« 色彩の説明 | トップページ | ルノートゥインゴ 車検+再入庫 »

2013年9月11日 (水)

メルセデスE320 W211 トラブルいっぱい

もう211も発売から10年以上になるんですね。
僕の家の近所の新しくできた飲み屋さん「頂/いただき」のマスターの自家用車。突然いろいろなトラブルが出て、その後いくらもしないうちにバッテリーが上がってしまった。と...

Dscn3769いわゆる211065ですね

バッテリーを新たにつないでエンジンをかけると
1.左側のヘッドライトが点きっぱなしで消すことができない
2.ラジエターの電動ファンがエアコンを入れてもいないのに全開
3.外気温が+85℃
4.エアコンは風はでるが冷えない
5.死にかけのバッテリーでも4.8Aの放電がある!
Dscn3771

4.7A×12V=56.4W ヘッドライトが四六時中つきっぱなしな状況です

いくらなんでもバッテリーが干上がってしまいます

診断機をつないで見ている最中でも、ESPの異常やブレーキシステム、発電システムの異常と休む暇もありません。
でも、主要なエンジンエレクトリックやトランスミッションには異常がない

ボディはなかなかにぎやか。特に運転席側のSAM(ボディコンピューター)はアクセスすることもできない。おまけにSAMのあるヒューズボックスから焦げ臭いにおいが....

とりあえずここからスタートしましょうか

« 色彩の説明 | トップページ | ルノートゥインゴ 車検+再入庫 »

メルセデス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスE320 W211 トラブルいっぱい:

« 色彩の説明 | トップページ | ルノートゥインゴ 車検+再入庫 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ