ジャガー

2019年10月17日 (木)

うまくかみ合わない日

  何故か何をやってもうまくいかない日ってありませんか?
僕にはたまにそんな日が訪れるのですが、久しぶりに今日はハマった

まず朝から、洗濯物を外に干すか室内に干すか天気予報を見て考えたりするのですが、今朝は依田さんのお天気検定の「夕方か夜から雨」を信じて、外に干す方を選択したら昼前から雨、しかもかなりしっかり降ってしまいました
雨が長いとツナギ服が乾きません。

朝から土曜日にマセラティの部品が土曜に間に合うように手配しようとしたのに、結局どこも今週末に発送できない、なんてレベルで週末に間に合うように作業の予定を考えていたのですが、残念ながら作業が間に合わず。
すると、来週はかなりハードスケジュールなので、すごい心配。

でも昼にジャガーランドローバーから、XKRのヘッドライトがイギリス本国から来たとの連絡があって、夕方に取りに行きます
土曜の夜から車内のクリーニングに出るので、うまく間に合ってよかった♪

雨のそぼ降る圏央道

Rimg3232

しかし、待っていたのは無情にも違うライト。
全部メッキのハロゲンライト。

Rimg3234

実車のものは中がブラックのHIDのタイプ。
部品の特定は難しいので、日本のジャガーの部品を一手に引き受ける正規部品の大元で特定してもらって
本国から輸入したのに、誠に残念。

Rimg2975_20191017230701

ヘッドライトは実に種類があって特定はなかなか難しいのです。ライトレンズはよほどその車に精通していない限り、僕は直輸入はしません。
仕向け地によっていろいろな仕様があって本当に難しいです。ライトだけは正規の品を買った方が無難です。
高い上に返品が効かないリスクは何者にも代えがたい。

このリスト、全てヘッドライトです。仕向け地や仕様の違いでこれだけあるのです。

ちなみに、XKRの部品は既にクラシックパーツに分類されているそうです。

Rimg3241

既に辺りは真っ暗。暗くなるのも早くなりましたね。

そんな中、一台のレンジローバーが佇んでいます。

Rimg3250

レンジローバーバイオグラフィーのロング! 言うところのLWB
LWB、うーん、響きがかっこいい。

Rimg3247

せっかくのLWBなのに、なんと4人乗り。贅沢の限りを尽くした仕様です。

Rimg3242

テールゲートをあけて、ローラーベアリング付きの引き出しを引っ張ると、椅子になっております。
しかもこれ、SVオートバイオグラフィで5Lスーパーチャージャーで565馬力のトンデモナイやつなんですねえ。

Rimg3244

ノーマルのレンジローバーがなんでもなく見えますが、こちら1500万円しますの

Rimg3252

ああ、いろいろ良いクルマ見ましたが、仕事は全く進まないのですねえ。
帰ってから工場で仕事しますが、それもすれ違いだらけで、いやあ参った。

もー、今日はふて寝しる!

 

2019年10月14日 (月)

ジャガーXK-Rのヘッドライトの不具合調査

さて、預かる時にライトの雨漏りを訴えているので、原因を追います。
ヘッドライトに水滴が多くあると車検に通りません。もちろん、「オレのクルマも漏るけど、車検の前に拭いておけば全然平気だぜ」と言う方もおられるとは思いますが、どうぞ皆さまに合った方法で気の済むようにやってください。

方法はいたって簡単。

Rimg2975

じゃーじゃー水をかければいいのですが、水の侵入は、意外にいろいろな方向からでないと再現性が難しい場合があります。
また、再現出来たとしても流入経路の判断が付きにくかったりもします。論より証拠でとりあえず、ぶっかけてみましょう

Rimg2977

景気よくやります。まずは裏面

Rimg2978

さらには表面。ライトのシーリングはなかなかうまくできていて正常なものならこの程度では水漏れはしません。

Rimg2980

しばらく放水して一定量の浸水が見られます。どこかに必ず穴かクラックが開いているはずです。
この手でよくあるのが事故歴です。衝突した際に修理を担当した人がひびを見落とし浸水ケース。
しかし、分解の途中、事故の形跡は全く見えませんでしたので、この線はハイ消えた。

Rimg2982

続いて怪しそうなところに石鹸水をかけて、中から圧縮エアで穴を探します。ピンホールでもあれば必ず浸水します。またシーリングの剥離などでも穴があればあぶくがたくさんぶわぶわ出てきます。

Rimg2984

ところがどこをどれだけ吹いても一向にあぶくが出ません。全くです。

Rimg2985

しかし石鹸水を洗い流すと少し濁った水が浸入してきます。今洗い流した水が浸入している模様ですね
確実に穴があるはずなのに何回やっても何故かあぶくは出ません

Rimg2986

エアを入れる位置を変えますが変わりません

Rimg2988

怪しいところを変えてやってみますが一向に変わりません

Rimg2989

ちなみにValeo製のライトです、銀色に見えるのはHIDのアンプです。バラストはこの程度の水濡れはぜんぜん平気ですが、社外のバラストは全く信用できません。ハロゲンからHIDにコンバートする場合は、国産や一部信頼性の高い部品でないと水をじゃーじゃーかけると壊れます。

Rimg2991

と、その時見つけてしまったのです。

Rimg2993

犯人はコイツだ~! 確保!!

Rimg2994

長い時間水分に晒されるとメッキ部品がダメになります。
今回は残念ながら交換と相成りました。でもなんで穴があったのでしょう? 事故? 経年変化?
でも、穴を見るとどうも人的な加工跡のように見えます

Rimg3005

改めてユーザーに話を伺ってみると、X100型にはレンズ内に結露が発生するために穴開け加工が必要だと言われたと。その加工はしてあるとの情報はあったと

でもこんなところに穴などあければ無加工であればどんどん水が入るのは明白。何か情報を鵜呑みにしたか? まー、ネットの文化が進んでいるので分からないでもないけど。

一方、この話を探ると、確かに古いモデルの一部では加工したあと、ちょっとした潜望鏡のような形の部品を付ける時期があったと判明しました
しかしそれはX39~までのモデルでこのクルマはX42~なのでそれにも該当しない。つまり間違えた情報を元に加工してしまったようです。

ヘッドライトの中身はかなりな高温になり外気温との差などで結露する場合もありますが、多くのヘッドライトには湿気を抜くためのホースがライトの上向きについていたりします。
温まったライト内の空気は上昇気流となってそれらのチューブから勝手に抜けていきます。
ちなみに空冷のビートルなどは水冷ではない為に温まった冷却水をヒーターに回すことが出来ない為に、エンジン排気熱で温めた空気を足元に出す仕組みですが、モーターファンなど使わず、温かい空気が上に行こうとする力だけで足元を温める仕組みになっています。

 

2019年10月 8日 (火)

ジャガーXK-R ヘッドライトの取り外し

今回、車検や修理で預かっている最後のX100系XK-R。ユーザーの方からヘッドライトの不良を強く訴えられていて
まずはライトの状態からスタートします。
美しいクーペはたいがいバンパー外すだけでも結構大変なものです
でも落ち着いて考えれば、調べなくても外し方など見えてくるものです。

Rimg2929 

下回りもキレイですねえ。オイル漏れもなく、泥汚れもなく都内のクルマのようです。

Rimg2931

まずライナーの脇をめくりますが、そのためにライナーのボルトやクリップを外します。

Rimg2932

鈑金関係をかじった人なら良くわかると思いますが、こんな懐かしいカタチのクリップを使ってます。

Rimg2957

下側、バンパー奥川の3本のビスを外します。

Rimg2933

フェンダーライナーをめくるとアタマ8mm呼び6mmのボルトが片側に3本づつ止まっています。
どこでどのように止めるのは、長いウレタン系バンパーではほぼ必殺技で、引き取り先で一目見て、脱着プランが浮かびます。

Rimg2935

このクルマは逆アリゲーター型にボンネットフードが開きますので、前回りのボルトが外しづらいったらありゃしない
ここで合計6本のボルトを外しますが注意点があります。手作りのクルマにありがちなアレが入っている場合があります。

Rimg2937

前から後ろからどうぞ~♪

Rimg2941

この長ーいボルトもジャガーの伝統では?(笑) 怒られちゃうか

Rimg2943

そのアレとはこれです。シムという名前のワッシャー、僕らの間では「かいもの」と呼んであまり使うことを良しとしない風潮のあるものです。手作りのクルマだとよくあるもので、昔NSXのバンパーを取り外したら、ザラーっといっぱいシムが出てきて、もとにもどせなくなった苦い過去があります。今回はバンパーの隙間から見えていたので、地雷を踏まずに済みました。
どこに何枚入っていたかを記録して次に進みます。

Rimg2948 

真ん中だけぶっといクリップが入っています。段差をうまく利用してクリップをこじるのですが、古いいらないカードなどを使って座布団にしています。

Rimg2951 

バンパーフェシアが取れました。なんっと、真ん中のグリルの網だけが車体残るのです。

Rimg2953

バンパーさえ外れれば、ライトの取り外しなど飛んで火にいる夏の虫。

Rimg2963

まず上側、コアサポートに1つ。

Rimg2970

真ん中よりにスライドさせるレールに13mmのナットが一つ。

Rimg2972

ヘッドライトウオッシャーノズルは嵌っているだけ。

Rimg2973    

つまみを持ち上げて後ろに下げるだけで外れます。これは素晴らしい、ぜひアルファやフィアットもこうなってほしい。

Rimg2968

そしてその下、2個。

Rimg2974

あとはコネクターを縁切りして、外すだけです。
次回ライトASSY点検編

 

 

2019年9月30日 (月)

ちょっと遠くまで。

今日は早起きして、引き取りに向かいます

Rimg2737

電車です。しかもシンカンセン。

Rimg2739

こちらとき131号。明日私が旅に出るのはあずさ2号。あれは信濃路か

Rimg2741

向かうはグンマ県。旅のお供はWPB。対して読むところなくなったね。

Rimg2743

高崎~ 高崎~ 最近じゃ新幹線の車内販売ってお弁当とかないのね。お菓子や飲み物あけみたい。風情が無いですね。

Rimg2744

いきなりよく見る電車になりました。

Rimg2746

向かいのホームの電車はなんと小田原行。僕が乗ってきた東京を挟んでさらに西に行くのね。最近はどの路線も長距離になってきまして、西武線も横浜中華街までいきますし、東武東上線にも乗り入れたりしています。便利な反面、何かトラブルがあると弱いですよねー

Rimg2747

ヘタすりゃ、熱海行とか来ちゃうの? そういえば、八高線乗り場を見たとき、八王子方面なんて書いてあって、自分がグンマ県に来た感じしなかったものなあ。

Rimg2749

なんと駅に人はおらず、いらないキップ入れだけ。

Rimg2750

お客さんからお預かりして、そこからびゅーんと150kmくらい走って置き場の駐車場。
うちのカッパさんと一枚パチリ。

Rimg2756

クーペかっこいいなあ。こちらジャガーXKR。後期型というより最終の限定車。4.2-Sというそうです。

Rimg2762

インパネ周りの出来も良いです。高級車の雰囲気満点。ベントレーにどこか似ているのはやはりイギリスのなせる技?

Rimg2758

Rimg2759

白いパワーシートはレカロ製。オーディオには元はアルパインだったのか、ドアスピーカーカバーにアルパインのマークがありました。
欧州車の高級車の定番ですね。

Rimg2754

燦然と輝く限定車のマーク。

Rimg2760

さあてがんばって整備していきまっしょい

Rimg2761

今日もよくがんばりました

 

2019年8月26日 (月)

ジャガーXタイプの車検整備

同じような時期に車検のジャガーXタイプ エグゼクティブ

Img_6109

これはH18年(06年)でありながら2万数千キロの実に若い個体です。

Img_6096_20190825214601

だから下回りも全く無問題。パッドもまだまだ残りがあります。
古くなると材質が古くなって音やジャダーが出ることもありますので、乗ったフィーリングがよくなければ交換するのもアリですよ

Img_6098

ずっとディーラー整備だったようで、本当に状態が良いです

Img_6102_20190825214601

エアコンフィルターはカウルトップの中にあるようです。

Img_6103_20190825214601

カウルトップは結構取り外しの際に破損のリスクがあります。
長らく日光の紫外線にさらされてプラスチックが炭化してツメなどが折れてしまうのです。

Img_6106_20190825214601

エアコンフィルターは夏場の冷却効果に大きな影響を与えるので、これも定期的な交換が望ましいです

Img_6108_20190825214601

家電もそうですがフィルターって重要ですね。

Img_6107_20190825214601

しかしこのクルマ、乗ると本当に新車のよう。

2019年8月 4日 (日)

成約御礼 ジャガーXタイプ エグゼクティブ

先月の終わりに成約をいただきました。
今度はジャガーです。

Rimg1324

アルペンホワイトのボディ色。状態もかなり良いです。

Rimg1332

不幸にして2100CCのエンジンに1520Kgの車体重という完全に日本の税体系を無視したクルマ。

Rimg1334

しかし恐ろしくキレイなのはヒミツがあります。

Rimg1305

なんと距離が22560Km。これ、本物です。

Rimg1306

ダッシュボードのシボやウッドパネル

Rimg1307

ルーフライニングも恐ろしいまでにきれいというか使用感が無いです。

Rimg1310

もちろん運転席はそれなりに使用感がありますが、それでも相当キレイです。

Rimg1335

これだけ走行距離が若いと、足回りからのゴトゴトやカタカタ音もなく、また、オーディオの感じなどもまるで新車のようです。
でもイタフラのクルマだとこのようにはいかないかなあ、ウチのプジョーも21000kmだけど、ぼろいもんなー

Rimg1337

ヘッドライトにはリコールが出ているそうです。過去に一度リコールが出てヘッドライトとフュエルポンプにリコールが出ているのに、なんとさらに同じ部品が再リコールなのだそうです。

Rimg1340

アルファなんかあんなに燃料漏れが頻発するのにリコールにならないのになあ。

良いクルマが手に入りよかったデス。頑張ってメンテしていきまっしょい

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック