« アルファロメオ155と156 | トップページ | アルファロメオ166 エアコン修理その2 »

2014年5月27日 (火)

アルファロメオ166 エアコン修理

ああ、久しぶりに強烈な左フックをもらった感じの166.。

まあ、どうするかよく考えて作業しましょう。エアコンの修理はまず、マニホールドゲージをつけてガスの流れを見てから作業するのが鉄則です。

ところが、あらら? ガス圧が大気圧に近い? 当然エアコンが効くわけなく、ガス漏れなのです。当然先週作業したところが疑われます。真空引きした時は特に漏れがなかったんですがねえ。

先週末、全く効かないどころかホットな空気を運んでくれたエアコンはヒーターコアを仕切るフラップのモーターかフラップそのものの故障とにらんでいたのですが、こちらが問題だったのかな?

まあ、もう一台部品取りがあるので、そちらで確認してみましょう

Dscn5759
画像と文字で説明するのは大変難しいのですが、うまく見比べて理解してください

こちらがそのフラップを車内側から見たところ。現在ヒーター側にフラップが上がってヒーターをフタしています。
Dscn5760
実際のクルマには、四角く穴が開いている向こう側にエバポレーターがあります。
モーターに直接12vを流して

Dscn5761

エアバポレーター側にフタがされて、ヒーターコアからの熱い風が車内に入るようなります。
Dscn5757
Dscn5755
一方のエバポレーターはこちら
Dscn5756
このような向きで合体します。

黄色と黒の2枚のフラップを一つのモーターで動かしてヒーターコアからの熱い風とエバポレーターからの冷たい風をミックスします。その開閉具合をECUが車内、車外の温度、日射センサー、トリートテンプセンサーから情報を得て決める仕組みです。

そこで内視鏡を突っ込んで、フラップがどうなっているか見てみました。
動画なので大変容量が大きいです、下記サイトから保存より開くからダウンロードして見てください。ダウンロードに時間がかかるようならできるだけ良い環境で見てください。
http://fast-uploader.com/file/6956737953506/

どうです見れましたか? 吹き出し口側から見ています。フラップが回転しているのが見れます。

動画はガスが抜けてしまったので、1本入れてエアコンを作動させて見た画像です。どうやら機器は正常に作動しているようです。するとちゃんと冷たい風を出せないのは、冷たい空気を作る側にあるようですね。

ちまたで、アルファロメオはエアコンの効きが悪いと評判ですが、どうしてか...
うすうす気が付いていたのですが、正常な圧縮と冷媒の気化が行われていれば温度は下がります。でも下がらない場合はエアコンの持つ容量そのものが少ない。つまり4畳半専用のエアコンで8畳を冷やすような感じでしょうか?

そこで、エアコンユニットを分解すると答えはここにありました。

Dscn5753
右がブロアファン左がエバポレーターです。このファンモーター、なんとブラシレスです。こんなところはメンテナンスフリー化が進んでいるんですね

Dscn5754
Dscn5762
ケースを割るとエバ登場

Dscn5765

エキパンで、気化した冷媒はものすごい低温でパイプ左からエバに入り、タンクの中で滞留した後パイプ右側からコンプレッサーに吸い込まれていきます。

そのキンキンに冷えた冷媒をタンクについた縦方向に走る板に熱伝導し、フィンを通して、ブロアファンから吹く風で、車内に届けられる仕組みです。

Dscn5763

コアの厚さもなかなか良いです、が、なぜ冷えないのでしょう?

ずばり、エキパンから出された冷媒の量が少なく、さらにタンクが小さすぎるのです。2ドアの車内が小さなクルマなあら一定の効果は見込めますが、あの車内の広さに加えて、黒い革シートですから、余計に足りなくなってしまう。

だから、冷媒の入り口に近い右側の吹き出し口は温度が低く、冷媒の出口付近では既に周りの温度に負けて、ぬるくなってしまっていると考えるのが正解でしょう。

分かり易いところで、メルセデスのエバは

20140408151947

各フィンの段に冷媒がまわるようになっています。こりゃ効くでしょう~

だからメルセデスのクーラーガスは1000gとか平気で入っちゃいますから。

それに対してアルファは600g。きっとイタリアで「ボーノ」とか言いながらパスタ食って、日本の夏がどんなに暑いか考えずに「これで良いだろ」的に組み合わせたんだろうなあ。

今日はここまで。次回は作戦を立てなきゃ







« アルファロメオ155と156 | トップページ | アルファロメオ166 エアコン修理その2 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ166 エアコン修理:

« アルファロメオ155と156 | トップページ | アルファロメオ166 エアコン修理その2 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ