旅行・地域

2019年11月 6日 (水)

飯能まつり2019

11月3日、今年も例年通り、飯能まつりに出かけてきました。

73691

夏頃からウチで年寄りの面倒を見ることになり、今年は自動車のイベントに行くことは全くできなくなり、この飯能まつりだけどうにか行くことができました。よかったよかった。

本当に良い文化だと思います。

Rimg3750

伝統のお囃子と各町内が工夫を詰めた山車

Rimg3752

今年は元号が変わったこともあり、いつもと違うような気がします。
平成になった時は自粛ばかりでしたからね

Rimg3758

この囃子っていうのは僕の地元の清水囃子もそうですが、いくつかのスタイルに分かれるみたいですね。
詳しいことは判りませんが、流派があるそうです。

Rimg3759

獅子だったり、狐だったり、鬼だったりいろいろキャラクターがあります

Rimg3762

露店もにぎやかでこれこそお祭り。地元商店からプロのテキ屋さんまで

Rimg3763

双柳と書いて「なみやなぎ」と読みます。地名は難しいですね

Rimg3768

帰りは特急小江戸号で帰ります。

Rimg3790

車内のお供を携えて

Rimg3791

実にうまーく雨を避けたというか、お祭りでは降られませんでしたが、家に帰るころには土砂降りで、びっしょり濡れましたとさ。

 

2019年8月19日 (月)

長い休みの最後はアカデミック

ついに今年の夏休みも終わってしまいました。
皆さんはどんな夏休みだったでしょうか?
僕は昨日18日の日に少し出かけてきました。

世界遺産に登録された「富岡製糸工場」を見に行ってまいりました

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B2%A1%E8%A3%BD%E7%B3%B8%E5%A0%B4

他にも藤岡、高崎かいわいに用事をしに行った後、午後から見に行く予定で向かいました

Rimg1722 

空が広い。

Rimg1723

到着しました。近代の発展の礎を作った世界遺産です

Rimg1724

一目見て余のデカさに閉口します

Rimg1726

入場料は大人1000円ですが、学生さんは250円です。やっすい。

Rimg1727

Rimg1730

深谷に行くと嫌というほどいろいろな看板が出てくる渋沢栄一。この人、この製糸場も一枚かんでいるのですねえ

Rimg1732

そして昭和の終わりまで稼働していたとは!

Rimg1738

世界遺産登録のサーティフィケート。

Rimg1741

この見学施設のあちこちでこのような体験学習ができます

Rimg1746

2階に上がって

Rimg1750

骨組みむき出しです。すごく長い筐体です

Rimg1751

そして大量の窓。昔は手入れが大変だったろうなあ

Rimg1753

Rimg1754

続いては生糸の学習

Rimg1759

書きませんでしたが、カイコの生体もあります。ダメな人が多いいもむし業ですから、画像を置くのをためらいました

こう鍋でマユを湯がいて

Rimg1772

このようにくるくると生糸を採取していきます。
さなぎは決して成虫にすることはないのだそうで、成虫はまゆを食い破って出て来るので、アカンそうです

Rimg1773

餌の桑の葉だってあります。完全な内製です

Rimg1775

中にはこんなライブスチームもあります。

Rimg1780

Rimg1782

これだけで内燃機の仕組みが判ります。

Rimg1791

Rimg1794

この日一番の見どころでした(笑)

Rimg1800

へえ、生まれて初めての世界遺産でしたが、社会科見学みたいな感じでした

Rimg1813

お土産はこちら。

Rimg1815

こんなお土産いかがですか?

Rimg1821

帰りはやはり渋滞です、レーダークルーズ付きは楽です

Rimg1823

さて燃費はと言うと

Rimg1824 

約18km/L弱。意外に燃費が伸びませんでした。

Rimg1827

やはりエアコンの使用が原因のようです。

Rimg1825

ま、それでもアルファの3倍くらい走るわけですが。

2019年7月16日 (火)

壮大なる納車ツアー

先週の木曜日、午前中は作業してから、ミトの納車で一路、栃木県は宇都宮を目指します。
もちろん、この距離になりますと、納車の為の費用は別途いただきますが、その金額に関してはノーコメント(笑)

Rimg0720

長い距離を運転してもぜんぜん平気な人もいれば、たかだか200kmも運転したら運転につかれてしまう人もいます
僕は目が悪くなってからは後者で、今や左は裸眼で0.5ありますが右は0.02くらいしかありません。
普段かけているメガネは右目はあまり見えていません。体が右目のピントを合わせることを放棄してしまっているのです。
で、運転するときは運転用のメガネでバランスを取りますが、どうしても遠近感を失ってしまうのです

Rimg0722

さて圏央道に乗って目的地に向かいます。

Rimg0723

関越道を越えて
あ、まだこの画像は越えてないや

Rimg0727  

続いて東北道

Rimg0731

には乗らずに、そのまま圏央道で行きます

Rimg0732

東北道を越えると1車線になります。交通量の問題なのでしょうが、たまに大型トラックが故障で立ち往生して通行止めになったりします。

Rimg0734

高速は五霞という茨城県と埼玉県の県境付近で降りるのです 。ちなみにここのIC。サービスエリアがほとんど無い圏央道に、社会実験でIC近くの道の駅五霞に立ち寄り1時間以内に高速に戻れば高速を降りていない扱いになるのです。ETC2.0車載器利用車に限った話ですが

Rimg0738

降りて間もなく出てくるのが新4号線。今回この生き方をご指南してくださったのが、MPI向かいのキクチさんで、新4号は高速とそれほど差が無いから高速費用を浮かせる意味でもバイパスで行ったが良いよ と。

Rimg0741

その話の通り、みんなとんでもないスピードで走る一般道で、制限速度表示もなぜかほとんどないおれがロードルーラー状態で、60kmとかで走ろうもんなら自分が止まっているような錯覚を覚えます

Rimg0745

美しい田園風景、広い道路、信号も少なく良い所です。ただ、このバイパス、唯一問題なのが道が悪い。凸凹というかわだちだらけというか、時々穴があったりと、ナメて走るといろんな意味で危ないです

Rimg0748

宇都宮市街が近くなると信号も多くなり止まることも多くなりました。

Rimg0751

そして第一目的地です。アクサルタのトレーニングセンターです。
2015年にこの地に移ってからは初めての訪問です。ちなみに以前は同じ宇都宮のデュポン内にありました
そこは2度ほど研修やらで伺いました。

Rimg0752

納車のついでとはいえ、ここにこれたのはうれしい限り。もう古くからお世話になっているH氏に10年ぶりくらいの再会となりました

Rimg0753

事務所に入るとこんな一文が出迎えてくれます 

Rimg0755

ざっと「ワシがUFOを見たのは、あの山の向こうじゃった。銀色に輝く円盤が...」的なことが書いてあります。

いやいや 「アクサルタでは、サイコーのパフォーマンスを胸ににヨソとは違った視点で仕事をしていく信念があります」こんな感じでしょうか?さらに「私達は販売店や顧客に代わって 全身全霊で世界最高の塗料を供給する(作る?)ことです。」
こんな内容でしょうか? 社訓的なものでしょうか?
これ、載せたらまずかった? いやたぶん正式な日本語訳があるはずですが、聞き忘れました。

その反対側

Rimg0756

歴史があります。
アクサルタでの歴史はここ数年ですが

Rimg0757

研修センターです。ここではありませんが、僕もマイスターワランティはこのような場所で、2日間お勉強しました。

Rimg0760

傍らにはサタのガン。歴代のエクスクルーシブラインのミニカーなどがあります

Rimg0761

サタのセンチュリー記念モデルもあります。超貴重品ですね

Rimg0762

デイトナグリーンやイモラレッド、スズカサン、シルバーストーンブルーなど各国のサーキットにちなんだ名前の塗料なのです。
レディミックスで確か1L缶で4万とか5万したと思います。

Rimg0764

最近はスタンドックスでも磐田のガンでもアップローバルしているようです。昔はテストさえしなかったのに

Rimg0765

NR95のカットモデル。このガンの登場により一気に塗装作業が楽になったように思います。

Rimg0767

続いて隣の実技の研修棟です。この日はトレーニングは行われていませんでした。製品のテストなどをしているそうです。

Rimg0770

しかし、2つのブースが両方ともアンデックスとは...
日本のマーケットは余りにも粗末でブローサムやサイマ、サイコももう一つ積極的な展開が無いように思います。

Rimg0785

テストパネルです。ぼくもスタンドブルーが出る前、水性塗料の研修受けたなあ

Rimg0772 

続いて、塗料の保管庫

Rimg0775

2Kです。新しくVOC規制に対応したものになって完全に新しくなりました。その仕上がりのきれいさったら、クリアーコートとはまた違った魅力があります。

Rimg0776

それからおなじみの1K ベースコート塗料

Rimg0777

最近のマツダ車などに端を発するカラークリアー用の添加カラー

Rimg0778

各種ハードナー、クリアー群

Rimg0779

続いて、違うお部屋。ここはウオーターボーンのお部屋。
フィロンプションの戸棚タイプのミキサーがあります。これで寒いときは凍らぬように温度を上げるのです。
水性塗料ですから凍ってしまったら壊れてしまうのです。

Rimg0780

ここには他にもクロマックス(旧デュポンのセンタリシリーズ)やクロマックスの水性塗料もあります。

ブースにはJET4000と100RP Fがありました。

Rimg0786

コンビフィルターは3連。僕のところは2連。あまりに高くて手が出なかったシロモノです

Rimg0794

サンディングスペースですね。メーカーだから当然とはいえうらやましい装備ですねえ

Rimg0795

楽しかった表敬訪問も終わり、再び納車先に向かいます。ここからは数キロの距離です

Rimg0796

長かった納車の旅も終わりを迎えます。なーんだ120kmくらいしかないのか

Rimg0805

目的地は宇都宮の中心部。自動車を引き渡して帰ります。

Rimg0806

宇都宮の駅です。ここから工場か家に戻るのかと思いきや、ほかの仕事を絡めます。

Rimg0808

電車でUSS横浜に向かい、買った車を回送して帰ろうという企み

そのために新幹線で東京に向かいます。

Rimg0810

山形行くやつとそれ以外的な?新幹線

Rimg0811

僕が乗る新幹線。

Rimg0812

びゅーん

Rimg0814

なんとグリーン車です。いやーVIP。いやいや違うのです。指定席が全く空いていないんですよ。結構混んでるんですね。
こんな贅沢をすると、納車費用の予算が足らなくなってしまいます。でもほら、この後、横浜まで行くんだし、疲れちゃまずいじゃん?
車内で晩ご飯も済まそうと思って駅弁を買っといてよかった。今や車内販売もないのですね。

Rimg0815

昔は食堂車なんてあって旅の風情がよかったのになあ。

Rimg0817

とおきょお~ とおきょお~

あっという間に到着しました。まだまだ旅は続きます

Rimg0819

取り急ぎ東海道線に乗り換えて神奈川県を向かいます

Rimg0822

それそれ乗り換え~。
ま-、満員電車は苦手です。電車そのものが苦手かな? 階段をボーッとして上っていて、前にスカートの超短い女子高生でもいようものなら冤罪の対象になりかねませんし、荷物を持ったまま手が誰かに触れようものならチカンに間違えられる可能性もあります。

Rimg0825

そう、ここからタクシーで大黒方面に行きますよ~ 目的地は近い

Rimg0826

まだ午後8時過ぎ。これなら10時過ぎには自宅に到着か?
この時までは完全に予定通りに物事がはかどりウキウキ気分。

Rimg0827

ところが・・・・USS横浜に到着すると
思わぬ手違いから出庫票が出力できなくて往生しました。
オートオークションはかなり鼓膜いろいろな決まりごとがあって、思わぬ落とし穴に落っこちてしまう場合があります。
今回もそんなルールあったかあ?的なルールを踏んづけてしまいました

Rimg0828

目と鼻の先に乗って帰るクルマはあるのにー!
当然事務局は営業しているはずもなく。途方に暮れていると

Rimg0829

よく考えたら目の前には海が広がるような場所ですから、急いで立ち去らないとえらいことになります。最寄りの駅まで帰る手段がなくなってしまうのです。
クルマを出せない事だけは間違いないので取り急ぎ近くのバス停まで、宇都宮餃子が入った大きな荷物を揺らしながら急ぎます。

Rimg0830

ギリギリ間に合ってバスの中。悲しみと疲労が手ブレとなって表れています。

Rimg0832

川崎の漫画喫茶などで1泊するアイディアもあったのですが、翌日以降の予定を考えるとそれもできません。
川崎駅から南武線。端から端までの悲しみの路線が続きます。

Rimg0833

遂に帰ってきた立川。

Rimg0834

もーしんどいので、せがれにプジョーで来てもらって、ゴールに到着したのは11時でしたとさ。あーしんど。
長かった移動もようやく終わりを迎えたのでした。

 

2019年6月21日 (金)

納車の旅

このところ納車続きであちこち行っています。

昨日は横浜、アルファロメオ147をお届け。
工場を出て圏央道で神奈川方面を目指します。遠回りでさらに不経済はありますが、時間が読める事には変えられません。ちなみにこの日は出るまでに打ち合わせが2件あってこの日は大忙し

Rimg0168

一路ビューンと神奈川県に向かいます。かつては週に2-3度神奈川に行っていたのですが、自動車修理関係に入ってからはとんとご無沙汰です
しかも道がいっぱいできてどうやって行くのかさっぱり見当がつきません。

Rimg0169

結局、ナビを頼りに連れて行ってもらうのです。

Rimg0170

以前いも書きましたが、高速道路網の発展は混まなければこれほど便利なものはありません。
その分高速代も高額にはなっていますが

Rimg0171

出来たときは小躍りして喜んだ圏央道の東名高速への接続ももはや当たり前になってしまい

Rimg0174

こんなに簡単に東名高速の上にいます。以前なら工場を出て、環八の用賀入り口まで2時間以上を費やしたり、それに嫌気がさして、府中街道から東名川崎に乗ったりしていましたが、そんなこと遠い過去のようです。

Rimg0175

保土ヶ谷バイパスに入り

Rimg0177

横浜新道に入ります。いろいろ説毒していますので、乗り換えがわからないとあたふたします。
今回はスマホのナビ機能で向かっています。スマホもまた頑張っています。

Rimg0178

 次々に代わっていきます。今度は首都高三羽線

Rimg0180

どんどん切り替わっていく高速の情報に脳が刷新されません。

Rimg0182

と、とりあえず、待ち合わせ場所近くに来たぞ。約90kmちょっとの距離でした

Rimg0183

無事にクルマを渡した後は帰るだけです。せっかく横浜まで来たのでちょっと寄り道。

Rimg0184

ここや聘珍楼なんかがお土産買うのは鉄板なのですが

Rimg0187

なかなか王道とか鉄板なものがあまり好きじゃないのが、イタ車とかいじる人間の性です

Rimg0190

さて中華街でお土産にしたものは?

Rimg0189

幸せの金のブタでした(笑)

Rimg0193

さて続いてDay2 今日トヨタアクアハイブリッドの納車で九段下を目指します。昨日も7000歩近く歩いたのですが、本日も帰りは電車です。

今回はパナソニックのゴリラがあります。
今やこういったポータブルナビの性能は昔のHDDナビ並みの正確さで、信号待ちでくるくる回ったり、勝手に走ったりしないのです。
信号待ちならぴったり止まり、高速でも高速下の国道でもちゃんと分けて走ってくれます。

Img_0029

さて、行ってきまーす。

Img_0030

昨日と違って関越方面にひた走ります。

Img_0032

これも接続されたときはうれしかったものです。MPIができた当初は狭山まではありました、反対側は青梅まででした。それが徐々につながり大きな環状線になりました。

Img_0034

でもこれだって相当な大回りで、本来なら所沢ICから高速に乗るのが経済的ですが、正確な時間には変えられません。 

Img_0038

関越から外環道に入ります。道路も空いていて走りやすい事この上ないです。

Img_0039

こちらは僕にとって最後の高速の開発になるであろう外環道。これもそう遠くない未来に世田谷までつながります。
そうなると、ほとんど完成形に近くなってくるのではないかな?

Img_0041

すごい急ピッチで工事が進んでいるようです。下道から見てもわかります。

Img_0045

前のセレナ、横入りするならハザード位出せよ。とむっとしたのも和らげるいい天気です。
ここから5号池袋線に入ります。

Img_0054

外環や圏央道の開通で、首都高の渋滞が減ったり、緩和したように思います。

Img_0057

便利になった分、判り辛いったらありゃしない。まごまごしていると違うところに連れていかれてしまいそう。

Img_0060

C2もぐるりと開通して、USS横浜など一気に行きやすくなりました。
要は1度も高速を降りることなくどこへでも行けるようになったのですね

Img_0063

次は今は無き中台付近で、江北から来てC2に行くクルマと交差するX攻撃です

Img_0064

さて目的地が見えてきました。

 Img_0066

ここはいつ見ても変わりませんね

Img_0067

目的地までは約70km。なんと、燃料計の目盛りが減っていません。なんちゅう燃費!
このクルマはガソリンスタンドには敵でしかありませんね。

Img_0068

遂に僕も大使館には来なくなるかな?

Img_0071

せっかく来たので銀座に寄ってから帰ります。

Img_0076

毎回そうですが、行くところは決まっています。

Img_0078

あんぱんを買うのです。

Img_0080

みつまめを買うのです。

Img_0081

僕もあんみつ食べます。

Img_0083

MPIを、ブログを始めたころの僕を知る人なら、考えられない変わりよう。
酒を飲まずに甘いものを食べるようになるだなんて。

Img_0086

でも昔より小さくなってしまいました。

Img_0087

今日は帰ってまだまだ仕事です。

 

2019年3月26日 (火)

海へ!

先日の日曜日、圏央道で藤沢まで行き、電車で鎌倉、江ノ島とツアーするカーアンドトレインで遊びに行ってきました。
神社仏閣も良いですが、やはり海ですね。しかも磯が良いですよ。


一日で、いっぱい見に行く欲張りな一日ですから、江ノ島の岩屋には行きは渡し船「べんてん丸」で向かいます


Img_4763


この船が何気に好きで、乗るとわくわくします。機関室が見たいのですが、運がよくないと見れません。
この日は船室からの眺めです


Img_4765


乗船時間は10分無いくらいですが、気分はサイコーです。


Img_4778


春の海はなかなか楽しいです。湾内ながらそこそこ波もありますから


Img_4783


あっという間に江ノ島の反対側、岩屋が見えてきました


Img_4785


別に何をするわけでもなく、ここでぼーっとするのですが、それが最高のリフレッシュなのですよ
毎日、故障原因の探求、車検や整備、鈑金の段取り、部品の手配に、仕入れに支払い・・・・
たまには脳を休ませてあげないといかんのですよ。


Img_4789


のんびり過ごす水平線に1隻普通でない船が浮かんでいます


Img_4793


ミリタリーに詳しい方、これなんて船だかわかりますか?


Img_4787 


鉄砲があるから自衛隊かアメリカの軍艦なのでしょうか? 


Img_4786


帰りは長い登り階段を歩いて、足がヒーヒー言いました。
でも水曜ロードショーのオープニングみたいな夕暮れに遭遇。
外国の人の群れに交じって僕も1枚(ほんとはたくさん)撮りました
それではみなさん、映画って本当にいいですね


Img_4804


鎌倉ではクリームあんみつを食べました。
3-4年前なら考えられないですが、今じゃお酒の代わりに甘いものなのですわ。


Img_4758


不思議なもんでスイーツ食べると、お酒飲みたく無くなるんですよ~
みなさんも春の天気のいい日に行ってみてはいかがですか?


24000歩も歩いてしまいました。

2019年2月18日 (月)

梅まつり in府中郷土の森博物館

梅は咲いたか 桜はまだかいな

たまには自動車を離れて、出かけてみましょう。
実は先週、越生に梅を見に行った・・・ いや他の用事をしに行ったついでに梅を、なんて思ったのですが、見るほど咲いていなくて、1週間後の今日、今度は府中にて行われている梅まつりに行ってまいりました

Event_59_01

梅は早咲き、中咲き、遅咲きとあって、長く楽しめます。
考え方によっては可憐な花は桜の花よりキレイかもしれないです

駐車場はタダ。入場料は300円、しかも市民であれば割引もあるようです。

Img_3964

府中市というのは大きな企業があったり、公営ギャンブルがあったり、市の財政が良いのか傍から見ると、こういった市民サービスが実に充実している印象です

園内は実にいろいろありまして、今でも撮影で使われていそうな、昭和初期や江戸時代の建物が移設されていたり



Img_3872

手芸体験教室も激安で受けられます。

Img_3874

2016年に吹き替えられた藁ぶき屋根は2000万円もかかっているそうです。

Img_3916

園内あちこちが見どころなのです。

Img_3959

庭園内はすごく手の入っている印象で
ごみ一つありませんし、あちこちにベンチがあって梅を見ることができます。
さらに休憩ポイントが多数あり

Img_3909

ひとえ咲きや八重咲きもあります。
なにしろ、撮影しているカメラマンの腕・・・ の中にあるカメラの性能が悪くとても褒められた写真ではありませんが、まあ、そこはご愛嬌。

Img_3932

紅い花は

Img_3912

を思い出します。こいこい

Ume1

もうさすがに蝋梅は終わりです

Img_3931

地図をよく見て一通り見て回りました

O1616227214140205898_wdp

滝や池、川もあり、本当に癒されます


Img_3922

そこかしこで催しごとが行われています

Img_3943

一口に梅と言ってもいろいろな梅が見れてよかったです。

Img_3953

園外には農産物直売所があったり、さまざまなケータリングカーが出ていて良い日曜日なりました。

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック