旧車

2019年10月21日 (月)

なんとなくクリアランス

さて、忙しさのあまり預かってからずいぶん時間の経ってしまったパブリカどんどん片付けないといけません。
このパブリカは昭和42年初度登録なので、僕と同じ年。僕が新車だった頃、このクルマも作られたのです。

Img_0415

先の大戦での技術者たちが設計などにも携わっている時代でしょう。それが今も現役で走っているのですから
あ、僕も生きているか。

Img_0416

なにしろ、ここまでの保存状態が良いので基本的な整備に終始します。

しかし、何とシンプルと言うか何もないエンジンルーム。必要にして最低限しかありません。
空冷でしかも2気筒。しかし、走る、止まる為の装備は完全に満たしていて、走りも現代の交通事情の中で遜色なく走ります。

Img_0417

そして恐ろしく小さく、軽いのです。軽自動車並みの大きさに軽自動車より軽い650kgの車重

Img_0418

前後ともドラムブレーキです。
ホイルシリンダが何だか変わったカタチですね。ブレーキを踏むとピストンが出てシューを押す仕組みです。
ディスクブレーキと違ってリターンスプリングがありますので、自分のチカラで基に戻ります。

Img_0419

前後とも全くブレーキフルードの漏れ跡が全くありません。現代のクルマのように優秀。

Img_0420

 ギャップの調整穴 いくら20年以上過ぎたとは言えまだまだ敗戦の記憶も消しきれない時代なのに
今日の、昭和→平成→令和となっても殆ど修理をすることなく検査に合格してしまうのはスゴイと言うより驚きに近いですね

Img_0424

 マフラーは購入時に新しいものをワンオフで作りましたから無問題

Img_0427 

一般的な整備を終えて、陸運局にいざ出陣。ちなみに八王子陸事は先日の台風の影響で車検業務は停止中。

Img_0428 

すばらしいデザインですね。MPIは基本的に修理工場ですから何でも五目に整備できます。

Img_04301

ライトカバーを外して光軸調整に進み、検査は一発合格で終了。
よくできたクルマです。

そして晴れてユーザーの元に返す日が来ました。

Rimg3301

再びかわいがってもらえるでしょう。
オーナーは新座の美容院、トランスパランスの店長さん、山路さんです。
なんとエンスーなお店・・・

2019年3月 4日 (月)

パブリカのマフラー

やっと、やーっとスタートしたパブリカのマフラー製作
今回は日高のおじいちゃんメカニックに全面的に協力してもらいました

Img_4229

もう、現存していないので、ワンオフで作るのです

Img_4230

マフラーのサビ方は絶望的で、しかも何回か補修した跡があります。

Img_4233

もはや補修も限界のようで、形も変わり果てて、排気は漏れるわ、ボディにガンガンあたるわ、外して同じものを作ってもらうことは不可能です

Img_4234

リアマフラーやエキマニなどは再利用できそうなので、それらは使いまわし。
外したらすぐ、おじいちゃんに紹介してもらったマフラー屋さんに持っていきます

Img_4235

この製作所がすごかった。

Img_4237

ここがすごかった。

Img_4239

工作機械のオンパレードです

Img_4243

ワンオフのものばかりで、某メーカーのエキマニやマフラーの試作品を作るのが本業のようです。ちょっと撮影できなさそうな物が結構あるので、気を付けます

Img_4244

いつか僕もエキマニお願いしたいなあ
写せないのですが、溶接跡のキレイなこと・・・

Img_4248

出来上がりが楽しみになってまいりました!

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック