« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の23件の投稿

2014年3月31日 (月)

消費税

ついに年度末、すなわち明日から消費税が8%になります
困りますねえ 僕らも仕入が8%に上がり、売値も8%を加えた状態になります

保険会社など、「代車はレンタカーで無いのでお礼として非課税です」なんて根拠ないむちゃくちゃな論法をその後も展開するのかなあ?あるいは修理しないので消費税はカットです、なんて法律スレスレの言い訳を言うのでしょうか?

そもそも消費税は、1000万円を超える売り上げの業者に課せられる税金です。もちろん僕も課税業者なので、来月の中ごろより少し後にがばっと口座から差し引かれます。似たような時期に所得税も引き落とされます。

消費税を甘く見てはいけません。国税で支払いを遅延させると、キャッシング並の金利を取られます。払えない場合はすぐに差し押さえが待っています。借金してでも支払えとはよく言ったもんです。税金は破産してもなくなる事は無いと聞きます。

簡単に言えば、仮預かり消費税から仮払い消費税を引いた額納税するのですが、ここが問題です。
税務署は預かったんだから持っているはずでしょと言う考え方に基づき、払いが遅れた場合、厳しい処分(滞納金or差し押さえ)を課します。

平成16年4月からでしょうか。消費税は内税となりいよいよ税と売り上げの境目が売り手にも買い手にもわかりづらくなりました。それゆえしばしば値引きの対象になったり、かえって税額と商品代金の関係が判りづらくなりました。

では売上が1000万を下回る商売をされている方はどうなるのでしょう?
消費税の支払いが免除になり、納税しなくても良くなります。
では消費税を請求してはいけないかと言うと、そんな事はないのです

堂々と消費税を請求しても構わないと言うか合法なのです。
例え所得が低かろうが、何だろうが納税義務が無いだけでもらう事は合法なのであります。これを益税と呼ばれています。なぜかこの部分は十分に論議されていないように思います

明日から8%になりますが、1年半後には10%です。

どう考えたら良いんでしょうかね?

あー あとガソリンも....

2014年3月30日 (日)

スバルR1の修理

♪またきみーに~ 恋してる~♪

先日入庫したスバルのR1が出庫です。坂本冬美の歌とどう関係があるのかと言いますと.... まあそれは後ほどに

どこかすすけています。それもそのはずユーザーは世田谷区~川崎市の往復です。所沢のように土のある場所はあまりないようです

Dscn5185

Dscn5204

Dscn5206

車検で預かったのですが、このままでは車検に通りません。そこでちょっぴり板金修理

Dscn5245

フェンダーを交換します。

Dscn5252

フィクスドウインドウも外します。仕上げに手抜かりはありません

Dscn5261

軽だってなんだってスタンドックスで仕上げます。今回はイージークリアのMSシステムです。

キレイになって車検も受けます。そして.... コーティング業者に出して磨いてもらいます

すると

Dscn5289
Dscn5290
Dscn5291

キレイになってしまった!

クルマも中古だろうと新車だろうと購入から数年経つとなかなか可愛がってもらえなくなりますから、ここでキレイにして、かつての恋女房に振り返ってもらおうと。

そこで
 ♪またきみーに~ 恋してる~♪と.....(笑)

みなさんもコーティングはいかがですか?

2014年3月29日 (土)

続・向かいのキクチさん 

さて、昨年の9/18のブログをご覧いただいた上での話です。

たくさん押し付けられ.... いや頂いたブロッコリーですが、その後育成具合が悪く心配しておりました
プランターだから? 日当たりが悪いから? いっぱい狭い中で育てちゃったから?

Dsc00072

自分を責める日々がありました。水はやりましたがどうせ育たないと言われる日々もありました。絶望的な大雪もありました。

でも植物って、命って素晴らしいもので、あの雪の日

Dscn4991

45年ぶりとか言う大雪で約2週間ちかく雪に埋もれた挙句、雪が解けて葉っぱが表に出た途端にヒヨドリにすべての葉っぱを食べられてしまい、ほぼシャフトを残して艤装部品は全部取られてしまいました。でも、でも今日、こうしてブロッコリーの実、いや蕾と言えばいいんでしょうかね それが本日収穫となりました。

感無量であります!

Dsc04778

見えますか? 葉っぱが無いのを

Dsc04779

もちろん、市販品のような立派なブロッコリーではありません。でも生い立ちを考えると本当に素晴らしい

Dsc04780

脇芽もおいしくいただきます

朝、収穫後ゆでて今晩のお酒のお供にしましょう

Dscn5295

聞くところによると関東には300本にも満たない流通量の、長崎県は平戸の純米酒、完全な火入れなしのお酒とともに...

 

2014年3月28日 (金)

セレナの車検

先日、お世話になっている損保ジャパンのK氏のクルマを車検で預かりました

所沢SC時代には本当にお世話になりました。
そんな氏も、約3年ほど石川県の日本海沿岸地域に単身赴任なされて最近、埼玉県のSCに戻られました。

しかし... わずか3年なのに強力な塩害にさらされたようです。沿岸に住むって言うのは大変なんですねえ

Img_0185

25セレナです。まだ2万キロにも満たないクルマです

Img_0198

こんなにさびてしまうんですねえ

Img_0196

あちこち錆びます。

Img_0188

Img_0186

ほとんどは鉄板素地に張られた亜鉛メッキが錆びているのですが、亜鉛メッキが浸食され尽くすと金属素地を浸食し始めます。また、外装パネルは表側だけでなく内側からもサビの攻撃にさらされます

厳しい環境にさらされるブレーキローターはこの通り

Img_0189

Img_0190

サビサビのローターをつかむのでパッドも景気よく削れます。

Img_0191

パッドは交換、ローターは研磨します。

Img_0202

キレイになりました。パッドとの接地面積も増えて制動力も強くなります

Img_0200

エアコンフィルターも交換します。エアコンフィルター近辺にはエアコンの風量調整を司るレジスターがある場合が多いです。
エアコンフィルターが詰まり十分にレジスターを冷やすことができなくなりレジスターが高温になり焼き切れる結果に発展することヨーロッパ車にままあります。定期的な交換を強くお勧めいたします。

クルマの維持って大変ですね

2014年3月27日 (木)

フェラーリ456MGTA ナンバープレート

先日入庫したフェラーリ456です

Dscn5255_2
ナンバープレートがなくなったという....

Dscn5270_2

オーナーの訴え通り 盗まれたと断定して良いかもしれません

普通輸入車はナンバープレートはバンパーの上にその国のプレートに合わせたブラケットを取り付けて使うようになっています。

実際には下穴をあけて、ナットを埋め込んで使うのですが、今回はその建込みナットまでごっそり抜けています

今回の作業はナット造りです

Dscn5271_2

Dscn5273_2

ナッターと言う道具で、輸入車には必携の工具です。

Dscn5274

右側はうまく行きました。問題は左側です
無理に引き抜かれているので、穴が大きくなっています

案の定、6mmのナットではゆるすぎて、かしめても抜けてしまいます。

結局、8mmのナットを入れることになりました。
ついこの間塗ったのにもうこんなになってしまって(涙)

Dscn5275

しかし片方は6mm もう片方は8mmとはなんかなあ
いくらブラケットとはいえ10mmの頭のボルトと13mmのボルトがそれぞれについてたらかなりみっともないです。

そこでボルト箱を探します よくドアのチェックロッドに使われているボルトが頭が10mm呼び径8mmの超変則ボルトなのを思い出して探してみました

Dscn5276

片側のボルトの焼き入れ硬度が7Tなんて野暮な事言わない!見た目にはわかりづらいですからね。今回はこれでよしとしましょう

 

2014年3月25日 (火)

未だに大雪入庫

先日、2回り目の雪の事故を納車して、3回り目に入りました。最終回の3台です。今回の2台の入庫で残りはスペーシアの屋根交換です。

昨日はbB、今日はエアウエイブです。bBは主にルーフサイドの修理と雪で何か硬い物の上に乗り上げてしまったところの2事故の修理です。

エアウエイブは、ずばりルーフの交換ですが、今日 部品屋に在庫確認をすると本日の注文で4月25日の納品との事。丸一か月先かあ。

ちなみにスペーシアを調べると4月16日とのこと。こっちの方が早いじゃん。
エアウエーブを一度返却してスペーシアを入庫させるべきか。

思えば2月8日と2月14日に大雪が降って、特に14日の後は入庫が殺到して、その時点での入庫車のルーフは手配しました。先に書いたマーチのルーフは好例で 2月18日にはルーフの在庫1枚で、その後の入庫は見込み不能との情報を得て保険の云々関係なくオーダーしました。

そして、聞くところによると先週の土曜日、まとめてルーフパネルの入荷があったと聞きました。やはり1か月ちょっとですもんね。
それでもその納品は最初の注文のバックオーダーで、順番に納品していると...。ルーフだけじゃなくルーフサイドモール(ドリップモール)やフロントウインドウのモールや、果てはドリップモールのクリップまで、納期が全く見えません。

もともと自動車の補修部品は、生産ラインから抜いたり、生産終了後に生産会社に再生産させたりしています。しかし今やほとんどクルマは作る段階でオーナーは決まっており、勝手にパネルは抜けません。

ましてや、パネルの製造会社は、消費税増税の駆け込み需要で大忙しなはず。
そんな時に新たにルーフパネルの金型を出してきて、金型屋が直したりして商品にできるようにして、テストプレスをして、数十枚か数百枚のプレスを打っておしまいとは、機械が温まる前に終わってしまいそう。そんな物でも再生産とは、手に入らないのも分かり易いですな

一口に金型とはいえ、ルーフくらいの大きさになるとかなりな大きさ&重さです。それに平坦なルーフパネルとはいえ2つから3つの金型は少なくとも使うのではないかと。

雪の降る時期が悪かったと言えばそれまでですが、こんなに影響があるとは思いませんでした。

2014年3月23日 (日)

大きい事故を起こしたら

最近、先のブログで紹介したディスカバリーチャンネルで放映されているファストアンドラウドでフェラーリF40の事故車を再生する内容が放送されました。

Fastnloudferrarif40beforer02

放送の模様は↓

http://www.discovery.com/tv-shows/fast-n-loud/videos/ferrari-fix-recap.htm

まあここまで大がかりな事故修理はほとんど行いませんが、↓こうなっちゃったら

Kc4d0014

フレーム修正機で修理します。

P1010160
この時の修理はメルセデスベンツで、放送の中でも出てくるセレットと言うフレーム修正機はフランス製で、メルセデスやポルシェなど多くのメーカーで指定修正機になっています。メルセデスはより高精度の修理を可能にするため専用のジグ(画像中の赤紫の部品)を開発し使っています。

P1010665
写真の通り、指定の位置、向き、高さにして4本のボルトが入って、ピンが動けば正しい位置にフレームが来たことになります

例えば

P1010667
P1010668

これじゃあダメなわけです。

P1010676
時にはこのように奥の部分だけ引く時もあります。
P1010677

P1010666

これでOK
P1010157

時間も手間もお金もかかるのです。
最近はジグを立てて直す仕事も減りましたけどねえ。

 

 

2014年3月20日 (木)

作業は続きます

塗装作業のR1

Dscn5263

どんどん進めます、車検が待っていますから

Dscn5260

以前、販売し出戻ってきたメガーヌワゴンは業販の為、オークション会場へ

すごく面白いクルマです。走りは至ってふつうですが、デザインやユーティリティは素晴らしいですよ

Dscn5255

こちらも昨日戻ってきました。なぜでしょう? 何か足りません

Dscn5256_2
Dscn5257
ナンバーが何かの理由によりなくなってしまいました。

こんな事ってありますかねえ?

事故と違ってナンバープレートの盗難、紛失は前後のプレートの交換、すなわち番号変更が待ってます

 

2014年3月19日 (水)

在庫車の問い合わせが増えています

ウチは修理工場がベースであっていわゆる中古車屋ではありません
ゆえに、自動車の販売がメインではない為に、別に在庫車が売れなくても、体制に影響はありません。

だからこそ一台一台それぞれ思いを込めて商品化して、本当に欲しい方だけにお分けしています。

今日もお客さんが155を見に来てくれました。かなり情熱のあるイタ車指数の高いお客さんでした。ぼくもSさんや、小舟に乗っているKさんのような情熱のある人にウチの商品は乗ってもらいたいと思います。

もし、Sさんが155が全部出来上がって ご覧になって気に入っていただけましたら、4月以降の消費税のアップ分は値引きさせていただきます。
お気軽に相談ください。

在庫車はどれもなかなかの粒ぞろいです。本当に乗ってほしい方にお譲りしたいです。

中古車屋ではマネのできないガレージから直でお届けする商品を、是非お楽しみ頂きたいものです

2014年3月18日 (火)

ファスト&ラウド

今日は朝から志木に直行し車検のクルマを預かりました。その足で飯能のガレージに直行して帰ってきたのは昼前。すると僕のイスの上に小包が

Dscn5249_2

中身は....

じゃーん

Dscn5251_2

ギャスマンキーガラージュ(そのまま読むと良いですよ)

Dscn5250_2

Tシャツも買ってしまいました。

一つは僕が欲しかったのですが、もう一つはお客さんの為に輸入したものです。自動車部品と違って関税の高い事....

ところで、そのガスモンキーガレージとは知らない人の為に書きますと、テレビ番組なのです。
CSやケーブルテレビにあるディスカバリーチャンネルで放映されている
ファスト&ラウドに出てきます

Serl01096_2

主な登場人物は↑の絵の右側、こわもて社長のリチャードと右側 工場長(なんとも日本的な役職名ですが)アーロンのふたりです

特に、社長のリチャードはほとんど作業をしません、というかできません。

Modalimg03_2

日本の商慣習からは考えられませんが、海外では修理工場のM&Aは一般的で、素人がガレージとスタッフそっくりを買い上げて、修理などを通じて出資に対した利回りを得るのは珍しいことではありません

逆を言えば、うまくスタッフと立ち回れば利益を手にすることができます。欧米ではよくあるスタイルのようです

僕はあまりアメ車には興味ないのですが、この番組ほど生きた英語を聞ける番組はありません。アヴリルラヴィーンの歌詞などもそうですが、まずマトモな育ちの方が口にしないような言葉がバンバン出てきて実に実践的です。
アメリカの番組らしい番組なのです。

http://japan.discovery.com/turbo/index201305.html

良かったら見てください。面白いですよ

 

 

2014年3月17日 (月)

大雪の影響

今日は午前の終わりから、深谷に引き取りに行ってきました。

深谷は所沢よりも雪が多く降ったようで屋根修理のクルマがかなり多く出ていて、作業も進まず大変な模様です

Dscn5223

ルーフサイドパネルへこみがあるのがわかります。

深谷と言えば農作物の直売が安く種類も豊富で、何と言っても安いのであります!

今回も直売を外すわけにはいきません。こちらに帰り道にお邪魔しました。

ちなみにお客様には許可を頂いておりますよ
Dscn5219

うーん。最高であります。新鮮、安価、高品質なにを置いても買いまくりなのです。

で、買い物して外に出てみると

Dscn5220
Dscn5221
ビニールハウスの骨組みが崩落していました。

おそらくは何か農作物が作られていたと思います。収穫が間近だったり、そもそもの設備に相当な費用が掛かっていたと思います。

多くの農家が今回の大雪で相当なダメージを受けたと思うと胸が痛いです。
なにしろ、タネから芽が出て、大切に苗を育てつつ、元気な苗を残して、間引きしてそれを繰り返して時間と手間をかけて育てた苗からやっとできた実などを、これから出荷するかと思った時期にぺちゃんこにつぶされたら、その心中は察して余りあるかと思います。

つらいですねえ....

帰ってからすぐに、先ごろ契約頂いたメルセデスの車庫証明を出しに、中野区の野方警察署に行きました。今度は都心です。

きっとこの都会のスーパーでも深谷など大雪の被害を受けた地域などからも出荷されて、店頭に並んでいる野菜もあると思います。野菜ひとつにしても思いを馳せると、なんとも言えない気持ちになりますね。

 

2014年3月16日 (日)

スバルR1 修理

日曜日は仕事がはかどります。電話が無いだけなんですけどね。

さて、今回は車検でお預かりのR1です。

Dscn5204_2

ところが、

Dscn5188_2

フェンダーがへこんでタイヤが露出しています。これでは車検に絶対通りません。検査場で分度器を持ってきて角度内でハミ出てると「はいアウト~」と言われてしまうのです。

車両保険を使って修理することになりました。

一方こちら

Dscn5213

またまたメルセデスW638です。今回はスライドドアのロックの不良で入庫しました。 思えば買っていただいて丸5年。だいぶマイナートラブルが多くなってきました。

Dscn5215

ロックユニット。こちらの不良のようです。

Dscn5200

そしてやっと納車となったマーチです。比較的早くルーフパネルを手に入れた割には時間がかかりました。部品の流通が異常に悪いです。

あれこれ欠品が多くなり、意外と時間がかかってしまいます。今回もルーフとトリムは早く来ましたが、トリムを接着するボンド(先のブログで書きました)がなかなか来ませんでした。他にもドリップモールのクリップもなかなか来ませんでしたね。

Dscn5201

Dscn5203

きれいになりました。こちらはスタンドックスのイージークリアのミディアムソリッドシステムで仕上げました。

 

 

2014年3月15日 (土)

music in driving

皆さんはクルマの運転中、何を聞いているのでしょうか?
車内にあるアーティストのアルバムや、引き取り時や試乗時の車内で鳴っている音楽はお客様によりまちまちです。

僕は80年代のヘビーメタルが圧倒的に多く、なかなか最近のアーティストや他のジャンルを聞く機会が無いのですが、今回はたまたま預かったクルマの中で流れていた曲などからいいなあと思った曲を集めました。

まずはこちら I hate Kateです

51bce9dhsol__sl500_aa300_

都内のフォーカスSTにお乗りだったお客さんのクルマでかかっていたバンドのメロディがあまりに良かったので、買いました。

昔で言うポジティブパンク、今で言うミクスチャーバンドで かつてかのZebra headでボーカルを担当しいていた人がやってるバンドです。メロディ、歌詞ともに捨て曲なしのベストバイです。このサウンドはかなり完成しています。とにかく買って損はありません。海沿いや第三京浜など神奈川県の南側向きなサウンドです。三曲目などマスターピースです。

続いて国内アーティスト、家入レオです。こちらは自動車に乗っている時にラジオから流れてきた曲にぶっとんで素晴らしいと思ったひとです

51z73vbi6cl

まだハタチにも満たないお若いシンガーの1stです。本人のビジュアルもサルことながら個性的な歌唱を披露しています。さすがにしゃべる内容とかは年齢相応の内容ですが、歌唱技術や歌詞はなかなか素晴らしい味があります。若いのにいいです

続いて、これはどなたのクルマの中でかかっていたかは思い出せませんが、まあ、それなりにお年を召したかたでしょうね51w8tuckeol__sl500_aa300_
ずばり、ヘビーメタルですね。北酒場などメジャーキーの曲が有名ですが、望郷じょんがらなどマイナーキーを歌わすとすごいポテンシャルです。

いったいどこでブレスしているかわからないトーン、譜割を完全に無視した歌い回しなど楽譜に起こし難い情念の炎が燃え盛るボーカルアルバムとなっております

続きましてはこちら。ノイマン率いるチェコフィルの名演です。これもどのお客さんのクルマだったか忘れました。

41p6rwajkvl__sl500_aa300_
スメタナのわが祖国です。他ジャンルにもファンが多い交響詩で、スケールの大きいサウンドは、自宅からだいぶ遠い長野は更埴あたりで、日曜日の夜、渋滞30kmで夜12時までに自宅に到着しない、佐久インターあたりで聞くのがいいでしょう。温泉でも入って帰ろうかなど、細かい事を気にしない気分になります。

さてみなさんのドライブのお供はどんな音楽なんでしょうか?

 

2014年3月13日 (木)

商売とは?

商売って、商いってなんでしょうね?

例えば商品やサービスなどをお客さんに買ってもらう事
つまりは売主とお客さんな訳です。売る側はいろいろなお客さんにいっぱい買ってもらいたい、だからサービスしたり値引きして、お客さんに満足してもらおうと努力しますね。

でもライバルが全く存在しなくて、世界中にその店しか扱って無い商品で、どうしてもその商品が必要だったらどうでしょう?

値引きもサービスも必要ないですよねぇ... お願いしなくても売れますから
もうサービスどころかモラルもへったくれもありません

以前のブログでも書きましたが、自動車の純正部品は、トヨタのクルマのライトやパネル類など車種ごとの専用部品はトヨタからでないと買えません。また純正補修部品は新車ラインで使われている同じ部品に対して250%~300%くらいの定価設定となっていると言われております。
自動車メーカーは自動車本体をうんと値引きしても売ろうとするのは、このズブズブに利益を発生させる純正部品を売りたいからだと思います。
クルマを売って利益を出してその後も補修部品を売って利益を上げるのです

トヨタに限らず日産だろうと三菱だろうとホンダ、マツダ、スバルだってみんな同じです。
さらに僕ら修理工場はおよそ10%引きでしか部品を入手できません。そしてそれを定価でエンドユーザーに売るのです。250%設定で10%引き....
ですから50000円の部品を売っても5000円の利益しかありませんから、値引きなどできないのです

また発注した瞬間から一切のキャンセルはできなくなるのも特筆すべき点です。
電話で注文して1分後でも翌日でも発注した瞬間からキャンセルできないのです。
部品が納品されてから「いやーやっぱりいらない」って言うこちらの事情でキャンセルするのに、ペナルティがかかるのは理解できますが、発注のFAXやPCでボタンを押した瞬間にもう後戻りできません。それでもその部品をもらったところでゴミにしかならないようならキャンセルする方法もあります
定価の半値を払うのです、たとえ商品が手元に来ようと、電話で発注した直後であろうと。

ちなみに。新規の顧客も基本的に断っているようです。新たに取引したい修理業者がいたとしても基本的には歓迎されないようです。わずかな値引きや定価で現金払いで販売したり、取りにこさせたりと手厳しい。一般のユーザーと同じ扱いです

自動車を修理する取り巻く環境はかくも厳しいのです。そして、販売するメーカーは顧客、すなわちユーザーの立場を蹂躙して成り立っているのです。ひっどいと思いません?

2014年3月11日 (火)

成約御礼 メルセデスR500

久しぶりに自動車をご成約いただきました。

Dscn5175
メルセデスのW251、R500です。

従来のメルセデスからはなかなか見られないSUVです。
Dscn5176

4WD 6人乗り 18インチホイール。メルセデス自慢のビルシュタインのエアサス付き、位置的には高級SUVになります。

Dscn5177
Dscn5179
HID、マルチファンクションステアリング、タン革内装も美しいです。なにしろ19000kmですから....

Dscn5178

でもでもデジタルディバイス満載です。自動車は全てCAN通信でコントロールされています。そこに来て右のミラーが動きません....

可倒はしますが、上下左右は全く動きません。
ミラーの上下左右の動きを司るのはドライブユニットです。ドライブユニットと言うと聞こえがいいですが、マブチの130モーターみたいなモーター2個がピニオンギアを動かして位置を調整しているのです。

従来はリレーを介してすべて12Vの電圧で、リレーを使って電流を制御してバッテリー~リレー~スイッチ~リレー~ドライブユニット
となっていました。

ところが、世界的なエコの流れで少ない電気消費量で動くクルマの開発と、故障のコントロールや技術的な情報の隠匿の為、世界的にCAN通信システムは迎え入れられました

パソコンのコマンドと同じくキーのONと共に各モジュールにコマンドを走らせ、帰ってきた完了信号から故障の有無を判断させる仕組みです。

各モジュールはCANチップと呼ばれる住所を持っており、メインECUからコマンドは自分の受け持つ住所に向かって走ります。指定の住所に到着したコマンドはお互いの持つ符号を確認させて、指令を伝えます。指令を渡されたモジュールは仕事を行った後、完了信号をコマンドに渡して、メインECUに帰らせます。その完了信号をECUが確認して初めて故障はないと判断します。

さて今回ミラーが動かないのはなぜでしょう?
上下左右全部動かないのに、可倒はする。と言う事は、12Vはミラーまで来ていると。
では仮にスイッチが悪かったとすると.... 

リレーユニットの代わりになるのが、ボディコンピューター。メルセデスで言う所のSAMです。大きな電流を必要とするライト、エアコン、ウインドウレギュレーターなどはパワーステーションとなるヒューズボックス付近の大きな基盤で電流のやり取りをして、直接1.5スケアを超える太さの配線で、デリバリされます。

一方スイッチや各種コントロールの信号そのものは1.5-3Vの微弱電流でコントロールされます。わずか~な電圧電流でコントロールされる、これがコマンドにあたります。瞬間的な微弱電流はテスターでは確認しづらく、オシロスコープなど、電気の流れを可視化するような装置でないと、そもそもの信号の有無を確認できません

となると新品のスイッチにも自車の部品であるための住所、つまりCANチップを持たさないと動かないのです。この書き込み作業をキャリブレーションなどと呼びます。コーディング作業と呼ばれるものの一環で、一般的にディーラーで使っている専用診断機を使って行うものです。

さてここまで、書けばわかりますが、相当な専門的知識や経験、情報、専用工具などが必要になります。カンやましてや、中古車屋の浅知恵などでは簡単に処理できないのがわかります。

もう叩いたりして直った(治っていませんが)時代は終わり、専門的な知識や設備が必要な時代になったのです。

そのうえで、今回のR500.どうなることやらですね

2014年3月10日 (月)

日産ラシーン

面白いクルマの入庫です。

Dscn5173_2

日産ラシーン。 901活動からの脱皮に失敗し歴代社長の責任問題もなく、塙さんにバトンタッチされたころの意欲作です。こののちに日産は経営が立ち行かなくなり、カルロスゴーンに大政奉還するのでした 。

今回のクルマは平成7年型と、MPIとしてはそんなに古い部類には入りませんが、なんとお若いご夫婦が所有してらっしゃることです。 ディーラーに持って行けば、ぞんざいな目に逢って、それでも尚、健気に維持しようとする、その姿には感動すら覚えます

このご夫婦のお父様は写真スタジオ屋さん(こう書くと安っぽいですね、スイマセン)で、またこの方もこだわりがスゴイのであります。

それがこちら
http://www.nakanostudio.com/

プロ中のプロであります。
家族写真などはレベルの違う写真を見ることができますよ。

え?写真の良しあしはわからない? 
いやいや、素人目に見ても違いが分かりますよ。良いものは間違いなく良いのですよ

2014年3月 9日 (日)

アルファロメオ166のその後

Dscn5061

いやあ いーわ 。アルファ166ですよ
今回サスペンションをいろいろかえて、はたしてヨーロッパ車はどうなるのか的な整備をしたのですが、結果はかなり良好です。

かなり大がかりな整備をしたのですから、当たり前と言えば当たり前なのですが

T2ec16fyge9s7hhg9ebq9chdu60_1
事の発端は酔っ払って、ebayでこのサスペンションアームフルキットの落札からです。

そこへ、やはりショックアブソーバーも交換でしょというEくんの悪の誘いです

Img_0080
国内にないもんだからわざわざ輸入までしてビルシュタイン買って後に引けなくなりました
Img_0099

さらにはブレーキホースもかえてみました。

Img_0078
作業は困難で、いばらの道です
Img_0073
構造上、車体からリアサスペンションそっくりを自動車本体から取り外し

Img_0082
Img_0093
フロントはウイッシュボーンアームとのクリアランスが心配でした

Img_0098
オイルこそ漏れてはいませんがショックアブソーバーは完全にその役目をおえたようです。

ガスショックに交換したおかげでガチガチになるかと思いきや、ビルシュタインらしい乗り味になりました。

本当にカーブを超える時に楽に、そして思った通りの軌跡を通る事ができるようになりました。

激しい冷却水漏れも改善しいよいよ素晴らしい状態を手に入れました。

さて、残るは夏場のエアコンです。
今年の夏こそ「快適」を手に入れてみようと思います。

ブログをご覧の方で、愛車のリフレッシュを考えている皆さん
メーカーや生産国に関係なくご相談ください。

きっと素晴らしいソリュージョンを提案できると思いますよ

ルーフ交換

先のブログで書いたマーチのルーフ交換ですが、やっと最終段階に

Dscn5083

ドリルで溶接部分を削り取り、ルーフパネルを剥がしたあとは、基本的に衝突事故と違うので内板修正作業が基本的にありません。ですのですぐに新品パネルの交換になります

Dscn5092

専用のボンドで新品ルーフを接着します

Dscn5093

一瞬わかりませんが、未塗装の新品パネルは黒いプライマーで覆われています。この後サフェーサーを塗装します

Dscn5156

Dscn5158

こちらは塗装後及び部品装着後の写真。出来上がりも間近

そこでルーフの内張り、ルーフライニングの接着です。専用接着剤を使用します。

Dscn5160

ぬりぬり かんた~ん!

この後、ガラスを取り付ける前に前から入れてべちゃっとくっつけます。

今回使用した糊はこちら

Dscn5163

なんと純正部品として来たハマタイトYN-21と言う ボンドで調べてみると
無溶剤なんだとか。

つまりホルムアルデヒド対策なわけですな。
国民皆アレルギー時代ですからね。思えばメカニックのEくんも大変な時期ですな

2014年3月 6日 (木)

それでも続く仕事

ああ、ありがたいことだけど休みなく作業しても追い付かない雪害車両

なにしろ部品が欠品だらけ。ルーフパネルが手に入っても、ガラスモールが欠品中とか、ガラスモールが来てもガラス屋さんが当分来れないとか

ありとあらゆるところに影響を残しているのです。

それも思わぬところにしわ寄せが....
地方のオークションで今、クルマを買うと陸送に2-3日かかるところが2-3週間かかるそう。

新車が売れまくったところに大雪が降って、回送が遅れて陸送業者がそっちに駆り出されてトラックが足りないと....

そういえばラジオで、引っ越し業界が3月から4月にあまり引っ越さないでくれと異例の要望を表明しているとか。

大雪+消費税UP+年度末=大混乱

そんな事みたいですな。

2014年3月 3日 (月)

今日はクルマを離れて

ああ、今日も忙しい一日だったなあ。

忙しければ忙しいほど自動車による移動時間がもったいなく感じます。
そんなやさぐれた心を癒してくれるのは音楽に他なりません

最近、ソチ五輪で羽生くんがメダルをとっていきなりメジャーシーンに登場したゲイリームーア。既にお亡くなりになりましたが、80年代を代表するハードロックギタリストです。

二十歳にも満たない子が選曲するとは思えないので、他の大人が選んだのかと思いますが、なぜか他のスケーターもゲイリームーアの曲を選んでいたように思います。

すなわち! ハードロックは今やフィギュアにもふつうに登場するジャンルになったわけで、一般的な音楽となったのです。

ところで、かつて西城秀樹がグラハムボネットを歌った時代がありました
ジャニーズがレインボーのアイサレンダーを歌った時代がありました。

そんな時代にこのヴァンデンバーグを歌おうとした人がいました。

https://www.youtube.com/watch?v=YR9prnwHkVY

31oar7shoul__sl500_aa300_

知ってますか?当時ロッキンfで報道されていましたが、何を隠そう和田アキ子が歌ってシングルにしようとする動きがあったようです。すごいですねえ。

ちなみにこの人、自国のオランダ時代は大変良いのですが、アメリカ文化に侵されてしまってからはあまりいいイメージがありません。

すごい上手なギタリストなんですけどね。

https://www.youtube.com/watch?v=X66xc79iLns

こちらは希少なウォーレンマルティーニとのツインギター時代です。

なんだか観客は少ないわ、電圧不足のようなギターの音だわで少々情けないようですがねえ。

エイドリアンはオランダ人、ウォーレンはアメリカ人ですが、ルーツは同じような音使いです。

そこで本物です!

https://www.youtube.com/watch?v=18FgnFVm5k0

これまた故人のフィルライノットのボーカルのパリの散歩道です

ああ、素晴らしい
余談ですが、昔、Thin Lizzyのボーカルはフィル・リノットだったのですが、後にフィル・ライノットと表記されます。時を同じくして、F1ドライバーのネルソン・ピケットが、ネルソン・ピケと表記されるようになります。
なにか放送業界に新しい取決めでもあったんですかねえ

そんな頃、ラジオの深夜放送を聞きまくっていた頃、80-81年頃なのかなあ
当時、ミュージックライフの広告のバックミュージックに使われていたのがこのG-forceです。

41wsvf9yqsl__sl500_aa300_

https://www.youtube.com/watch?v=wpB7nG4kEEM

当時としては実験的なサウンドで、アンプを通さないライン録音でディストーション踏んじゃうもんだから、AMラジオから流れてくるサウンドにぶっ飛んだ覚えがありますよ。

その後、渋谷のディスクユニオンや新宿レコードなどでも普通に手に入るようになりましたね。

なつかしいあの頃の香りが蘇ります。

アルファロメオ166 その3

作業中の166ですが、ショックの交換も終わり、車検間近で今度は新たな問題が発生。

Img_0060

ブレーキホースがヒビヒビです。

純正に交換しようと思ったら、国内在庫がありません。何ならあるんじゃ。

これまたebay.ukで手配しました。
Dscn5012_2
Dscn5013

グッドリッジのステンメッシュホース。見た目はかっこいいし純正より安い。

Img_0106

Img_0102

メカニックのEくんがうまくホルダーをつけてくれました。

Dscn5066

ラジエターホースの水漏れも交換して終了です

Dscn5062
Dscn5063

Dscn5068
ついに作業が終わりました。
Dscn5070

やはりショックを交換したことで少々車高がアップしました。

しかし、素晴らしいハンドリングです。すこし硬すぎるような乗り味ですが、圧倒的に運転しやすくなりました。

ふわふわした腰高感は全くなくなり、どしっとした大型セダンらしい乗り味。

でも作業は大変でした。特にリアはアクスルを外しての作業ですから、かなり大変です。またまた売値が高くなり、きっと誰も買うことは無い商品になってしまいましたが....

 

ジャガーXタイプ 冷却水漏れ

先日入庫したジャガーXタイプの作業です。

V6エンジンは静かなめらかです。ところが、出かけた先で冷却水が漏れて入庫となりました。
Img_0115

このようになっております

Img_0117
これじゃあダダ漏れです。

上側の黒い部分はサーモスタットケースですが、この中のサーモが壊れて水路をふさいでホースが外れたようです

Img_0120

Img_0123

交換して納車です。

2014年3月 2日 (日)

消費税を控えて

ここ最近、在庫車の問い合わせが相次いでいます。

以前、業界紙で販売量が急騰しているような記事を見ましたが、ウチには関係ないやと思って見ていました。

が、この数日間の問い合わせは尋常ではありません。
消費税UPの影響なのかな? たまたまかな?

先日、レジェンドの問い合わせがありましたが、杉並区のSさまは残念ながらガレージに入らないとのことで、わざわざお断りの電話がありました。残念と思っていたら千葉のWさまから同じ日に連絡が...

そして今日、工場で作業していたら、お客様が突然おいでいただいて、アルファ75を見たいと、わざわざ群馬からお越しいただきました。

どちらのクルマもがっちり整備してお渡しするので、個人的にはお買い得かと思います。

僕らは中古車屋ではなく、整備屋なので決して、お買い上げ後に後悔するような事はございませんので、どうか安心してお乗り頂きたいと思います。

群馬からお越しのMさま、是非FR最後のアルファを楽しんでみてはいかがですか?

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ