« かつて必殺技と呼ばれ... | トップページ | カロッツエリアのタッチパネル交換 »

2013年12月13日 (金)

レジェンド 水温上がらず

冬に入って寒くなってからレジェンドの水温が上がりません
すごく寒い日は10kmぐらい運転してもColdからまったく針が上がりません。

サーモスタットが悪いようです。

水温が低いままだと空燃比が濃くなるだけでなく、O2センサーにも良くないですし、燃費も悪くなります。

最近は水温計すらついていないクルマが続出で、サーモも長く持つようになりました。

レジェンドが街中を走っている当時はサーモのトラブルは結構あって、どこの整備工場にもポイントやカップとならんでサーモも在庫されような部品でした。

そのいずれの部品ももうほとんど消費されなく(存在そのものが無くなる)なってしまいましたね

Dscn4433

Dscn4434

スロットルリンケージも現代にあってはちょっぴり懐かしい....

リンケージの真下にサーモがあります。ボルトが見えますね

Dscn4435

サーモスタット。新旧対比。
もちろん左新品、右は下側が伸びているのがわかります。

伸び側で止まっているので、まだ水温が低いだけで済みますが、閉じたままになると大変な事になります。

僕のアルファロメオ166やマセラティ、フェラーリなどは現役で、定期交換が必要ではあるようですが....

« かつて必殺技と呼ばれ... | トップページ | カロッツエリアのタッチパネル交換 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レジェンド 水温上がらず:

« かつて必殺技と呼ばれ... | トップページ | カロッツエリアのタッチパネル交換 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ