« 向かいのキクチさん | トップページ | ダイナマイトキッド »

2013年9月19日 (木)

メルセデスベンツE320 W211 トラブル続き 

色々な故障症状が発生しているメルセデスのW211ですが、ボディコンピューター(SAM)の交換作業を行います

Dscn3845

画像向かって右奥、ヒューズボックスそのものがドライバー側SAMです
SAMは各座席についていて、互いにMEやSBCなどとCANネットワークで通信しています。

Dscn3832

カバーを外すとこんなふうになっています。ひとつの箱にECUを集中的に入れるのはW210の時代からも続いています。

Dscn3833

銀色の部分がSAMです

一大ハーネス分解大会

Dscn3834


Dscn3835

取り替えてみるとヘッドライトや電動ファンは正常になり、エアコンも外気温を正確に示し、85℃から正常化しました。もちろん冷たい風も出ます

当然最終的にコーディングが必要ですが、今の段階でも正常に機能します。








« 向かいのキクチさん | トップページ | ダイナマイトキッド »

メルセデス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスベンツE320 W211 トラブル続き :

« 向かいのキクチさん | トップページ | ダイナマイトキッド »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ