« カッパが大変 | トップページ | 続・私、硬いんです »

2019年10月 3日 (木)

マニュアルシートからパワーシートに変更

時々、思い出したように作業している後期の166
シート類を赤にチェンジ中。

Rimg2266

マニュアルシートですが、どうも調子よくないのです。で、ハイトアジャスターが壊れていて、なんとかパワーシートにできないか作業することに

Rimg2258

古いシートレールにさようなら

Rimg2261

部品をくれるのは同じ後期から来たパワーシート。

Rimg2262

マニュアルと言ってリクライニングは電動で動きます。つまりシートの上下と前後が電動になるだけです。
シートレベースが重要なのです。

Rimg2263

こちらもさようなら。

Rimg2265

で、シートベースは普通に交換できるのかと思いきや、そうは問屋が卸しません。
パワーシートはボルト径も太く、取り付け位置が違っていて、そのままでは付きません。

そこで、なんでも加工できちゃうご近所さんのナカムラさんに千万で作ってもらいました。

しっかり測って作ってもらいましたからぴったり

Rimg2477

シートに仮組します。パワーシートベースこんにちは
ハイトアジャストはブラウズのモーター、前後の移動はボッシュのモーター。意味あるの??

Rimg2822

こんな感じ。いいですねえ。 

Rimg2824

シートに焦げ穴を作らぬようにスパッタシートで養生して溶接します。

Rimg2829

そこまでガッチリ溶接しなくても大丈夫なんだけど、念のためがっちり溶接。 

Rimg2832

これでボルトとシートが結合され、パワーシートが出来上がるのです。

Rimg2833

溶接跡には亜鉛を塗って防錆します。
近い将来、電気配線関係編に進みます。

 

 

« カッパが大変 | トップページ | 続・私、硬いんです »

アルファロメオ166」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カッパが大変 | トップページ | 続・私、硬いんです »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック