ルノーカングー

2019年9月16日 (月)

カングーのミラー交換

いやー、連休でした。みなさんいかがでした?
あたくし、今月は結構なハースケでありまして、仕事でハースケなのではなくプライベートがハースケなのであります。

体の悪い年寄りの面倒を見ることになり、その準備と、例年のことですが地元の神社のお祭りに加え、甥っ子の結婚式がありまして
それがまた1週間のうちに全部行われ、その準備は2週間前から本格化。まだ残り1週間後にさらにいろいろ作業があって
自動車の修理の仕事がかなり滞っています。

そんな中行われたミラー交換。

Rimg2482

色を合わせます。ミラーカバー単体の塗装なので気は楽ですが、白い色は何気に奥深い

Rimg2484

当然、カラー番号がありますので、データ通り作るのは簡単ですが、だいたいデフォルメしすぎてしまいます。
僕は白い色は白原色からスタートして、何かしら色を入れて近づけていきます。

右はデータ通り 左が白原色に黒などを足したもの
一見グレーに見えますが、作ってみると意外に色が濃いように見えます。 

Rimg2486

これがデータ通り。

Rimg2488

これが後から作ったもの。よく見て、拭いたりしないと水垢の分までわずかに調色してしまいます。

Rimg2490

新品はグレーのプライマーで来ました。ベースコートシンナーで溶けるので、この上から塗装します。
脱脂はプラスチッククリーナーだけです。

Rimg2491

既に組んでしまいましたが

Rimg2515

ミラーベースはこんな感じ。取り付け前にコネクターのピン位置を確認して
パコーンとはめ込むだけです。

Rimg2513

台風が猛威をふるった一件でした。
千葉県や神奈川県など台風により被災した方が一刻も早く笑顔を取り戻せるよう、心よりお祈り申し上げます。

カングーのミラー交換

いやー、連休でした。みなさんいかがでした?
あたくし、今月は結構なハースケでありまして、仕事でハースケなのではなくプライベートがハースケなのであります。

体の悪い年寄りの面倒を見ることになり、その準備と、例年のことですが地元の神社のお祭りに加え、甥っ子の結婚式がありまして
それがまた1週間のうちに全部行われ、その準備は2週間前から本格化。まだ残り1週間後にさらにいろいろ作業があって
自動車の修理の仕事がかなり滞っています。

そんな中行われたミラー交換。

Rimg2482

色を合わせます。ミラーカバー単体の塗装なので気は楽ですが、白い色は何気に奥深い

Rimg2484

当然、カラー番号がありますので、データ通り作るのは簡単ですが、だいたいデフォルメしすぎてしまいます。
僕は白い色は白原色からスタートして、何かしら色を入れて近づけていきます。

右はデータ通り 左が白原色に黒などを足したもの
一見グレーに見えますが、作ってみると意外に色が濃いように見えます。 

Rimg2486

これがデータ通り。

Rimg2488

これが後から作ったもの。よく見て、拭いたりしないと水垢の分までわずかに調色してしまいます。

Rimg2490

新品はグレーのプライマーで来ました。ベースコートシンナーで溶けるので、この上から塗装します。
脱脂はプラスチッククリーナーだけです。

Rimg2491

既に組んでしまいましたが

Rimg2515

ミラーベースはこんな感じ。取り付け前にコネクターのピン位置を確認して
パコーンとはめ込むだけです。

Rimg2513

台風が猛威をふるった一件でした。
千葉県や神奈川県など台風により被災した方が一刻も早く笑顔を取り戻せるよう、心よりお祈り申し上げます。

2019年9月11日 (水)

カングーのミラー破損

つい先日オイル交換をしたカングーが思わぬ形で入ってきました。

Rimg2365

先日の強力だった台風15号の爪痕で、ミラーが壊れてしまったのです。。

Rimg2366

なんとかわいそうなことに、ミラーが中身までやられています。

Rimg2367

さっそく取り外して中身も見てみます。

Rimg2368 

比較的簡単に外れるのは欧州車の良い所。国産車ではこうは昔から行きませんでしたからねえ。

Rimg2369

外気温センサーも付いています。

Rimg2370

ヒーターの熱線もあるじゃないですか。

Rimg2371

ドライブユニットのガイドが無くなっています。

Rimg2372

本来ここにはギザギザのレールがあるのですが、粉々になってしまっているようです。

Rimg2375_20190910233801

この部品は出すメーカーと出さないメーカーがあります。
ルノーは後者で、アルファロメオは前者ですねえ。

Photo_20190910234501

残念ながらミラーASSYでの交換となります。
あの、ガイドは割れやすいので、分解するときにも気を遣う場所です。

ルノーはいろいろ日産と揉めましたが、今も日産に部品発注するのです。

 

2019年8月25日 (日)

カングーⅡ 車検整備

世の中ではデカングーの愛称で区別されるカングーⅡ

Img_6071_20190825214501

先日買っていただいた物です。このクルマ、実に高い、これは26年ものですが、この型のモデルのATは本当に奪い合うように高いのです。
この一つ前のラジエターグリルの無い方はまだ安いのですが、それでも決してお買い得とは思えません。ちなみにこのカングー人気、先代のモデルにも波及していて、先代も内容が良ければ決して安くは買えません。

Img_6073_20190825214501

とはいえ、このクルマ、フランスの自動車です。いわゆるイタフラに属するクルマですから、このクルマの新しいユーザーはドイツ車からの乗り換え組なので、先々かなり心配があります・・・

エンジンはおなじみK4系エンジンです
そういえば先日、タイミングベルトの交換後エンジンがかからなくなった旨の電話をいただいた業者さん、お伝えした電話番号が間違っていたので、もしこれをご覧になっていたら再度電話ください。

Img_6075_20190825214501

3.6万キロで、ちょうどブレーキパッドを使い終わった感じなので前後とも交換することにしました

Img_6076_20190825214501

見事なくらい使い切っています。ちなみに坂の多い場所に住んでいる方は、パッドの減りが顕著なケースが多いように思います
かなり前に今は疎遠になってしまいましたが、八王子の急な登りと下りの両方がある場所に住んでいた方がいて、ブレーキパッドが2年持たないんですよ。1.5t未満の乗用車でしたが。

Img_6077 

リアのブレーキはヨーロッパ車では本当に多い、パーキングブレーキ併設タイプのリアキャリパー。
因みにマツダもこの方法を散見しますね。

Img_6080

このタイプのキャリパー、ピストンを戻すのが本当に大変。

Img_6085

エンジンオイルはリキモリの5W-40ライトドライブハイテック

Img_6087_20190825214601 

毎度大変ですが、エンジンオイルフィルターはなかなか外れません。

Img_6089_20190825214601

おそらくこのフィルターパッキンが熱で少し融着するのでしょう
当然、戻すのは手で閉めるだけなのですが、次に交換するときにやはり上の画像のように苦労して外すようになってしまいます。

Img_6090_20190825214601

当たり前ですがA/Cコンプレッサーやオルタネーターがまだキレイ。

Img_6092_20190825214601

ブレーキフルードはブレーキ整備の要ですから2年毎に交換しましょう

Img_6095  

新しくて距離が短いので、車検もそれほど手がかかりません。

2019年7月 8日 (月)

カングー再びの再び

しかし時が経つのは早いもので、もう今年も折り返しを過ぎて、どんどん年末に向かって突き進んでいます。

今年の夏は今のところ雨ばかりで気温が低いので過ごしやすく、仕事もしやすいので良いですね。農産物は心配だけど


先日、なんだかいろいろ整備したカングーが再びストールを起こすようになり、そのまま様子を見てもらっていたらなんと、レッカーで入庫する事態になってしまいました。
ストールから再始動困難になり、レッカーと。しかしMPIに運ばれる頃にはエンジンが再始動可能に。
典型的なクランク角センサーの異常の症例です。しかし・・・ このカングーは2年たたないくらい前に車検と同時に同じ場所が壊れ、交換した履歴があります。
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-7c5f.html

しかし、もうどうこう言っていられないので作業します。

Img_5927

診断機上に乗っているのはこれ。ランチ(本来の発音で言えばローンチ)のデスクに聞いたらフライホイールセンサーで間違いないですね。って前回違うの言わなかった?

Rimg0420

トランスミッションの歯数を読むセンサーなので一番下の方にあります。

Img_5928

前回も書いたと思いますが、このサーモハウジングというかオイル通路のブロックを外さないとセンサーを見ることすらできません

Img_5929

外す際にオイルがセンサーに落ちますから、漏れたオイルが落ちて壊れたのかは検証できません。ただ真上にオイル通路があるのでそこから漏れれば壊れるとは思います。

フライホイールの信号用ディスクの溝が見えます。これで点火タイミングを決めています

Img_5930

で、新しい部品と取り外したセンサー。センサーにはメイドインイタリーと書いてあります。ささすがのイタリア製(笑)

ちなみに新しいセンサーはさらに小変更されていました。

Img_5935

本来、コネクターも同時交換なのでが、すでに前回交換していますので、今回は当たり前ですが使いまわし。

このコネクターが1万数千円もするのですから!

 Img_5939

再び組み付けておしまい。

Img_5946

なかなか手強いカングーも既に13年落ちですか?

Img_5947_20190707183601

恵まれたユーザーの元にあるクルマは幸せです。

2019年6月 5日 (水)

続・カングーのエンジンストール修理

スロットルボディを交換してエンジンストールが解決したように見えたカングーでしたが
MPIからの帰り道に早くもストールが発生。

なかなか根が深い。再び預かりましたが今回は早々部品を読んでいたのでいたってスムーズ

Img_6799

まずはエラーコードの確認。やはりフライホイールターゲットが入っています。
うーむ。しかし、かくなる処方はコレ

Img_6891

スパークプラグ。距離的にはまだ交換時期ではありませんが、白金プラグとて減らないわけではありません

Img_6886

さっそく交換します

Img_6887

やはり減っています。

Img_6889    

こちら新品のイリヂウムプラグ。

Img_6890

一度すべてのエラーを消して試乗に出ます。だいたい30km弱。

データストリームで数値や作動状況を見ながらです。 

 Img_6902

こちらは一度消してもまた入力されてしまいます。これは後から対処しましょう 

Img_6903

各数値が正常なのがわかります。大気圧に吸入空気温度、アイドリング回転数、アイドルコントロールバルブ。
これらは燃料の噴射量を決めるのに重要な役割を果たします

Img_6902

アイドリングのターゲットスピードは768rpmを準拠させたいようです

Img_6901

O2センサーで燃料の濃い薄いのトリミングを行います。またこの自動車はエアフローメーターを使わない代わりにマップセンサー(バキュームセンサー)で吸入空気量を測っています。だからマニホールド圧力が重要なのです。エアフロが入って来る空気量を測るとすれば、マップセンサーは吸い込んだ空気量を測定しているのです。

Img_6904

30kmの試乗では全く調子悪さは見られませんでした。ここでオーナーに一度返して様子を見てもらいましょう。

同時にバックオーダーだったブレーキスイッチが来ましたので交換します。 

Img_6906

これは国産輸入車関係なく壊れます。壊れるとギアシフトが動かなくなったり、ブレーキランプが付かなくなったりします。

Img_6907

取り外した方のスイッチは引っ込んだまま出てきません。これが先のDf135 235を出現させていたのでしょう

Img_6908

ほら!消えました

Img_6910

トランスミッションの方も消えて完全にエラーコードが消えました

Img_6911

あとはひたすら乗ってもらって、情報を蓄積していくより道はありません。

2019年5月30日 (木)

カングーのエンジンストール修理 

 こちらもよくこのブログに登場する常連さんです。
常連さんになっちゃあかんのですが...

今回はエンジンの頻繁なストールの修理です。

エンジンがとまってしまう原因は主に
点火信号、燃料のデリバリがあります
具体的には点火時期を決めるクランク角センサー、カム角センサー
点火そのものを行うプラグやイグニッションコイル

あとは燃料ポンプ、スロットルボディおよびアイドルコントロールバルブ

Img_6514

エアフローセンサーやO2センサーでアイドリングができなくなる場合もありますが、あくまで補正なので主信号などからは外れます

しかしこのカングーと言うクルマ、実に不思議な魅力のクルマです。
その魅力にやられた人を大変多く見ます

Img_6515

さっそく診断機を接続。

Img_6516

出ますねえ。でも、一番上はATとエンジンECUの通信不良
2番目は置いといて、3番目は車速センサー、4番目はブレーキスイッチ
5番目もそのブレーキスイッチに関係しそう

Img_6522

一度消して試乗を繰り返します

Img_6520

でも同じコードが入力されます。

Img_6524

ちなみにATの項目を見てみるとやはりECUとの通信不良

Img_6526

となるとDf189のFlywheel Targetなるエラーコード、これがくさい。
一見、クランク角センサーの不良を指すようなコードですが、ランチのサポートチームに尋ねると、マニュアルには
空燃比異常、フューエルトリムの異常とのこと。

全体的にアイドリングが低く、アイドリングを保てなくてストールするような感じ。
特に重い負荷がかかるハンドルを切ってバックするときなどは比較的再現率が高い感じ。

そのことと、1年半ほど前にクランク角センサーを交換している事からスロットルボディの交換に踏み切りました

Img_6685

取り外しは比較的簡単

Img_6785

こちら新しい方。

Img_6788

診断機にTAS学習の項目が無かったのでそのまま取り付けていきます

Img_6789

スロットルボディの取り付く場所はきれいにふいておきます

Img_6790

こんなロケーション

Img_6791

止めているボディには左右指定があります

Img_6792

この車、エアフローメーターがありません。代わりにMAPセンサーでコントロールしているようです

Img_6793

走らせると以下のように変わりました。時々ギアが動かなくなることがあるらしいので、ブレーキスイッチがダメなのは容易に想像がつきます。スピードセンサーは文字通り車速センサー。
このコードたちは消えませんでした

Img_6795

いろいろなシチュエーションを乗りましたがストールはしなくなったようです。
もう少しファストアイドルが長くてもいいように思うんだけどなあ?
と思いながらもお客さんにお返しすることになりました

ところが、この後、恐怖の続編がまだあったのでした

 

2019年3月 6日 (水)

ルノーカングーの車検整備 後編

先日の続き。今回は油関係とフィルター関係中心に

Img_4256

エンジンオイルは結局、僕の好きなこれ、Mos2 10W-40でまいります

Img_2219

続いてエアフィルターの交換

Img_2220

エアインテークチューブを外して取り出したるエアフィルター
結構、汚れてます。

Img_2225

エアコンフィルターはカウルトップベンチレーターを外して交換

Img_2226

カウルトップを外すだけでも手間なのに、さらにフタが続きます。

Img_2228

デンソー製なのですね。デンソーはヨーロッパでは社外部品のサプライヤーとしての一面もあるのですねえ

Img_2230

続いてATF。まず、一番外側のドレンプラグの後、オーバーフローチューブを抜きます。
6mmのHexだったかな

Img_4262

ちょうど1年前に交換していますが、ユーザーたっての希望で交換します。
AL4とかのATはATFを交換すると、とてつもなく良いのですよ。

Img_4264

チューブは今回は使いまわしますが、次回は交換しないといけませんね
何本かスペア持っておこうかな? こんなつまらない部品がTMの中で割れちゃったら、オイルパンも無いし、いきなりAT外しになってしまいます。

Img_4265

続いて、ATFを入れます。リキモリのATF、トップテック1200を使うのです
よく、何度も入れ替えたりする方もいますが、1度に何度も交換するのではなく、このクルマのように何回かに分けた方が、僕は良いと思います。

Img_4260

このちっさい穴からATFを入れるのです

Img_4257

約3L抜けたので、先に3L入れてエンジンをかけます

Img_4269

油温が60℃まで上がるのにうんと時間がかかりますから、お茶を飲んで、油温が上がるのをまちます。

Img_4270

今回は50℃を超えたあたりでソレンを開放し、、さらに上から約500ccを足して、余分なATFを輩出させて、66℃くらいでドレンを締めました。

Img_4271

あとは陸運局に持ち込んで、検査を受けるだけです。

2019年3月 5日 (火)

ルノーカングーの車検整備 前編

ルノーカングー、車検といっしょにいろいろ整備

Img_2172

まずは先日来たショックアブソーバー交換

Img_3976

倒立のストラット

Img_2173

ガチガチに締まってるストラットのオルトナット、回り止めのようなボルトになっています。

Img_2180

Eくんのはちゃんとしたメーカーの銀色サスコン、僕のはちょっぴり安い黒色のサスコン。

Img_2182

組みあがったストラット。ブーツもザックスの純正品、アッパーマウントもザックスのものです。そのブーツが日本になくて、作業が遅れました。でも、ザックスは予定通り入ってきました。ビルシュタインの時はねぇ・・・

Img_2184

続いてリアショック。すごい向きで付いています。

Img_2186

至って簡単な取り付け方法と思ったらコイルオーバーじゃなくトーションバーなんですね。
トーションバーと侮ることなかれ、よくできた乗り心地です

Img_2192

これまでを支えた部品と、これから支える部品

Img_2193

ボルトに全く遊びはありません、完全なトーのみのサスペンション。トヨタなんかは直径が細いボルトが純正で存在して、そのガタと言うか遊びでキャンバーを調整するのです
ルノーもあるのかな?

Img_2194

リアにはトー調整はなく
となると基本的にスラストライン解消は車両のポテンシャル頼みです。
可能ならリアにトー調整やキャンバー調整が付くとぐっとクルマの直進性が担保できるのですがねえ

Img_2196

激しいブレーキ鳴きも解消させます。

Img_2199

ブレーキの無きを解消させるのは意外に難しく、基本的に全交換となります。
ドリルドディスクで4ポッド以上のブレーキは鳴きやすい傾向にあります

しかし、この一般的なシングルピストンのブレーキは基本はパッドの交換ですが、輸入車はローターも盛大に摩耗するので、一緒の交換が望ましいです。

Img_2204

鳴くパッドは何度トリミングしても鳴きます。ローターは表面は減りますが、端っこの外周部分のみ削れにくく、そこがパッドの端をガサガサにささくれちゃいます

Img_2205

ショックも新品ならブレーキも新品。うーん贅沢

Img_2209

リアはホイルシリンダーなどの可動部分の動きを確認して

Img_2211

なんだかドラムを裏から見ると面白いですね。
ABSのコンタクトプレートにハブベアリングが見えます

Img_2212

ブレーキフルードは必ず全量交換。空気中の水分と反応するために、ブレーキフルードの交換を放置すると、システム内で錆びてPバルブが詰まったりマスターシリンダが腐ったりします。2年ごとの交換を心掛けるべきです。

Img_2216

と、いう事で続きは次回

2019年2月12日 (火)

ルノーのEPC ダイアロギーズ

カングーの車検をいただきました

Img_3633

そのカングーで、一部に面白いこだわりのご要望が。
ちょっとした部品の交換

Img_3635

ルノーはダイアロギーズと言うEPC(Electric Parts Catalogue)を使うのですが、このEPCはメーカーによって出来がマチマチで、ルノーは実に丁寧

で、このピラーには

Img_3700

このようなグロメットが入りますが

Img_3702

反対側はなぜかなくっていまして、こういうのは傍から見れば気になりませんが
オーナーならではこだわりなのです

Img_3701

で、アルファのe-perなどではグロメットを特定するのは大変難しいのですが、ダイアロギーズならこの通り。これなら解りやすい

1_4

さらに何気なく見てしまうメーターパネルのビス

Img_3697

本物はこういった感じ

Img_3699

しかしなぜか一つだけ・・・

Img_3698

これも、結構探すのが難しいのですが、ばっちり特定できました。

2_2

なんとどちらもジャパンに国内在庫がありまして、購入可能です。でもビス1本700円しましたが・・・




2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック