« それでも続く仕事 | トップページ | アルファロメオ166のその後 »

2014年3月 9日 (日)

ルーフ交換

先のブログで書いたマーチのルーフ交換ですが、やっと最終段階に

Dscn5083

ドリルで溶接部分を削り取り、ルーフパネルを剥がしたあとは、基本的に衝突事故と違うので内板修正作業が基本的にありません。ですのですぐに新品パネルの交換になります

Dscn5092

専用のボンドで新品ルーフを接着します

Dscn5093

一瞬わかりませんが、未塗装の新品パネルは黒いプライマーで覆われています。この後サフェーサーを塗装します

Dscn5156

Dscn5158

こちらは塗装後及び部品装着後の写真。出来上がりも間近

そこでルーフの内張り、ルーフライニングの接着です。専用接着剤を使用します。

Dscn5160

ぬりぬり かんた~ん!

この後、ガラスを取り付ける前に前から入れてべちゃっとくっつけます。

今回使用した糊はこちら

Dscn5163

なんと純正部品として来たハマタイトYN-21と言う ボンドで調べてみると
無溶剤なんだとか。

つまりホルムアルデヒド対策なわけですな。
国民皆アレルギー時代ですからね。思えばメカニックのEくんも大変な時期ですな

« それでも続く仕事 | トップページ | アルファロメオ166のその後 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーフ交換:

« それでも続く仕事 | トップページ | アルファロメオ166のその後 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ