« 自動車部品のOEM | トップページ | 新保険会社との話し合い »

2013年10月10日 (木)

軽自動車税

軽自動車税の引き上げを政府が検討している旨の記事を、今朝の朝日新聞で読みました。とびぬけて税金の安い軽自動車の税額を上げるのですから相当な反発も予想されると

確かに軽自動車の自動車税は安い! 
1000ccのクルマ、最近はすごく少なくなってしまいましたが、一昔前だとカルタス、ヴィッツ、マーチ、ワゴンRワイドなどがありました。
これらは押しなべて走りの性能を期待するには難しく、軽と同じ3気筒エンジンでヘタをすると軽より遅いなんて珍しくありませんでしたし、値段も軽より安い場合があります。質素な内装や装備、しかし不人気なのか今や1000ccのクルマを探す方が難しくなってしまいました。まあ海外の税制がらみもあるかとは思いますが...

とはいえカテゴリーは普通自動車なので、高速道路料金も手加減なし。自動車税だって軽の4倍強。

一方、軽自動車のメーカーはまさにガラパゴスな進化を見せて、インタークーラー付きターボで武装したり、オートエアコン、電動格納付きリモコンミラー、全席パワーウインドウ、果てはパワースライドドア、電動バックゲートなど
普通乗用車なみの機能を持ち、車重は1tを超え、値段も200万円を軽く超えて、結構な金額の取得税がふつうに発生する場合があります。

これを考えるとちょっと不公平感は感じますねえ。もはや優遇税制にする理由が見当たらないというか...

だから軽のワゴンに乗っている人は満足しきってなかなか乗り換えが進みません。出来が良すぎるわけです。

とはいえ僕の所も代車で軽自動車を多く使いますし自動車税をあげられたらたまりません。だから軽自税を上げるなら、ある一定の新車価格に応じて税率を変えたらいいと思うんですけどね。そうすれば配送など仕事で使う軽などは税の変更のあおりを受けずにいられる訳です。

« 自動車部品のOEM | トップページ | 新保険会社との話し合い »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽自動車税:

« 自動車部品のOEM | トップページ | 新保険会社との話し合い »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ