工具 展示会

2019年8月 7日 (水)

ボルボS60 ABSの故障と車載工具

ああなんと月曜から痛々しいレッカーサービスで運ばれるボルボS60の登場です。

Rimg1551

ABS異常を訴えるメッセージがインフォメーションディスプレイに出て、しばらくはそのまま走ったのだけど
自動車の挙動がむちゃくちゃで、恐ろしいのでレッカーを呼んで、週をまたいで月曜に入庫したという顛末

診断機で見るとなるほど右前のABSセンサーのエラーコードが入っています。ここは部品を発注して試乗してみます

Rimg1580

かなり試乗しましたが、異常は現れず 見切りをつけてセンサーを交換してみます。

Rimg1570

ABS/ESPはハブについているコンダクタプレートが回転しているのを信号として、ABSセンサーが読み取り情報を送り、ABSセンサーはヨーレイトセンサーの傾き情報や4輪の回転差異、スピードの上下、スロットルの開度、ブレーキペダルを踏んでるか否かを判断して自動車が正しく前を向き、正常な状態で運転されているかを監視しています。

例えば、急いで細い路地から大きな国道に西部警察よろしく、飛び出してリアがドリフトしたら、ABS/ESPのランプピカピカ点滅し、運転者から一度運転を取り上げてクルマが強制的に前を向くよう勝手に各車輪のブレーキが作動して、その間は運転者がどんなにアクセルを踏んでも反応しない仕組みになっています。

しかし、今やABSのセンサーの回転信号からの情報は大変重要で自動車の速度をECUが共有したりで、ABS信号が途絶えるとクルマが混乱して困ってしまうことが多々あります。

Rimg1572

ボルボの場合はこんなところについているのですね

Rimg1573

これが何かしらの理由で情報を発信できなくなりレッカーの世話になってしまったようです。

Rimg1574 

かなりサビも出ています。

Rimg1576

このABSセンサーはブレーキのバックプレートに隠れるようにしてあるので、少し長い目のトルクスソケットがあると取り外しに便利です。

Rimg1577

新しいセンサーを取り付けました

Rimg1578

再び診断機を接続してエラーコードを消して

Rimg1581

DTCが消えた事を確認して終了です。
とはいえ、ABSユニットそのものの不良が隠れていることも結構ありますので、しばらく乗ってもらって様子を見ます。
ああ、どうかこれで終わりますように

Rimg1582

ところで、今回古いABSセンサーがガジガジに固着して、外すのに結構手間がかかりましたが、このウオーターポンププライヤーで引っこ抜きました。このプライヤーはかなり長い付き合いでして、本当に重宝しています。

Rimg1579

元はと言えばトランスパランスの店長さんがむかーし乗っていた、同じスウェーデンのSAAB900の車載工具にあったものです。
もう17-8年くらい前だと思いますが、廃車の際にとっておいたものです。

今までちゃんと確認したことないのですが、これ、明らかにクニペックス製だと思っていたのですが、どうやら間違いないようですね。造りがそっくりです。

Rimg1592

どちらもMade in Germanyの文字があります。
国産車もそうでしたが、昔の車載工具って結構良いものがあったりしましたね。
特にバブルの頃のインフィニティとかFD3Sとか
まあ、車載工具の性能などプロ用工具からすれば到底使えるシロモノではないのですが、中にはこのような物もあるのですねえ

このオレンジの車載工具のおかげで、本家のクニペックスの「アリゲーター」の出番はほとんどなくなってしまったのでした。
車載だったことを思うと相当無理な任務に就かせますからねえ。

Rimg1593

どちらもW.-GERMANYと刻印があります。うえの車載工具は昭和63年のサーブ900に。僕のアリゲーターは僕が22歳(1989年)くらいの時に買ったもの。つまり統一するドイツになる前の商品なんですね
クニペックスが本社を置くヴッパーダールにはさらにのちに出会うスタンドックスが本社を置く場所なのです。

 

2019年6月11日 (火)

地獄のブースメンテナンス

先日、販売店の大先輩、アイビーの児玉社長と、僕の家のエアコンのが壊れて交換する話をしましたら
児玉社長は「家は25年異常経っているから、あちこちのビルドインエアコンは壊れて、代わりに普通の据え付け型のエアコンを使ている」と
古くなるとみんな壊れるんだよ。と言うハナシをしたばかりでした。

MPIもこのブースをここに設置したのが平成9年の1月でしたから22年以上前、僕が29歳の頃です。当時、800万円を軽く超えるリースを組むのに保証人を2人、兄と父にお願いしたのを思い出します。
しかしどんなに大事に使っても経年にはかないません。必要に応じて修理や改良を続けて今日でもこれが無いと塗装作業はできません。
塗装ブースのメンテナンスは主にフィルターや消耗品の交換なのですが、排気ファンにこびりついた塗装のミストをはがさないといけない時期もあります。
塗装ブースの稼働率が低い僕のところではだいたい8年に1度くらい行うのですが、今回は激しい振動が出て、強制的に清掃することになりました

Img_7093

防塵マスク、ゴム手袋、いらない帽子と完全防備で
ブース脇にある点検口から中に入ります

Img_7095

この2畳くらいの大きさにの中に入って排気側ファンや壁の塗装ミストを取り除きます

Img_7096

ちなみに向かい側にある吸気側ファンはこの通りキレイです

Img_7103

仕切り板を外していきます、まるでウエスティングハウスかどこかのプラント工場みたいです。

Img_7097

手作業でガリガリはがしていきます

Img_7100

ファンにはこのようにミスト堆積してやがてファンの重さの中心が狂い振動を出すのです。振動を出してからでは遅いのではありますが・・・ 

Img_7108

ひとしきり汚れを落としたらファンそのものを外します。ちなみに一般の鈑金工場はこんな事、まずやりません。
外部に委託して行います。僕はお金がもったえないので自分でできることはなんでもトライしたい... 

貧乏はクリエイティブなのです(笑)

恐ろしくがっちり嵌合しているみたいで取れません。プーラーで引っ張ります

Img_7110

紀元前に発明されたらせんの仕組みは今日でも最強であります。

Img_7112

スピンドルから外れました。巨大な洗濯機のようです

Img_7113

この巨大なシロッコファンが重いのなんの。30kgくらいはあったと思います。
この後、部品ごとにはがしてキレイにします

Img_7114

既にバケツ一杯くらいのミストというかデブリがあります。さらにこの部屋の中のミストもはがしていきます 
ちなみにこれらもウレタン結合しているとは言え、体には決して良くないもので、しっかりマスクをして作業します。

Img_7116

ここから地獄の苦労でどうにかファンを所定の位置(1か所スプラインがある)に戻して
と思いましたが、全く入って行きません。取り付けも圧入していきます。
長いボルトにいろいろカラーを挟んで締めこんでいくのです

Img_7120

とんでもない苦労の末にうまく取り付けできました。
10時半から始めた作業も5時近くです。 

Img_7121

軽く手で回して異音やガタを見ます。大丈夫なようです。

Img_7123

作業を始める前はこんな色  

Img_7096

作業が終わった後はこんな感じ。こうして塗装室は保守管理されていくのです。

Img_7128

試運転して、ちょっと調整したりで結局作業の終了は午後6時を回ったころでした。

疲労困憊です、髪の毛は粉だらけ、顔も真っ黒になり、炭鉱から出てきた人みたいになります。

このブースを設置した年の9月に長女が生まれ、今では就職活動するまでになりました。まだまだブースも負けずに元気に仕事に従事してくれるでしょう

2019年6月 2日 (日)

おもしろ工具

昨年の工具フェアで見てから1年間、考えた抜いて絶対買おうと心に決めていた工具が届きました
先の工具フェアで買ったものの一つです

Img_6875

楽市楽座。なんという工具名。この工具メーカーはこんな名前ばかり

使い方は下記の通り

61fz65g5rzl__sl1000_

超アイディア工具。まだ実践投入していませんが、166のヒーターコア交換でどうしても使いたい場所があるのです

Img_6874

10mm

Img_6873

このようにしてくるくると回すのです

Img_6872

実際に使うには少々練習が要りそう。中指にはめるか人差し指にはめるか。 

Img_6870

さらにこんなのとか(笑)。これで上の絵のようにして入れられれば曲芸のよう

Img_6869

こんなイメージ

D91b12426c3a4a4e99a918ce6d21a9ab

13mmもあれば助かるのにな

まあ、プライベーターで買う人はいないとは思いますが、こいつは使えそう

 

 

2019年5月26日 (日)

中村オートパーツ工具フェア

自動車部品の取引先、中村オートパーツの工具フェアに行ってきました。
今年はホントはオートサービスショーに行きたかったのですが、諸般の事情により叶わず、こちらの方を楽しみました

しかし今年は暑い。いったいこの先どうなっちゃうの?っていうくらい暑いです。 

地方の部品販売店が行う工具フェアとしては最大級ではないかと思います。他を知らないけど。
これは素晴らしいもので、ぜひ未来永劫続けていただきたい 

Img_6698

だから大変多くの出品店があるのですが、選り抜きで参ります。

工具の王様スナップオン。MPIにはこの手の工具屋さんが来なくなって久しいです。MACツールの人はどしちゃったのかな?
工具の修理を頼んで1年以上になるけど...

Img_6705

これはもう少ししっかり話を聞けばよかったのですが、昔はあまりに高額で手が出なかった、シートをきれいにするケルヒャーの名作

Img_6712

洗剤をノズルから出して、スイッチを入れ替えて吸っていく

Img_6713

まあ、場所を取りますが、本革のシートにはどうなのかなあ?白いシートとかに効果があるなら欲しいなあ

Img_6714_1

この日一番見たかったのがSATAの販売店

Img_6717

でも実はサタの新しいガンJet5500シリーズは、実は5000のノズル違いということが事前にわかっていて、それほど見ませんでしたが

Img_6719

まあ、ガンの高い事ったらないですな。でも

Img_6720

僕この日、以前輸入したサタのTシャツ来ていたのですが、この方がなんと、「そのTシャツ、奄美大島の方が着ていましたよ」と
その方ってまさか...

Img_6721

 

後付けの踏み間違い防止装置が人気なようです。鈑金業界は今や、若い人ではなく年寄りに食わせてもらっている感が強いからなあ

Img_6725

各社だんだん新型冷媒R1234のゲージを出してきましたが、ガス1本が9000円とか10000円とか言っていたなあ。これから必要になりますよって言われたけど、相当うまくぶつけないと、この最新のガスを載せているようなクルマってぶつからないんじゃないの?
写真はふつーの134aのゲージ。

Img_6726

違うところでもサタのガンを売っています。こちらは通常の5000ですね。

Img_6732

なかなか安いですが、通常のスプレーガンよりかはかなりお高い。
それでもオーソリティは手を伸ばしてしまうのですよ

Img_6731

今回僕も買ったゲージ。結局日本の老舗のメーカーのを買いました。

Img_6733

そう遠くない未来に考えなければいけないのが診断機です。
今のランチはベストバイでしたが、スマホベースですからいつ壊れるかわかりません。
ランチのサポートはなかなか優れていますが、昔よりずいぶん販売方法が変わってしまいました。

ちなみにこの型の中級モデルからは書き込み、つまりコーディングも可能なのですが、そこは一切サポートしていないそうです。
そこのサポートが一番大事なのに。ECUには一度書き込んだら2度と書き込みできないものあるので、そこのサポートを充実させてくれればいろいろ良いのになあと

Img_6735

もはや、工具ショーの主役ではなくなった大型修正機。しかし一社だけ気を吐くMSジャパン

https://www.msjapan.co.jp/

イタリア好きのウチのブログの読者さんには結構イケているのがあるかもしれません。

Img_6737

一度聞きたくて、ちょうどいいタイミングだったので、左端のイタリアの板金屋さんというスタッフの方に聞いてみました
僕:イタリアの鈑金屋さんはみんなこんな修正機を使っているの?
イタリーの人:使っている。
僕:本国でもこんなに高価なの?
イタリーの人:うーん、そんなことはない。もっと安い...というかいろいろなバリエーションがあるから
僕:日本では修正機でがっちり直すような大きい仕事がかなり減っているが、イタリアでもそうか?
イタリーの人:それはない、イタリア国内では大破のクルマをよく直す
新しいマテリアルは硬く直しにくいので、こういった機械は必要だ。
僕:新しいテクノロジーで鈑金修理の仕事は減っていくように思うが
イタリーの人:そうなると思うので、小型及び大型トラックの大破修理が間違いなく儲かると思う。スクーリングも完備している
また、最近高騰しているR32スカイラインなど旧車のレストアにもユニバーサルジグタイプは使える。

Img_6739

そんなことを話しました。メーカーの人なのでなかなかホンネは言えないとは思いますが、少しいい話が聞けました

Img_6740

やはりドライブレコーダーは人気でした。
ただ、僕らが仕入れる値段が書いてありますが、おそらくアマゾンの方が安いです。
ネットはそれほどまでに安いのです。

Img_6741

新しいゾーン30に対応したGPS付レーダー。
最近の事故を踏まえて取り締まりが厳しくなるそうで

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kotsu/jikoboshi/torikumi/sokudokanri/torishimari.html

Img_6744

またすでに運用例もメーカーの方が熱弁をふるっておりました

https://bestcarweb.jp/feature/column/2829


そして、今年もおじさん大喜び。

Img_6745

2019年4月24日 (水)

ホースバンドプライヤー

以前からEくんが使っていたので、実績が豊富なファコムのホースバンド用プライヤーを買いました
欧州車各社は、この脱着しにくいホースバンドを使うので、脱着工具があるのが当たりまえですが

Img_5471

とりわけ通常のバンド脱着業務ではこれがベストバイの呼び声高く、今更ですが買いました。約2万円です…

Img_5472 

このプライヤーの優れている所は3か所のジョーを持っていることです。

Img_5473

ですから様々なシチュエーションで作業が可能です。

Img_5474

このような簡単な場所ではかなりな精度で脱着が可能です

Img_5475 

横でも縦でも大丈夫

Img_5476

ここぐらいまでの狭い場所の脱着どうにか可能です。

Img_5478

本当に狭い場所では以前買った方に軍配が上がります。

Img_4214

やはりジョーが可動式なのにはかないません。

Img_4215

作業をサポートしてくれますが、値段が高い…

 

 

2019年3月 7日 (木)

Hazet das werkzeug

先日行った日産の工具展示会で買った工具が、分厚いカタログと一緒に来ました

ハゼットです。

Img_4208

スタビレーはかなり昔から使っていましたがハゼットはほとんどありません。ヘックスの強さは昔からドイツ工具には定評があり、964のポルシェのドアミラーを外すヘックスや、3mmなどの細いヘックスで昔からハゼットを使っています。

今回初めて駆動工具を輸入元から買ったのですが、正直なところ、実に素晴らしい

Img_4213

この1/4のラチェット。ステンレス製だそう。歯数は27くらいなのかな? 今日の小さい送り角のラチェットとは違い昔ながらの感じ。
しかし、高トルクに強く、しかも圧倒的に作動が軽い。

Img_4212

今、使っているスナップオンの1/4はどれも作動が重く、あまり好きではありません。
直したいけど、セールスバンが来ないからできないと

次は特殊なソケット。差し込み角1/2ですが、なんかヘンなカタチ

Img_4219

楕円の丸っこい形は

Img_4218

このストラットのロアアームにつながるフォークの根元、ストラット側にボルトで止まっているのですが、ぎゅっと締まっている所を強引に開かせるスプレッダーです。
あ、バッテリーの端子を思い出してもらえれば解りやすいかな?

Img_0086

ホースクランプのセッターです。今のものは使いにくいので、これを買いました。

Img_4214

次回には実践投入できるでしょう

Img_4215

今回最も期待を寄せるツールがこれです

Img_4216

なんか、グリルを外すときに引っ張るツールらしいですが、いろいろな物を引っ張れそうな予感

Img_4217

そんなハゼットですが、皆さんも手に取ってみてはいかがですか?

http://www.hazet-japan.jp/

スタビレーは今まで何度も接する機会があったのになあ。

2019年2月24日 (日)

日産部販の工具展示会2019

日頃から取引のある日産部品埼玉の工具展示会に出かけてきました

Img_4066

毎年行っているヤツですね

Img_4067

中ではいろいろ売っています。高級なつなぎ屋さん。良い値段しています。僕のところならいわゆるよそ行きつなぎ。おでかけつなぎとか?(笑)

Img_4068

当然工具が主体です。一般の人にはもうひとつなじみの薄い特殊工具

Img_4070

なーんか、エアツールで必要なものがあったような・・・

Img_4071

ジェントスのLED。この後思わぬカタチで見ることになるのですがね。
もちろんうちの工場でも使っています。LEDとしてはベストセラーかもしれません

Img_4072

溶接機のスズキッド。6月にTIGを出すそうです。かなり興味があります。
交流/直流のものでも10万円ちょっとらしいです。

Img_4074

一方、溶接のスペシャリスト向け 高級溶接機
ここは様々な溶接商材を持っていて棒ハンダや特殊鋼材用のMIGワイヤーなど豊富なラインナップ。その中でもこのTIG溶接機、63万円。

Img_4076

チタンの溶接もできます。アタッチメントにより最適な距離で溶接できるようです

Img_4077

しかし値段が・・・

Img_4075

最近はこのようなものが人気あるようです。
純正HIDで光量が出なくてLEDに換えると
反射板がマルチリフレクタータイプには効果がないらしいです。
クアトロポルテやバルケッタのようなプロジェクタータイプには効果がかなり期待できるようです

Img_4084

ランチテックがいろいろ変わってしまい、内容はほぼ同じのスキャンパッド。やがてはこちらになるだろうなあ

Img_4086

ボールジョイント外しツメが芸術的に薄いのです。新潟の何某で作られているそうです。
ホンダやダイハツなどが純正採用しているとか

Img_4089

ドイツのハンドツール大手ハゼット。今年も来ていました

Img_4090

商品が結構な値段しますからホイホイ買えません
しかも変わった工具が多いですよ。

左はアルファロメオのV6のサージタンク脇のフュエルパイプのコネクターを抜く専用工具
あとはプラグコードやIGコイルを引き抜くための専用工具

Img_4092

これ、すごいですね。

Img_4095

1インチです。1/4→3/8→1/2→3/4→1インチと言う並びです。
1インチはなかなか見ないですね。産業機械用です。これだけで5万円以上するそうです

Img_4096

おもちゃも売っています。もうこういうのを買って帰っても喜ぶ人間がいなくなってしまいましたが・・・ すると、孫・・・?

Img_4099

この手の展示会には必ずと言っていいほど健康器具メーカーが出品します。
福利厚生費向けなのでしょうね

Img_4103

これ、欲しいなあ。

さて、少し工具を買いましたがそれは後日紹介いたします。

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック