« アルファロメオ155 全塗装 | トップページ | この時期になると »

2013年12月26日 (木)

アルファロメオ75 商品化

昨日はクリスマスでしたね、皆さんはどんな一日だったでしょう?

こちらはアンホーリーなクリスマスです。
乗って楽しく、見た目もなかなか美しいアルファロメオ75。年内に登録して多摩湖をちょこっと走ってみようと思っていましたが、警察に車庫証明を出した帰り道、メカニックから残念な電話が

「新規車検はぜんぜん無理っすね」

まあ前のユーザーが2年で手放しているくらいですからなにか理由があるはずです。さっそく確認してみる事に

Dscn4526

Dscn4527

まずはあちこちからオイルのにじみが。でもこれぐらいは旧車ですから目をつぶっても良いでしょう。フロントパイプもそれないりに打痕がありますが... まあこれも目をつぶるというか新しいオーナーの好みに合わせるべきでしょう

Dscn4529

何これ??

75はトランスミッションがリアサスにありますからクランクシャフトはダイレクトにアウトプットシャフトを回します。プロペラシャフトと違い、減速されずにエンジンの回転そのままに回されるシャフトには複数のラバーカップリングがついています。エンジンマウントはおのずと重要性が増します。そのマウントがこちら...

このマウントの交換はそれなりに大変です。おそらくこれが前ユーザーの手放した原因かと思います。さらにその下マフラーハンガーにボルトが入っていません。おそらくリアマウントがグラグラでボルトを入れるとマフラーがその大きな振動に耐えられないのでしょう

Dscn4535

結果、マフラーが下がり、最低地上高を確保できず車検に通らない。費用が多額、クルマを手放すと... 販売店の罪深さを感じますねえ。そもそもどんな販売条件(予算やユーザーの希望など)で売買したかわかりませんが、前ユーザーはローンで買っていたので、最初から整備の上で納車すればそんな目に遭わずに済んだのに...

まあユーザーが買う差に「安さ」に固執するあまり販売店が手を抜いたという考え方もありますが

Dscn4534

後ろ側のマフラーハンガーも切れています。

これらを踏まえて、整備して車検取得を目指しましょう。だってシリンダーヘッドはオーバーホールした跡もありますし、ショックはモンローに換装されています。ロアアームボールジョイントブーツも交換された痕跡もあります。なんと言っても乗ると超楽しいです

Dscn4539

長大なフロントのトーションバーです。最近のクルマではありえませんね

Dscn4533

インボードディスクブレーキも状態がいいです。トランスアクスルも最近ではみませんね。でも先のフェラーリ456は同じトランスアクスル方式でしたが

Dscn4544

フューエルフィルターも交換済みのようで、キレイです

Dscn4547


タイヤはミシュランパイロットスポーツです。





« アルファロメオ155 全塗装 | トップページ | この時期になると »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ75 商品化:

« アルファロメオ155 全塗装 | トップページ | この時期になると »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ