« ランチアカッパ 再び | トップページ | アルファロメオ166考 »

2014年4月10日 (木)

アルファロメオ155 商品化再開

ここしばらく在庫を触る事が激減していましたが、だいぶ大雪関係も片付いてきたので、皆さんから問い合わせの多かった155の商品化を再開しました。

去年?の終わりに全塗装を開始し始めまして

Dscn4755

この辺りは守備範囲なので、難なくこなせます。でも手抜かりはありませんよ。

子部品は別に塗装しました
Dscn4749_2
Dscn4752

アウターハンドルだってモールだってこの通り

しかし大雪で中断ですよ
Dscn4909

雪もひと段落で、今度こそ内外同時進行でまいりますよ

まずは内装です。ドアトリムは生地とウレタンスポンジが剥離してしまいヘロヘロだったので思い切って張替えです。

自動車の内装生地は出回る事が少ないみたいで、入手するのも選ぶのも一苦労です。また独特のスキルとかが必要で、なかなか手が出せません。

失敗の経験を工夫したりしてがんばります

Dscn5331

まずは生地とウレタンスポンジを接着する強力な接着芯を作ります。
これはだいたいの大きさで

Dscn5332

なんか作業を始めたら風が強くなってきたので、塗装室に場所を移します。

写真が無くて残念ですが、あれこれ工夫して、ドアトリムの型を起こしました
それをウレタンスポンジに移して切り抜きます

Dscn5338
Dscn5339

次に実際にあててトリミングします

Dscn5340
Dscn5341

次は生地とウレタンスポンジを接着させて、その後はいよいよドアトリムボードに接着します。まだボンドが入荷していないので、この後はお休み。

同時進行でスポイラー類を塗装しました

Dscn5333

Dscn5334

Dscn5336

Dscn5337
本物のZender GMBHです。フロントスポイラーはだいぶ薄くなってしまいましたが....

次はバンパー本体です。

« ランチアカッパ 再び | トップページ | アルファロメオ166考 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ155 商品化再開:

« ランチアカッパ 再び | トップページ | アルファロメオ166考 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ