« これが私の中古車道♪ | トップページ | プジョー208 バッテリーを交換 »

2019年10月25日 (金)

かわいそうなカッパくん

僕の不注意でこきついてしまったランチアカッパ。
MPIは鈑金屋ですから直すのはワケないですが、往々にして、この手のクルマはかなり大事にされる傾向が強く、アルファやルノーなどぶつかって修理することは滅多にありません。だからしょっちゅうアルファやルノーの記事は書きますが、そのくせ鈑金したりするのは商品を除いて、国産車も結構多いのです。ま、どーでもいい話でしたが

Rimg2770

gooネットに真っ先に載せようと思っていた矢先だったので、残念至極
だからちゃっちゃと直します、ちゃっちゃと。

Ehnxo0du8aaz8u

まずはひっぱる道具を準備して

Rimg3346

軽く引っ張りたい場所をマーキングします。

Rimg3348

ワッシャーを溶着させてスライドハンマーで引き出すのです。

Rimg3349

ハンマリングも含めて、これぐらいの大きさまで塗装を剥いてでパテを塗ります

Rimg3350

フェザーエッジを拡大すると、おそらく素地の上に亜鉛のメッキ層か電着。の層それからプライマー層、サフェーサー層、ベースコート層、クリアー層と続いているようです。なんとなくですですが、このクルマ、新車ラインでは手塗りではないかと思ったりするんですよね。電着で緑っぽい下地の後、さらに白っぽいサフェーサー入れるかなあ? 

Rimg3357

パテつけて焼きます。

Rimg3359 

Eくんと156のサス交換作業して帰ってきたらサフェーサーになっていました。
次回、塗装かな?

Rimg3427 

がんばれカッパくん、いや頑張るのは僕だわ

 

« これが私の中古車道♪ | トップページ | プジョー208 バッテリーを交換 »

ランチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これが私の中古車道♪ | トップページ | プジョー208 バッテリーを交換 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック