« アルファロメオ155 全塗装つづき | トップページ | ホンダフィット 後部破損 »

2014年1月13日 (月)

アルファロメオ155 全塗装さらにつづき

マスキングが終わってシリコンオフで脱脂して、エアブローしたらいよいよ塗装の開始です

Dscn4673

塗料を準備します

Dscn4677
原色をいくつか入れてかき回す前の状態。
約2Lあります。携帯電話と比べて大きさがわかります。

さらに50%のシンナーを加えて塗装します。

そもそもサタ社製スプレーガンは大きく重く、一丁800gほどあります。そこに600gの塗料を入れて作業しますから、最大1.4kgほどのおもりを持って作業するのです。しかも赤い色は染まりが悪いので何回も塗装します。

Dscn4682
Dscn4683
Dscn4684
Dscn4685

塗装コードは130 ロッソアルファです。よく全塗装されたアルファを見ますがおしなべて暗すぎるように感じます。実際には意外と茶色いです。

Dscn4687

だいぶ染まってまいりました。もう腕がパンパンです。きっつい~。

今回はかわいそうなので僕といつもの塗装技術者二人で塗装します。

Dscn4689

次は塗膜外観及び強度を完成させる為にクリアを塗布します。

Dscn4690

こちらも2L。でも足りないので、1度目の塗装後の残りの量から必要量を割り出します。

Dscn4691

スタンドックスはHSになってから少々黄味がかっていますが、HSハードナーとウレタン結合する際に完全な透明になるのです。

塗装中の画像はありませんが、2コートでまわってこの通り

Dscn4695
Dscn4696
Dscn4699

73℃で25分焼き付けます。

Dscn4697
Dscn4698


Dscn4701

Dscn4703

次は残念なゴミを取ってポリッシングです。あー肩こった

今回は2.4Lのクリアを吹きました。3Lのベースコート(色)と併せて約4万円弱の塗料を吹きまくりました。

他に20L近い灯油。昼すぎから塗り出して、焼き付けには7時ちかくまでかかりました。

恐るべし、全塗装!














« アルファロメオ155 全塗装つづき | トップページ | ホンダフィット 後部破損 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ155 全塗装さらにつづき:

« アルファロメオ155 全塗装つづき | トップページ | ホンダフィット 後部破損 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ