« ポルシェ再び | トップページ | 僕のアルファロメオ観 »

2013年9月23日 (月)

フェラーリM456GTA

毎度おなじみM456の車検です。先のプレ車検で入庫して交換部品を先出したクルマです

Dscn3865
今回のオーダーは
基本的な定期点検整備
巨大なタイヤ交換とホイールのカラーリング
助手席側アウターハンドルのマイクロスイッチ交換
エアフローセンサー両側交換

一部のスイッチがベタベタになり始めましたので、そちらも軽く拭かないと
ちなみ、あのベタベタは僕の所ではアセトンを使用します。キレイにとれますよ

あとはエナペタルで、リアのビルシュタイン製ショックアブソーバのオーバーホールもあります。ところが、エナペタルに部品在庫がなく、入庫待ちだそうです。問題なのは6月末からエナペタルに問い合わせしているのですが、ドイツ本国がだらしなくてなかなか部品を送ってもらえないそうです。今回の修理に間に合ってくれればいいのですが....

そうそう、フロントバンパーのキズの補修もあります。
この456GT、バンパーがとてつもなく重いのです。
何ていう材質かわかりませんが、無垢材の硬いロウというかプラスチックというか、そんな材料でできていて、3人がかりで脱着します。

頃合いを見てこのブログでも公開しますね

Dscn3869


« ポルシェ再び | トップページ | 僕のアルファロメオ観 »

フェラーリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリM456GTA:

« ポルシェ再び | トップページ | 僕のアルファロメオ観 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ