アメリカ車

2019年9月21日 (土)

シボレーアストロのプラグ交換

先日のアストロ、他にもちょっとした、いやそこそこ大変な修理もありました。
車体が不穏な振動を起こしていて、時々チェックエンジンランプが点灯すると。

Img_0230

診断機上でも複数シリンダーの点火不良のコードが入っていて、明らかに点火系。
最近のクルマだとI/Gコイルですが、このクルマ、そんなもの使っていません。ディスビです。
さっそく部品を取り寄せて作業にかかります。

アメ車だからそれほど大変じゃなくね?って思っていたら、結構大変。というか二人いないとできない感じ。
まず、車室内のセンターコンソールをがばっと外してエンジン後端を露出させます。

なんか配線がどっちゃり。カラフルなお蕎麦がこぼれています

Img_0231

こんなところからアクセスするのですね

Img_0233

これが諸悪の根源のディスキャップとハイテンションコード。

Img_0232

最近のクルマはECUでエンジンの点火タイミングに従ってパルスを打てば、スパークプラグのすぐ上のI/Gコイルで高電圧の電気を作ってプラグに流し点火する仕組みですが、昔はクランクからギアでディストリビューターを回して、ルーレットのようにそれぞれのシリンダにコイルで作った高圧電気を流してプラグが点火する仕組みでした。

だからせっかく高圧な電気を作ったにも関わらずハイテンションコードが何かしらの理由で抵抗が大きいと、上手に高圧電気をプラグに届けることができず、失火してしまうのです。

昔は一定期間が過ぎると起こる定番のトラブルでした。今でもIGコイルがダメになって失火するトラブルは珍しくないですね。
ちなみに、このディストリビューターキャップが夏場の大雨のあと、気温の変化で結露し、水たまりの上にあるクルマのエンジンがかからなくなったり、かかりにくくなるのもこの旧式なディストリビューターの仕業です。

ところがこのクルマ、中途半端にフロントから見えるエンジンじゃ到底作業できず、かといって後ろ側にはディスビしかない。
どこからプラグを触るのかというと、このフレームの隙間からなんです。

Img_0234

エキマニの間にプラグコードが見えます。

Img_0235

こんな風に隠れているところもあります。

Img_0236

こういう機会ですからすべて交換します。今の仕組みと違って、どのシリンダーが失火していのまでは教えてくれませんから。
普通の乗用車のようにエンジンがむき出しであれば一つ一つ確認できますが、MPIではそれでも全交換をお勧めしていますが。

Img_0239

こんなロケーションでまいります。

Img_0243_20190921212101

ディストリビューターローターから交換していきます。面白いカタチしていますね。

Img_0244_20190921212101

この宇宙戦艦ヤマトの主砲みたいなのがディスキャップです。

Img_0248

なんとか砲、発射!と言ったのは富山 敬。

Dcwfkrdu0aeyapx

クルマの下にEくんが作業して、僕がハイテンションコードを操る係。

Img_0251_20190921212101

こんな感じでOK。しかしやりにくいのね。

Img_0253

V6だから反対側のバンクも同じように作業します。

Img_0255

出来上がったらエンジンをかけて様子を見て問題なければ

Img_0257

カバーを戻して

Img_0258

全部元に戻して、ハイ出来上がり。

Img_0259_20190921212201

交換された仲間たち。

Img_0276

続いてリアサスペンション。入庫の直接的理由になったのは、自動車の下に到底自動車部品とは思えない部品の破片が落ちている、との一報で入庫したのです。ソフトクリームのようなカタチ?
画像を送ってもらうと、それはアレでした。
それを作業しますよ

Img_0268

アレとは・・・ うんちくんです。ではなくてバンプラバーです。

リアサスの板バネの当たりゴムとでも言いましょうか。

しかしどうしてこんなカタチをしているのでしょう

Img_0270

すっげえカタチ。でもこれが効果てきめんで、

Img_0274

自働車の挙動がすこぶるよくなったのですよ。侮れませんな。

Img_0275

再びオーナーの元に戻っていきましたとさ

2019年9月18日 (水)

シボレーアストロのウインカーレバースイッチ交換

以前交換したウインカースイッチの戻りが悪いという訴えのアストロ

Rimg2251

その模様は以下をご参照
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-8688.html


今回もハンドルからエアバッグを外します。

Rimg2249

エアバッグの外し方は以下
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-604b.html

ウインカーレバーの中身を分解してグリスを入れました。

Rimg2241

その模様の画像が無いのが残念

Rimg2243

アメ車の良い所は複雑なステップが少ないところ。スパイラルケーブルの位置もステアリングホイールの位置も決まっているのでマーキングの必要がありません。

Rimg2246

本当に独特の機構を持っています。

Rimg2247

他の作業もありますので、そちらは後日に。

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック