きマレリ製です

せっかく開けたのだからエキスパンションバレルも交換します

Dscn5741_2

Dscn5743_2

こちらは新品、ebay.ukで買いました

Dscn5737_2

真ん中の吹き出し口で-2℃です。ちなみガスは指示通り200gを3本。ぴったり600gの冷媒を封入しました

ここから先は外気温が30℃を軽く超える、本格的な夏に4人乗車してかんかん照りの中でも快適に過ごせれば完璧なんですが、結果やいかに!

ちょうど明日は30℃を超えるような陽気になるみたいです

2014年5月22日 (木)

アルファロメオ166 エアコンの不調

久しぶりに166ネタ。

今年の夏は涼しく快適に過ごせるように整備しようと思う今日この頃、再びパンドラの箱を開けることに

そもそもの成り行きは、エアコンが壊れていたのは2年前の新規車検を取る前、エアコンガスが無かったのでガス注入。しかしガスを入れても 低圧も高圧もピクリとも動かない。
コンプレッサーのクラッチはくっついています。
コンプレッサーが圧縮してないのですね。当然冷えません

コンプレサーをリビルトに交換し、所定のガスを注入。低圧側のパイプが冷たくなり始めました。しかし、喜びもつかの間、高圧が高くなり圧力スイッチが作動してクラッチは離れました。

エキスパンションバルブ(オリフィスチューブ)を外して分解して、さらに感熱筒など分解調整。

そして夏は終わりました。
迎えて、去年の夏 マニホールドゲージをあてると低圧高圧共に高く、日向において外気温が35℃を超えると針は両方とも2時の方向を向きます。

ガスを冷やし切れていないのです。急きょツインファンを輸入して2つのファンで冷やすようにしました。クラッチから信号をもらって、動くようにしたらファンだけで20Aを消費するようになって圧倒的に燃費、出力ともに悪くなりました。まあ多少の犠牲はやむを得ないでしょう、ここ日本で買い手にエアコンを使用するには....

その後サーモスタッドが原因のオーバーヒートが発生し、これもエアコンの効きの悪さの要因かと思いました。でもでも。このころになると相変わらず、低圧高圧共に高いのですが、運転席は涼しく、助手席がなぜかあまり涼しくない状況になりました。

そして夏は終わりました。

さて今年は、去年の轍を踏まぬよう早めのスタートです。

Dscn5723

Dscn5724

外気温はまだ25℃なのでゲージの針もいい感じ

でも... 運転席側のセンターや端っこの吹き出し口は3~5℃です、しかし助手席側端っこの吹き出し口は16℃です。
今の外気、内気温なら十分冷やせますが、今よりちょっと上がったら、同乗者から暑い暑いの大合唱が始まります。

どうして効きが悪いのか。

エアコンのシステムを考えます
エアコンガスはコンプレッサーで圧縮され、コンデンサーで冷やされると、液化し車内方面に向かいます。その後エバポレーター内に向かってエキスパンションバルブから勢いよく噴霧化させます。その霧になる際の気化熱を使い冷たく乾燥した空気を使い車内を冷やします。
霧化し終わった冷媒は再びエキスパンションバルブの下り側を通ってコンプレッサーに引き寄せられます。エキスパンションバルブを通る時に冷媒の温度によって感熱筒が冷媒の流通量を決定します。さらにコンプレッサーも戻ってきた冷媒によって冷やされます。

一方車内では、ただ冷やすだけでは大昔のクーラーです。オートエアコンは室内の温度や日射、外気温に応じて適宜車内に届ける温度、風量を変えます。
時には温かい風も必要です。そこで、ヒーターコアにも冷却水を入れて、別の部屋で待機させてフラップを使ってミックスします。

こうして快適な温度を常に提供するのが、このクルマ(オートエアコン)のウリですが、今は上手に作用していません。

そこで診断機をあててほかに故障がないか調べます。
すると意外な結果が出てきました。

続きはまた今度

2014年5月21日 (水)

アルファロメオ155LTD

先日契約頂いたアルファロメオ155にステッカーを貼りました。

Dscn5708
Dscn5706

当然、オリジナルは手に入りませんし、あったとしてもとても使える事はないでしょう。ここは割り切ってカッティング屋さんにお願いします。

近所にやってきた上関さんち にお願いしました。彼らの商売は僕の思い描いているよりはるかに未来的で、PCを使った最先端な商売です。

カッティングシートと言うとちょっと違いがあって、詳しくは説明できませんが、クルマ一台をラッピングしたり、大型のカラーフィルムでまるでイメージを変えたり、様々な可能性がありますね。詳しくはHPを見てください。

僕らのイメージとは相当差がありますが、若い人の感性には本当に感嘆します。僕も年をとったもんだ

今日の僕は屋根交換のエアウエイブの塗装をしました。難しいメタリックの塗装です。

Dscn5709

塗装作業のイメージが無い僕ですが、ちゃんと塗装しますよ

Dscn5716

デブになったなあ....

 

 

2014年5月19日 (月)

ひみつの次期商品

昨日、1台買ってしまいました。

アルファロメオです。近いうちにアップしますが、なかなか面白い商材です。
ご期待ください。

どうやら相当可愛がられてきたクルマみたいですから。
でもMPIはがっちり整備でまいります。

おたのしみに~

2014年5月17日 (土)

マセラティクアトロポルテ 車検整備

先ごろ預かったクアトロポルテの車検整備です

以前からあま~いニオイがしてまして、冷却水の漏れは確認していたので今回の整備はそこからです

Img_0436

Img_0443

通常、自動車は一番前にエアコンコンデンサー、その後ろにラジエターがあります

このクアトロポルテはエボモデルなので、フェラーリの意見が入ったクルマです。しかしフェラーリが監修する前からプロダクトされて実売されていたので、基本のスタイルはその前の体制にプロダクトされたものです

すなわち! 出来上がって数年発売されたものを、似て非なる団体が上から目線であーだのこーだの物言いをつけたモデルというものと言いましょうか、。

でもしかし! どこまで、どれほど真剣にリプロダクトしたのかまでは、どんなに詳しい専門ショップでも、その場にいなければその全容はわかりません。
さも知っているかのように説明するの人はすべて憶測や妄想かと思います。

でももしモディファイを請け負ったら、まず、客観的によろしくないところは何かしらの手立てを講ずるだろうと思うのです。そこで、このようなラジエターが生まれたのかと

Img_0446
一見なんの変哲もないラジエターでもよく見ると

Img_0463

2つラジエターがあるの?

Img_0447

いや一つなんです。双子のラジエター?いやいや双子のラジエターと言えばテスタなど80-90年代のスーパーカーなどの左右に分かれたラジエターです。

じゃあこれは? 一卵性双生児とでもいいましょうか....

LLCが漏れたのか白っぽくシミが見れます。形は面白いわ、サンドイッチみたいだわで高額な修理費用が予想されそう....

この辺はまるでテトリスのようになっていて、ラジエターの切欠き部分と言いますが、この部分
Img_0463_2

にはクーラーコンデンサーが入ります。図で説明しますと下記の赤丸のラジエターがあり...

046_020

さらにこの真下にコンデンサーが入ります。 画像は某通販から拝借しました

046_021

まるでテトリスのようにきれいに切欠きの下に入るのです 。

このラジエターの後ろ側の下には各オイルクーラーがくっつきます 。

Img_0449

046_010_2

写真の右側がエンジンオイルクーラー、左側がATFクーラーです
もー手作り感満載です。

通常、コンデンサーとラジエターしかないようなスペースに(AT車はラジエター内にATFクーラーはありますが、ラジエターと一体でW203のメルセデスなど、ラジエターとATFクーラーが内部で貫通してしまい問題になることがあります) 従来より大きなラジエター+コンデンサー、エンジンオイルクーラー、ATFクーラーと上手に配置されています。

Img_0445

なんだか客観的に見るとどれもこのクルマの部品ですが、どれもこの部品には見えません。

国産車は、専用部品ありきでクルマが造られます。つまり、ラジエター、コンデンサー、ファンやシュラウドなどクルマありきで作られるイメージがあります。しかし、ヨーロッパは部品ありきでプロデュースされるような感じです.... いやどちらも同じプロセスを踏むのかなあ?

クラウンの17系など同じ中期でも何種類かのナビ画面がありまして、故障が多く出るのと、出ないのがあります。ぱっと見ではわかりませんが、部品番号を見ると違いがわかります

 

2014年5月16日 (金)

スプレーガンとドクターペッパー

久しぶりにスプレーガンを買いました。

Dscn5636

イワタのW101です。先代のサフェ用のガンが壊れてしまったので代わりを探していたのですが、販売店からデビルビスのルナだかなんだかを勧められて、デモ機を使わせてもらっていたのですが、サフェを吹くにはあまり良い性能ではなくて、しょうがないのでこれにしました。

まあこれもあまり良いガンではありませんが....デビルビスのガンよりはまだいいかな的な選択です。

ガンはペインターにとって切っても切れない道具です。
僕らはサフェ以外には全てサタを使っています。もうオーソリティなのです。

Dscn5640

サタのガンは今でこそ小さく、軽くなりましたが、初期の頃は大きくて、塗料もいっぱい入り、いかにも体のデカい欧州人向けだなあといいた具合でしたが、最近はだいぶ小さくなり一般的な大きさになりました

Dscn5639

現行の機種JET4000HVLPです。
数年前からサタは世界的にインターネット販売する業者を締め出し 、サービスや修理の保障などの観点から対面販売のみの販売となりました。日本では輸入元がバラバラなので、僕のような人間には難しい販売方法になりました。

まあ、日本で買った場合の方が安かったりしたのですが、可能な限りサタのスプレーガンだけは出たら買うようにして いつも新しいパフォーマンスを見ることが出来ました。彼らはいつも新しいスプレーテクノロジーを見せてくれて 本当にサディスファクションギャランティードだったのです。新しいモデルが出るたびに値段が高くなり心配しましたが.....

ところで、そのサタのスプレーガンも ガンがいくら良くても出てくる空気が汚れていてはいけません。久しぶりにフィルターも交換します

Dscn5675

Dscn5682

こちらもサタのコンビフィルターです。買った当時スゴイ値段で、当時まだドイツではマルクが通貨だったころです。あの当時で高かったので、今も恐ろしい値段かと思います 。

当時はドイツから直輸入しました。開業した頃はイケイケでしたから.....

Dscn5676

だいぶ汚れています。第一フィルターはブロンズのフィルターを交換。水分や油分を除去します

Dscn5677

第二フィルターはドライになった空気からゴミを除去します。

Dscn5679

Dscn5680

また当分頑張っていただくようです。

空気にも拘りたいものです。暑かったので、こちらもこだわりの一本!

Dscn5688

人類が至った最高の味、ドクターペッパーです。しかもチェリー味。

これ以上はありません。 のど越しというか後味は中毒性が高いです。
毎年1ケースを近くのコストコで買って、夕方に1本のんで....

 

2014年5月15日 (木)

フィアットバルケッタ ヘッドライト

以前にも入庫したフィアットバルケッタが再びヘッドライトの交換で入庫しました

Dscn5662_2

こんどは期待できそうです。お客様が状態の良い中古を手配してくれました

Dscn5663_2

テスターでバルブの導通をチェックします

Dscn5664_2

Dscn5665_2

ところで、ナンバープレートフォルダーがグラグラしています。見ると鉄板ビスで止まっていますが、あまりよくないようです。一般的にビスを使用する場合、相手がスピードナットや樹脂があれば良いですが、今回は脱着を繰り返したからなのか、ビスでは対応できない状態です。

そんな時はブラインドリベットが良いです。

Dscn5668_2

一見、ふつうのブラインドリベットですが...

Dscn5670_2

花形に開きます。メルセデスなど欧州車のドア内などの構成部品を止める時に散見しますね。

ちなみにフォルクスワーゲンは3つに割れる花形リベットを使います

Dscn5673_2

シャフトが抜けるとこのような感じ。

ドイツ車ではよく見ますが、イタリア車ではあまり見ませんね。

さてさて明るくなったかはオーナーに確認してみましょう

 

 

2014年5月14日 (水)

ホンダエアウエイブ ルーフ交換

あー もールーフ仕事やだー

とも言ってられないので作業します。まずはガラスを外してルーフトリムを取り外します。サイドトリムから外していきますが、この辺りは目隠ししても外せそうですが、ホンダ車なのでそこかしこにトラップがあります。今回はバイザーです。

ヨーロッパ車はほとんどビスで止まっていますが、国産車は軽トラでもないかぎりクリップ+嵌合です。

Dscn5620

Dscn5622

多くのホンダ車はこの小さな四角い穴に細いドライバーを入れて、中身を回しながら本体も反時計回りにまわすようにすると取り外せます。

次はグリップ

Dscn5631

こちらもカバーを外して...

Dscn5633

ピンを抜いて取り外します。この後ルーフトリムを外して車外に移動します

Dscn5645

そしたらスポット揉み大会。

Dscn5648

ああ 肩が腰が痛い... おまけに台に登ったり降りたり

Dscn5649

新品が届きました。箱入りです。NIB!

Dscn5650
Dscn5651

じゃんじゃんばりばり仕事して

Dscn5652
Dscn5653

他のメーカーと違ってホンダはクロスメンバーごと外します。

ところがそのクロスメンバーは超高張力鋼板を使っているので、硬い硬い。
ルーフパネルを剥がして、その後クロスメンバーを切り取りますので大変です

Dscn5656

明日からは取付です。

ところで、このクルマ、ルーフなくしたら...

Dscn5659

こ、これは!

Roadwarriorhawk_1_full

ホーク様では!

 

 

2014年5月13日 (火)

高齢ドライバー

220pxjapanese_kourei_mark2

MPIの本業は自動車の車体修理、一般的に鈑金塗装工場と呼ばれる整備工場の一種です。さらに損保ジャパンの協力工場なので、損保ジャパンの仕事が多いです。

そんな中、なんとも多いのが高齢者の方の修理です。

今日も路側帯に乗り上げているクルマにも上のマークがついていました。
思えば、運転している時にも すごい運転をする上のマーク付きのクルマを散見します。

一方通行の逆走、一時停止の無視、左折や右折レーンからなんの躊躇もなく直進しウインカーもなく合流など 交通道徳や社会規範の順守に著しい問題があるドライバーが多いです。

果てはアクセルとブレーキを踏み間違える事故を起こす方の多いこと
なにしろ、ブレーキを踏むようにアクセルを踏んでしまうので、フルスロットルで突進します。そりゃあ損害は甚大なわけですよ。

ガリとかドンとかのレベルではないので相手も自車もこっぱ微塵なのですよ。
すると賠償もハンパでない金額になる事が多く、遂には保険会社各社もたまらず値上げを断行するわけです。

どうしたもんなんでしょうね? いやいや免許を取り上げるとか、運転するななんて事は思わないですよ、日本国から免許を皆伝されている訳ですから。
こんな状態になるのはさすがに予想できなかったですね。恐るべし高齢社会

2014年5月12日 (月)

成約御礼 アルファロメオ155

先日仕上げた155が早くもご成約いただきました。

Dscn5546_2

商材としてもとても良いもので、以前から目をつけて頂いていたお客様が成約となりました。かつてお声掛け頂いたYさま、電話でお問い合わせいただいた皆様、残念でした。

例えば、同じアルファ155を全塗装の為、持ち込まれると少なくとも60-70万くらいはかかると思います。さらにウオーターポンプ、タイミングベルト、クラッチマスター、ドア4枚のトリム張替えが入って90万の車体価格なら、車体は0円以下です。つまりクルマを差し上げて尚、塗装作業などを割引したことと同じな訳です。

どれだけお買い得が判りますか?ではなぜそんな事が可能なのでしょうか?

それは僕らが整備工場が本業だからです。でも整備工場でもそんな事ばかりしてられないでしょう? 

時間のあるとき、現場がヒマな時、材料が多めにあるときに作業を行うのであれば、現場は手を休めずに済み、やがて自動車が出来上がれば商材として販売も可能なのです。
しかしこの155を売る為に仕上げ続けるとこんな金額で売るわけにはいきません。他の仕事を抑えて、この自動車の為だけに塗料や副資材を使い、かかりきりで作業すると、おのずとその一か月分の粗利益を充てこまねばならず、結構な金額になります。

どうです?いかにお買い得か理解できますか?
ウチの在庫で仕上げたクルマは、実はアウトレットなんですねぇ。

でもレジェンドはなんで売れないんだろう.....

2014年5月 9日 (金)

訃報レッツゴー三匹

このブログを書いているそばから、レッツゴー三匹のじゅんさんが亡くなったニュースが飛び込んできました。享年68歳だそうです。
少々若すぎたような....

生まれも育ちも都内の僕にとって上方漫才のレッツゴー三匹を知らしめたのは当時日本テレビ(要するに4チャンネル)で放映されていた銀座松坂屋提供の「目方でドーン」以外にありません。日曜日の午後1時前、昼ごはんの焼きそばを頬張りながら見ていたのを思い出します。調べると、なんと75年から84年まで放送されていたんですねえ。

ルールは自分の奥さんの体重とほぼ同じ目方の商品を、決められた時間内に持って来て、奥さんの乗った天秤に置いて、他の挑戦者よりすくなければ、自分の取った商品を持って帰る事ができる、性格や人間性が溢れる良番組でした。

この番組で、レッツゴー三匹や銀座松坂屋も知る事となったのです。

面白い番組だったのですが、レッツゴー三匹が実は漫才をやると知ったのはそれからずいぶん経ってからでしたね。当時漫才やっている人には思えなくて

いずれにせよ、じゅんちゃん亡くなってしまって残念です。
合掌。

追伸、思えば目方でドーンのルールは他の挑戦者は関係なく、自分の奥さんの目方と±3kg以内だか5kg以内の商品を天秤に載せれば、商品をゲットできるルールでした。

お酒飲んで書いちゃいけませんな

2014年5月 8日 (木)

今日の気分はボニータイラー

1980年代の前半、愛の翳り(Total eclipse of the heart)を大ヒットさせたボニータイラーを知っていますでしょうか?当時好きでしたね

51rhc5zq7cl__sl500_aa300_

このアルバムや曲がヒットする前、日本のヤマハかなんかの大会でIt's A Heartacheが何かの賞を取った覚えがあります。その時に女ロッドスチュワートとかのリングネーム(?)がついて、イメージが先行していましたが、このアルバムで名実共に一流の仲間入りでした

その時の「愛の翳り」は大変なヒットソングでしたが、日本ではこちらの方が有名でしたね

https://www.youtube.com/watch?v=8fpjuoKhfJo

なんとも言えない記憶が蘇りますね。

でも僕はこのアルバム「Faster than speed of night」が心に残ります。
本当に捨て曲なしの素晴らしいアルバムで、メタルファンをも唸らせる素晴らしい出来です

プロデューサーはジム・スタインマン。ミートローフやエアサプライなどのドラマチックな作風を得意とする人です。

1曲目からプロデューサーの趣味全開です CCR(クリーデンスクリアウオーターリバイバル)の邦題「雨を見たかい?」のリメイクからですが、ギターはなんとアルバム全編通してリック・デリンジャーが担当しています。あの「ロックンロールフーチーク」の人ですね。本家より良いサウンドプリプロダクションです

マーシャル+トーンブースターのディストーションサウンドが、美しいピアノをサポートします。この後は確か、シンディーローパーと、日本公演に来ていたような。ちなみにすっかり俳優然となってしまったうじきつよしが好きだったのも思いだしますよ。

さらにAORあり、メタル風サウンドあり、バラードありで、良い曲の五目煮です

中にはイアンハンターやブライアンアダムスのStraight from the heartのカバーもあります。

こりゃ聞かなきゃ損なアルバムなのであります Best Buyを通り越して Buy nowです。

と言う事で83年の大ヒットシングル「Total eclipse of the heart」です
https://www.youtube.com/watch?v=lcOxhH8N3Bo

 

2014年5月 7日 (水)

アルファロメオ75のエンジン

エンジンを外してしまい抜け殻とかした75です

Img_0395

エンジンはと言いますと

Img_0394

まあこのように晒されているのです。ゴキブリもトカゲも捕まえづらい場所ではとてつもなく早く動いているように見えるのですが、どちらもクルマの無い工場のど真ん中に置くと、驚くほど遅いのに気が付きます。僕は爬虫類が好きなので、トカゲやヘビが僕に捕まってしまうと、さんざんセクハラされて捨てられてしまいます。

まあそんな事はどうだっていいや

Img_0397

元はと言えばコイツを交換するためにエンジンを外したわけです。
車上で外すのは至難の技ですが、エンジンを外してしまえば、ぴゅーんと作業できます。まるで広い所に晒されてしまったトカゲのように....

Img_0400

Img_0402

Img_0406

Img_0408

ここまでは想定内なのですが.....

Dscn5611

こちらさんの

Dscn5607

ここらへんのパッキンや

Dscn5606

Dscn5608

この辺のホースやOリングやら

Dscn5610

あちこち交換したらどうでしょう?

圧倒的な信頼性が手に入ります。
じゃあいっそのことヘッドを外して、バルブステムシールの交換? エキマニをタコ足?

なんでもOK! あなたの夢叶えます!

2014年5月 6日 (火)

ロシアやウクライナに見る元請けとの関係

さて今日は内輪の話。

僕ら鈑金塗装工場は基本的に下請け工場として成り立っているのがほとんどです。元請けとは発注者で、主にディーラー、修理工場、中古車販売店を意味し、一般ユーザーは含まないと考えてください。

その関係は熾烈極まるもので、例えば100万円の修理があったとして
その内訳は60万円は部品代、残り40万円は工賃とします。

一般的に部品は元請けが手配するので元請けが全額受け持ち、鈑金専業工場は工賃だけをたよりに仕事を請け負います

かつて、その関係は元請け2割、下請け8割り工賃の取り分だったのですが、間もなく3:7
4:6と変わって行き今は5:5になりつつあります

つまり100万円の仕事は60万円の部品代を除き40万円の5割 20万円の工賃しか手にできません。

100万円の仕事と言えば、かなりの大仕事です。1か月かかってもおかしくありません。それなのに20万円の仕事になってしまいます。

そんな抑圧された環境の中100%の仕事ができるのでしょうか?

僕の工場は10年以上前にこの環境から脱出したので、直接巻き込まれてはいませんが、中古車販売店やディーラー系中古車店が販売価格を低く設定して、最近息を吹き返しているのもこの辺も理由の一つかもしれません。

でも、かつて2割引きだった工賃が5割引きもしくは4割引きで成立するビジネスモデルがあろうはずなく、修理工場が無理をしているのは明白です。

すると、どこに転嫁しているのでしょうか?
いろいろなところで、尚且つ一般的に気付き難い所です

即ち、その瞬間は問題なくとも、やがて問題になりそうな...

例えば、塗装の下地作りだったり、塗料の質だったり。
元請けはほとんど素人同然なので、そんな事は気付かずそのまま市場に流通します。

そこでロシアの話です。ロシアは今回ウクライナの一部を強引に併合しましたが、EU諸国はロシアから天然ガスを買っている背景があり、あまり強く反発できません。資源を持っている国は常に強い立場にいるのです。
まあこういう事を総称してパワハラと言うみたいですが。

同じように仕事量を多く持つ元請は発言力が強く、仕事をもらっている側は常に立場が弱いと言う構図です

やはり、自動車は信頼できるところで買った方がいいですね。パワハラが関係しないところでしょうかね?

2014年5月 5日 (月)

悲劇のワゴンR

先日の風の強い日に、ドアが風に煽られて隣のクルマに強くぶつかってしまったと言う内容

Dscn5480

Dscn5481

それそうなりの大きさの損害です

みなさんならどうします?
左右を見て人がいなければ逃げます? でも多くの人がいたらどうします?

今回は正直にその場に留まり、これは自分がやりましたと申し出た方の話です。

その際、修理工場に自分のクルマを預けていたため、代車に乗っていました。修理工場からは「他者運転危険担保特約(自動付帯)」があるので、平気だと説明されました。

しかし、その「他者運転危険担保特約」は運転中もしくはエンジンが動いている状態など会社によって多少の差があり、今回の状態ではエンジンを停止して、降りてしまった後に起こった事故でしたので、適用の範囲外でした。

そんな時、本当に頼りになるのは代理店です。
もちろん、約款を理解していて、このようなケースの場合、何が何でも運転中に何故かドアが開いてしまい、隣のクルマをキズつけたと説明できるならなんの問題もありませんが、多くの方はその仕組みを知りません。

だからダイレクト販売の保険が玄人向けだと言われる所以です

ふつうの大手損保で高額な保険料を払って、ディーラーなどで入った保険の為に、なにも力になってくれなかったなど、もったいない例です。

いかに有事の際、力になってくれるかが判断基準です。
今一度代理店とこのような事故の際、いかに力になってくれるか確認した方がいいですよ。

保険会社は時々、約款をうまく変えて損のないように準備してたりしますから

どこの保険会社が一番良いかですか? それは最も難しい質問です。ほとんどみんな同じですからね。

やはり代理店をよく選ぶって言うのが良いと思います。良い修理工場を選ぶのと同じく、良い代理店は存在します。それは事故の際に現場に来てくれるとか言う感情的な問題ではなく、相手の保険会社の担当者にくやしい~と言わせることができる代理店です

2014年5月 3日 (土)

アルファロメオ75 その2

さて、昨日は取り乱してしまいましたが、20年落ちのアルファロメオ。正に伏魔殿です。今後の事、値段の事どうしたもんだか

Dscn5601

Dscn5603

Img_0373

たくさん部品を外しまして

Img_0377

Img_0378

では、本体から内臓を取り出します

Img_0389_2

Img_0390

写真を撮ってる場合ではないのですが、記念にパチ

Img_0391

♪また 会う日 まで、会えるとーきーまーで。

Img_0392

Img_0395

ここまでは想定内だったんですけどね

Img_0393

Img_0394

いわゆる「初期化」をすべきか、必要部品の交換で済ますべきか、悩ましいところです

2014年5月 2日 (金)

アルファロメオ75の整備が始まりました。

Dscn4465

去年末、仕入したアルファロメオ75. すぐに車検を取って乗って楽しもうと思っていましたが、そう簡単には行きませんでした。

まず最低地上高が足りません。それからエンジンマウントが壊れているなど問題山積

あまりの忙しさから放置プレーでしたが、やっとコマを進める事に
しかしそこには実は大問題が隠れていたのでした!

Dscn5580

Dscn5581

これが問題のエンジンマウントです

まずは排気系の脱着です。

Dscn5588

このクルマはリアの中心部にいろいろ具が詰まっています。

Dscn5590

まずはエキゾースト管が外れて、次はクランクの終わりから直接アウトプットシャフトがついて、リアのトランスミッションに行きます。エンジンの回転数と同じ回転数で回るシャフトなので、ラバーカップリングでジョイントし、振動の発生を防ぎます。確か先日のフェラーリ456やロータスエランも同じような仕組みだったような...

いずれにしても何から何まで変わっています。

Dscn5591

ラバーカップリングはキレイです。確実に交換していると思います。

Dscn5598

ん?これは何?ああ、排気温度センサーじゃん?なんで結んであるの?

Dscn5579

O2センサーは既に外してあるのにね。

そこでE君が、そうそう、この辺りに触媒があって、O2センサーが入ってさ、サイレンサーの中に排気温度計が入ってさ....

ん?

Dscn5594

キャタライザーは?

Naread

少々たんなくね?

Naread_2

あぁ かなり大事なもんじゃね?

無いと車検に受かんない部品じゃね?

緊急事態のあまり太字だらけで粗暴な言葉使いになってしまいました。
こりゃあ社外マフラーが前から後ろまでくっついていたんだ!と今になって気が付いてしまいました.....

この続きはまた今度。ごきげんようさようなら....

速報

西武の岸くんがロッテを相手にノーヒットノーラン達成と速報が!

そんな熱心な野球のファンではありませんが、ド地元のライオンズの動向は気になります。
特に今年は異常によわっちいので心配していましたが、ドベがドベ2をやっつけました的な....

がんばってほしいものです

松たか子はヘビーメタル

そりゃあもう耳にしない日はないってくらい売れまくりの
「アナと雪の女王」。
特に人気なのは主題歌のLet it go

61hv1hmcn5l__sl500_aa280_

オリジナルサウンドトラックはMay-Jが歌っているのですが、こちらのバージョンより主人公の声をやっている松たか子の方がよく耳にします。

May-Jという人はカバーアルバムで成した人のイメージがありますが、この人は相当なテクニシャンでもあります。そうとう高い音、上側に加線したF#やGくらいなら、ファルセットなしでかるーく出してくる。でもなぜか今回は控えめなアレンジで、オーラスでどーんと...

でも一方の松たか子バージョンは1番のサビから結構な張り上げ方です。しかもあまりヴァイブレーションを使わない、まさにヘビーメタルシンガーみたい。

♪ありの~ままの~姿見せるのよ~

なんか妖怪みたいですが....

2014年5月 1日 (木)

Rainbow Live in Chicago & Denber '79

先日、兵庫のKさまからウオーレンもホワイトスネイクも大好きでありますというメールを頂き、すっかりうれしくなってしまいました。そこで最近よく聞くディスクを1枚。

Dscn5571

レインボーのブートですが、な なんとリマスター版(笑)

もともとレインボーのブートで音の良い物はあまり存在しないのですが、これは普通に聴けるレベルです。Down to Earth tourから2枚組で、1枚目がシカゴ、2枚目がデンバーを収録しています。どちらもEyes of the world で始まるのですが、最初は多少バランスが悪いのですが、相当高いレベルでミックスされています。

収録はコチラ

Dscn5575

デンバーではMan on the silver mountainを演奏していますが、歌い出しを2番で歌いだして、かなり違和感があります。音が良いだけに超残念。

ちなみこれは件のマダムのお店、新宿レコードで何年か前に購入したのですが、西新宿もずいぶん変わってしまいました。

かつて、キニーレコードなどブート天国だった西新宿もほとんどブート屋はなくなってしまい、あの当時とんでもなく高価だったブート、ジャケもすごくかっこよくて、なぜかブートなのに店内では音が良くて、同じものを買って帰っても家ではあの音が再現できなくて参ったものです。

ところが最近はヤフオクなどで、とてつもなく低価で売られた挙句、音も素晴らしいものが多く、これはこれで参ってしまいます。

例えばDIOの83年 ドンニントンのモンスターズオブロックのブートなど後にオフィシャルで発売されたり、Overkillのスラッシュドミネーションのライブなど、完全にオフィシャルのサウンドです。

でもどちらも2000円しないで買ったような....

あ、兵庫のKさま、住所メールしてくれたらコピー送りますよ。

 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ