« 成約御礼 メルセデスR500 | トップページ | music in driving »

2014年3月13日 (木)

商売とは?

商売って、商いってなんでしょうね?

例えば商品やサービスなどをお客さんに買ってもらう事
つまりは売主とお客さんな訳です。売る側はいろいろなお客さんにいっぱい買ってもらいたい、だからサービスしたり値引きして、お客さんに満足してもらおうと努力しますね。

でもライバルが全く存在しなくて、世界中にその店しか扱って無い商品で、どうしてもその商品が必要だったらどうでしょう?

値引きもサービスも必要ないですよねぇ... お願いしなくても売れますから
もうサービスどころかモラルもへったくれもありません

以前のブログでも書きましたが、自動車の純正部品は、トヨタのクルマのライトやパネル類など車種ごとの専用部品はトヨタからでないと買えません。また純正補修部品は新車ラインで使われている同じ部品に対して250%~300%くらいの定価設定となっていると言われております。
自動車メーカーは自動車本体をうんと値引きしても売ろうとするのは、このズブズブに利益を発生させる純正部品を売りたいからだと思います。
クルマを売って利益を出してその後も補修部品を売って利益を上げるのです

トヨタに限らず日産だろうと三菱だろうとホンダ、マツダ、スバルだってみんな同じです。
さらに僕ら修理工場はおよそ10%引きでしか部品を入手できません。そしてそれを定価でエンドユーザーに売るのです。250%設定で10%引き....
ですから50000円の部品を売っても5000円の利益しかありませんから、値引きなどできないのです

また発注した瞬間から一切のキャンセルはできなくなるのも特筆すべき点です。
電話で注文して1分後でも翌日でも発注した瞬間からキャンセルできないのです。
部品が納品されてから「いやーやっぱりいらない」って言うこちらの事情でキャンセルするのに、ペナルティがかかるのは理解できますが、発注のFAXやPCでボタンを押した瞬間にもう後戻りできません。それでもその部品をもらったところでゴミにしかならないようならキャンセルする方法もあります
定価の半値を払うのです、たとえ商品が手元に来ようと、電話で発注した直後であろうと。

ちなみに。新規の顧客も基本的に断っているようです。新たに取引したい修理業者がいたとしても基本的には歓迎されないようです。わずかな値引きや定価で現金払いで販売したり、取りにこさせたりと手厳しい。一般のユーザーと同じ扱いです

自動車を修理する取り巻く環境はかくも厳しいのです。そして、販売するメーカーは顧客、すなわちユーザーの立場を蹂躙して成り立っているのです。ひっどいと思いません?

« 成約御礼 メルセデスR500 | トップページ | music in driving »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/59287681

この記事へのトラックバック一覧です: 商売とは?:

« 成約御礼 メルセデスR500 | トップページ | music in driving »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ