« アルファロメオ166考 | トップページ | 今日のMPI »

2014年4月14日 (月)

アルファロメオ155 ドアトリムの修理

前回、商品化再開編で、ドアトリムの張替えを記事にしましたが、今回はその続き。接着編です。

一生懸命型をおこし、生地とウレタンスポンジの接着までをお伝えしましたが、今回はトリムボードに貼り付けるまでです

Dscn5364

すごく見づらいのですが、トリムボードの張替え部分と関係ない所をマスキングして、スプレーボンドの塗布に備えます。

またおおざっぱに切った布をボードに仮付けして具合を見ます。

Dscn5365

さて本番です

Dscn5367

予めトリムボードにボンドを塗布。後にスポンジにもボンド噴射。

Dscn5366

ボンドはこちらの製品が良いと伊丹塗料で勧められた通りにしました。
非常に強力で結構な速乾です。

ボンドはたいそう速乾なため、余裕が無くて写真がありませんが、順序としては二つの材料に塗ったボンドが乾いたら、トリムボードに載せて、位置を決めます。

その後へこみや立体的なところから再度スプレーし張り付けていきます。
接着しながらトリムの接着部分の端にヘラで差し込ん行きます。すると余分な部分のシワが伸びてきれいに貼れます。

次に溝にそってカッターを入れて行けばきれいに切れます。
今回、最も重要な事は刃物には良い物を使う事 です。
ハサミ、カッターですね。

そして結果はこちら

Dscn5368

なかなkいいでしょ。

Dscn5369

さーてここまで来たらあと少しですな。アームレストなどをくっつけたらトリムは完成となります。

« アルファロメオ166考 | トップページ | 今日のMPI »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ155 ドアトリムの修理:

« アルファロメオ166考 | トップページ | 今日のMPI »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ