« ヌヴォラとは雲 | トップページ | なんてけしからん作りだ! »

2019年10月11日 (金)

今夜もNWOBHM 

今も記憶に残るライブと言えば、1982年のレディングでのY&Tのライブです。もちろん見に行っちゃあいないですよ。この数か月前、日本の大田区体育館とヘビーメタルディスコのツバキハウスで変則的なギグを行うのですよ。それは行きたかったかったんだけど中学生にはなかなか行けず。

それもブートがあるのですねえ、すごいなブートの世界
https://monotone-extra.co.jp/SHOP/ncd-00732.html

まあ、それは置いといて、このDVD見ていたら、なんだか80年代前半のHM系フェスが気になっちゃってなんか記事にしました。

特にこの1982年のレディングは強烈なアクトで、ベストではないかと僕は考えます。
初日はプレイングマンティスやオランダのバロンロッホ、全盛期のタンク、後にフィルライノットと行動を共にするローレンスアーチャーのスタンピード、ランディカリフォルニアはいいか。
2日目はブルースが加入した新生アイアンメイデンがヘッドライナーで、ゲイリームーア、ジョンサイクス時代のタイガース、ギランを止めたバーニートーメ(エレクトリップジプシーズ名義ではない)、グランプリ、山本恭司のBow wow(当時はこの表記だった)
3日は誰が出てくるかわからなかったMSGがヘッドライナー、バーニーマースデンSOS、マリリオン、トゥイステッドシスター(もちろん、ブレイク前)、これはモーターヘッドと何か演奏するんだよなあ。そしてY&Tです。

MSGのパフォーマンスもブートが出回ってます。

Tumblr_mwrezo7ytf1qbsreio1_500

まだBURRNもない頃、ミュージックライフで特集が出てコーフンしたのを本当によく覚えています。

日本じゃあ、金八先生がスナックZで魑魅怒呂のメンバーと腐ったミカンの方程式を解いていた時代。
松田聖子が赤いスイートピー歌っていた時代。タイガーマスク全盛もこのころ。

イギリスの音楽界が最高潮の時ですねえ。HM/HRに限らず、カルチャークラブ、スパンダーバレエ、ヒューマンリーグなどニューロマンティックがメインストリームでした。

ちなみにレディングぼ81年はそれほど見ごたえはなく。たぶんギランはバーニーが抜けたころで、ヤニックガースが入り全く興味がなくなっちゃったし。

Reading81advert800

注目は1980年です。あの、第1回モンスターズオブロック というよりドンニントンパークフェスティバルの開催から6日後から始まったレディングの、こちらもう~んと唸ってしまう、なかなかシブい出演者。ドンニントンパークから北に100kmくらいの距離なのかな?むかーし、イギリスの人に自動車を販売したことがあって、見に行ったと言っていてうらやましく思った記憶があります。

向こうがレインボウならこっちはホワイトスネイクって感じ?

Isxeb3q

初日は、まだお下品な内容ばかり歌っていたクロークス(こりゃみんなそうか)、バーニートーメが弾きまくりのギラン
2日目はマイケルがいなくなった抜け殻UFO、ポールディアノ時代のアイアンメイデン、トミーアルドリッジ時代のパットトラバースバンド(既にあのドラミングは健在)アイアンメイデンと同じ日にサムソンが出ています。ブルースブルース時代で、ドラムのサンダースティックが檻の中でドラムをたたく前だったように思います。上の82年のレディングではアイアンメイデンのフロントマンとして登場するのは皮肉な話。

何と言っても大波乱の3日目はホワイトスネイクをヘッドライナーにみんな見たかったであろうゲイリームーアのG-force、もちろんプレイできずなんとあのスレイドが代役を務めます。ランディローズ時代のブリザードオブオズもキャンセル。じゃあ、誰がいたんだ的なニオイがしますが、タイガースオブパンタン、マグナム、バッジー、ガール(!)、デフレパードも出演していますが、当然フィルコリンはフィリップルイスとガールにいたころでしょう。ちなみにそのフィリップはのちにギランのバーニートーメと一緒にやるのですが...
そんなこと言ったら、Tアルドリッジはホワイトスネイクにもオジーオズボーンとも一緒にやってるな。

一方、その約1週間前にシルバーストーンサーキットで行われた伝説の第1回モンスターズ。
DJはニールケイ。これはポリドールの企画だったように思います。だからジューダスはCBS Sonyで、企画盤には未収録だけど、あとみんなポリドールでしょう?

レインボーは最近オフィシャルで、サクソンはオフィシャルブートレグからオフィシャルで音源が出ています。ジューダスはブートで出回りましたが良い音源が無いのでしょうか? 

6c43f4198e0931476188bce0075daeff

翌81年のドンニントンはAC/DCがヘッドライナー。演奏曲はなぜかニューアルバムのFor those about to rockからはやらず、来日した日本青年館でのライブに近い演目。しかし便利ですねえ、家に居ながらにしてネットをちょっと調べればすべてわかるのですから。
当時はミュージックライフを片手に、どんな曲を演奏したのか?とか、新宿のキニーレコードに行って、買えないから演奏曲目だけ見てきたり。あとはまだまだイケイケのホワイトスネイク、ブルーオイスターカルトはゴジラでしたね。

E9c46f3f8645f7066c287a01383f375d

余談ですが、この年はヘビーメタルホロコーストなるフェスもありましたから、イギリス国内では本当にいろいろ見れたのだと思います。
これはいいアクトですね。Ace of spades のモーターヘッドにランディローズ擁するブリザードオブオズと、Allied forces 発売後のトライアンフと見たいグループだらけ。

Heavymetalholocaustportvaleadvertlogo

ちなみにオジーのはブートがあるのですね、びっくり。世界は広い。

https://www.livebootleg.net/SHOP/oz0008.html

82年 この年のドンニントンはサクソンでしょう。アンヴィルも一番元気なころですから、見ごたえ十分だったとは思いますが、やはりサクソン。ただNWOBHMがものすごいスピードで廃退していくのもこの頃かもしれません。

Quodonington

翌83年のヘッドライナーはホワイトスネイク。これは当時レーザーディスクにもなったコージーパウエル加入後、ジョンロード、コリンホッジキンソン、ミッキームーディとメルギャレイと空中分解直前状態。しかしプレイは良いですね。

ディオはもちろん、ヴィヴィアンキャンベルのお披露目ギグでしょうか? でもSWEET SAVAGE時代にどれかに出てるかな?
こちらも音源が出ましたね。

4cf359459c8a5ea20f8f753ee0d08f6d

しかし、この年の5月にヘビーメタル元年とでも言いましょうか、メタル不毛だと思われていたアメリカで静かに進行していたHMブームを象徴するような出来事があったじゃないですか!

Usfest83small

USフェスティバルのヘビーメタルデイです。アメリカは規模が違う。この後のいわゆるLAメタルブームは、失速するイギリスのHMを尻目に、世界的なムーヴメントになっていくのでしたあ。
今年はNWOBHMの誕生からちょうど40年なんですね。
80年代は本当に素晴らしいHMの楽曲があふれる、良い時代でした。

あまりにマニアックというか、狭義な長記事すいません。

« ヌヴォラとは雲 | トップページ | なんてけしからん作りだ! »

ハードロック/ヘビーメタル」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね。
NWOBHMは、ブームを牽引できるグループがいなかった様に思います。
底上げしようにも、力のあるバンドも少なく
メイデンが最有力と思いましたが、マーケットがUSにあったからでしょうか
LAメタルにとって代わりますね。
何しろこの80年代前半~中期は歪んだギターのバンドが多かった事!
モトリー・クルーの1STはカッコ良かったです。
以前、ようつべでDEF・LEOPPARDのUKでのライブを見た事がありますが
本国ならではの異様な盛り上がりを目の当たりにしました。
日本では、まず間違いなくこんなライブは見れないな!と思わせる内容でした。
それから、DEFに関しては少し冷めてしまいました。

Nobuさん
こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。
Def Leppardは当時、On through the night からHigh and dryの、悪く言えば低迷期
早くから、と言うよりデビュー当時からアメリカ市場を意識したサウンドで、正直当時はもう一つ興味が無く
モーターヘッドだサクソンだアイアンメイデンだと言っていたキッズだった僕に、ハローアメリカは辛かった。
それでもパッチは持っていたけど(笑)
やはりフィルコリンの加入が大きかったのでしょうかね? ジョンマットランジの存在と相まって炎のターゲットは大ブレイク
でも僕は先の3バンドでしたねえ。とにかくひずんだ音が好きでしたから。
だから僕はvenomも早かったし、slayerがガレージバンドだった時代から好きでした。
いわゆるスラッシュメタルに行くのも当然の成り行きでした。

あの時の80年から90年くらいまでの1年1年って長く感じますね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヌヴォラとは雲 | トップページ | なんてけしからん作りだ! »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック