« マニュアルシートからパワーシートに変更 | トップページ | これは昭和を知る人は買いですよ。 »

2019年10月 5日 (土)

続・私、硬いんです

先日、硬いと書いたNboxですが、作業はこのようになっています。

Rimg2449

もはや何のクルマかわかりませんが、とにかくNboxなのですよ。
さらに画像右上の三角っぽいカタチのフードヒンジベースパネルを切り取ります。

Rimg2691

この人、なにやっているのでしょう?カメラを傾けて撮影しているわけではなく。遊んでいるわけでもなく。

Rimg2794

全体重をかけてドリルの先端に力を込めているのです。
こうして硬い鉄板のスポット溶接をはがしていくのです。

Rimg2793

この作業を正確に切り取るのが、後の作業のスピードや体力の温存につながります。

Rimg2795

新しいパネルを仮付けしてパネルを載せて仮のチリ調整を繰り返します。

Rimg2797

トラムトラッキングゲージと各社の車両寸法図が載った資料を同時に見ながら位置合わせをします。
昔はいろいろ数字にこだわりましたが、最近は単なる対角線の等長やパネル部品の流れや無理のなさなどに重きをおいて作業しています。

Rimg2804

また溶接個所の下準備も十分にこだわり、2枚を溶接するときにはそれぞれの穴に、3枚なら真ん中の板を中心に裏表のパネルそれぞれをしっかり溶接して、絶対的な強度を確保します。

Rimg2807_20191004234801

位置が正しければどんどん溶接していきます。溶接の火花は健全な部品や、隣接するほかの車両の塗装を汚損、破壊する可能性がありますので、スパッタシートによる養生はしっかり気を付けましょう

Rimg2808

特に軽自動車とはいえ、部分的にかなり厚い鋼材を使いますから、溶接機の出力もかなり高くなります。
スパッタはそれだけ高温のまま飛びますから、溶接部分の塗装の剥離はしっかりさせるべきです。

Rimg2810

見えにくい場所もしっかり溶接します。MIG(半自動溶接機)に使うガスも普通の炭酸ガスよりアルゴン混合ガスの方が仕上がりがきれいです。

Rimg2814

ヒンジベースもがっちり溶接 

Rimg2817

安全性の担保には、重用な部分のがっちりした溶接が欠かせません。
母材共にしっかり溶け込んだ溶接が、しっかり新車のスポットと同じく溶接されていれば「事故車は出来が悪い、安全でない」などのそしりを受けることはありません。しっかり直されたクルマに罪はありません。出来の悪い修理がいけないのです。

Rimg2821

また溶接後はしっかりサビ対策もしてやります。
亜鉛を塗って防錆を担保します。昔はノックスドールから刷毛塗りの良い亜鉛が出ていましたが、国内では取り扱わなくなってしまったので、今は国内のメーカーのものを使っています。

Rimg2825

亜鉛は大変に強力ですが、すいません。関東以外で暮らしたことがないので、豪雪地帯や海沿いでの防錆にどれほどの効果を示すのか?まではわかりません。聞くところによると、北の方は、関東の人間では到底理解できないくらいの費用を下回りの防錆にお金を費やすと、ウルトの北村くんから聞いたことがあります。

Rimg2826

溶接した場所だけではなく、焼損した部分すべてにしっかり塗ります。箱になっている場所にはキャビティワックスを吹き付けます。

Rimg2827

フードを開けて目に入るところには塗装をします。内板色と呼ばれるボディとは違うグリーンっぽいグレーで塗装をしたり、車体色を飛ばしてそれっぽくして、見栄えを調整します。

Rimg2847

溶接や塗装が終われば分解した部品を組み付けて

Rimg2866

エアコンガスやLLCを入れてエンジンがかけられるようにして、塗装に回ります。

Rimg2867

次は塗装から始めます。 

« マニュアルシートからパワーシートに変更 | トップページ | これは昭和を知る人は買いですよ。 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マニュアルシートからパワーシートに変更 | トップページ | これは昭和を知る人は買いですよ。 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック