アルファロメオジュリア

2019年4月 3日 (水)

ジュリアのACC電源

先日、フロントの塗装作業したジュリアのTips

Img_4897

お客さんのご要望でドライブレコーダーを取り付け作業がありまして、最近のクルマですから電源をどこから引くか?
これが最も重要な問題となります。

OBDにCAN-BUSアダプターを付けて…なんてことも考えましたが意外なところに良いものがありました。

助手席の足元の所に、ボディコンピューターの点検口がありまして

Img_4891

ここを開けるとヒューズボックスが現れます

Img_4893

ヒューズから電源を拝借する分には問題なさそうです。
しかもこのヒューズボックス、上一列がいわゆるACC電源で、下一列が常時電源となっているようです。

Img_4894

ただ必ず、テスターで確認して、特に大きい電流を必要とする部品(60Wより上くらいかなあ?)を接続する場合は
バッテリー直結の配線などから電源を受けて、ひとつリレーを使うのが望ましいと思います。

 

2019年3月31日 (日)

簡単にはいかないジュリアのナンバー移動

ナンバープレート位置を直すオーダーです

Img_4445

取り外したバンパーは塗装の為、すべて分解します。

グラジエターグリル、バンパーグリル2つ、裏側はブレーキダクト左右、アンダーカバーと外すものは輸入車としては一般的な内容

Img_4342    

まだ1年も過ぎていないクルマですが、いきなりボルトが共回りしイタリア車の洗礼を受けたのは既報の通り

しかし、こんな網だらけのバンパーはマスキングで塗装するのはリスク高すぎです。
マスキングした際の塗装膜強度、つまり剥離の不安。また必要のない部分の塗料の付着です。

Img_4612

しかし、がっちり何か所も焼き止めされていて切り離しは容易ではありません。

Img_4615

かくなるは削り取るより道がありません。帰り道はボンドによる接着です

Img_4616

このアンダーカバーを外さないと、他のバンパーグリルが外れない仕組みには本当に参りました

  Img_4849

塗装が終わったらボンディングのリハーサルです。

Img_4852 

こんな感じでしっかりサポートします。

Img_4854

どうにかもとに戻りました。これは意外に大変でした。
難しいとか言うより大変なのです。

Img_4875

基本的に専用のエポキシ系接着剤を使います。

Img_4876

接着後は見える側には全く影響は出ません
これはアンダーカバーを取り付けた後です

Img_4877

バンパーを取り付けたら、ナンバーホルダーを取り付けます。

Img_4880

トラムゲージで高さを揃えます

Img_4883

下がるとあまりカッコよくないので、ここは慎重に

Img_4884

ホルダーはプリウスのものをお客さんから指定されています。
位置をお客さんに確認してもらったら、本取り付けです

Img_4886

 実車にはなんだか頼りない短いビス4本で止まっていましたが、こちらは安全を考慮して、ブラインドリベットで固定します

Img_4911

出来上がりました。デフォルトと比べるとかなり外側に移動したことが解ります。

Img_4915

↑ 移動後 

↓ 移動前 

  Img_3777

 

Img_4913

↑ 移動後
↓ 移動前

Img_3775

こだわりのある方はこういったところから違うのですね。

 

2019年3月15日 (金)

バンパー ナンバー

フロント周りの飛び石を修理中のジュリア。

Img_4313

併せてナンバーの取り付け位置の移送も行います。

Img_4315_2

ナンバープレートホルダーはお客さんの希望でトヨタのものを使って、プレスラインに沿って付けるようにします。従来のナンバーホルダーの穴が見切れてしまうので、それは直します。

黒いクルマですからキズは目立ちやすく、修理は困難を極めます。

Img_4317

上側のデカいトルクスのボルトを数本外してサイドはライト下にボルトがありますが、従来と違うのはボルト数がかなり少なくなっています。

Img_4318

まず、フェンダーライナー:フロントを左右とも外します。
10mm頭の6mmのボルトを2本抜いて返しを外して引っ張ります

Img_4320

しかし、硬い硬い。このまま無理すると壊しますので、塗装室に放り込んで熱して外しやすくします。

Img_4321

60℃10分であぶります

Img_4323

準備して引っ張りますと

Img_4324

するする簡単に外せます。

Img_4325

しかしレンジローバーもそうですが、世界的にバンパーの構造物が接着だったり、焼き嵌めだったりして、塗装する側はかなり労力がかかるようになっています。

Img_4446_2

結局、バンパーの部品は焼き嵌め部分ばかりで、バンパーグリルなどは外せません。

Img_4447

アルファのクルマ作りも世界基準を準拠しているのかな?

Img_4334

かなりしっかりしたサイドサポートです。上側はビスやボルトはなく、刺さっているだけ

Img_4336

下側のサイドサポートも基本は挿してあるだけ。BMWなんかもそうですが、このとよたスタイルのサイドサポートは世界標準となったイメージがあります。

Img_4337

唯一、分解できるラジエターグリルも、こんなに新しいクルマなのに、ビスが建込のナットと共回りして外れません。根性で外します。

Img_4342

ボルトが抜ける前にナットが抜けてしまいました
戻す時はボンドを入れて固定します

Img_4346

元のナンバープレートホルダーが付いていた穴を消します。
軽くベルトサンダーで削って、骨材のテープを張ります

Img_4356

表側もやはり強めにサンダーで削りこんで、骨材テープを貼って
エポキシボンドでガッチリ埋めます。

Img_4361

硬度も程よく、密着性に優れているのでバンパーの補修にはちょうどいいです

Img_4357

軽くパテで成形して

Img_4364

サフェーサーを塗って、次の作業に備えます。

Img_4443

今日はここまで。
ここからがたいへーん

2019年2月16日 (土)

アルファロメオジュリア試乗会

先日、新しいジュリアをお買いになったお客さんが、さっそく見せに来てくれました

Img_3775

ジュリア スーパーです。うーん、やはり、写真と実物に乖離があるんだよなあ。


Img_3752

実物ははるかにかっこいいです。横幅が166より大きく、長さは同じくらい?
Img_3756

やはりぐっとモダンなイメージ。

Img_3757

でもなんと言っても高級車感が強く感じられます

Img_3759

例によって絶妙なプレスラインがいくつも走ります

Img_3753

オーバーハングはかなり短め。けっこうなシャコタンでも大丈夫そうです

Img_3761

スーパーだけあって、内装は豪華です本物のウッドパネル。イタリアのお家芸のレザー張りもふんだんに使われていますよ

Img_3763

真ん中の液晶にはエンジンをかけるとアルファのオーナメントが

Img_3764

ナビはなく、巷で噂のグーグルカープレイが出ます。iPhoneの画面がそっくり出ますから便利ですね

Img_3768

エンジンもなかなか強力です。

Img_3771

そして何より気になった、601「NERO」というカラーコード。この色、相当古くからありまして、1980年代から使われているようです。探せばそれ以前から使われているようなデータも出てきます。昔のジュリアに敬意を払うかのように。

Img_3772

ドアヒンジも古くからの蝶番のところで脱着できるタイプ。

Img_3773

少し大きめのインテリジェントキー。

Img_3774

10kmほどドライブさせていただきました。

Img_3778

レーダークルーズにアイドリングストップ、普通のトルコンATでありながらパドルシフトでのモーションが可能と、かなりモダンでありながら、電子制御のつかないサスペンションとなかなかアルファらしい選択もあります。

だれと乗ってどこにいっても絵になるクルマでした

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック