« ジャガーXK-R ヘッドライトの取り外し | トップページ | ヌヴォラとは雲 »

2019年10月 9日 (水)

なかなか進まぬワケ

グレーの後期166ですがシートがジャマなので取り付けできるようにします。

Rimg2266

配線もコントロールも実に単純。単純ゆえにストレスも同じところに行ってしまいます。そこで、取り付け前に軽い整備をしましょう

Rimg2881

バラバラにして接点をきれいにします

Rimg2882

パワーウインドウもそうですが、こんなバネで通電させるのです。

Rimg2883

接点が黒くなっているのが見えますか?みんな焼けているのです。

Rimg2884

何しろギアダウンユニットがあるとはいえ、70kgくらいの人間が乗ったままシートが動くのですからその電気的ストレスは結構なもの

Rimg2887

それで接点が焼損したりで通電状態が悪くなると小さい面積に大きな電流が流れようとして、より悪くなるのです

Rimg2889

端子側も焼けていますのでこの際、研いでしまいます。

Rimg2893

サンドペーパでごしごしします。320番を使いました

Rimg2895

他の黒いすすけた部分も

Rimg2896

磨きました。メッキを剥がす都合上、緑硝やサビなどかえって抵抗を増やす原因を作ってしまうのかもしれませんが、何もしないよりかはマシです

Rimg2898

順番通り組み付けたら戻して通電をテストします

Rimg2899

配線は簡単で、車体側から12Vが入るだけ。

Rimg2874

単純な作業ですから、こういった通電するとライトが点く検電ドライバーが良いでしょう。

Rimg2878

コネクター出口は結構ありますから、どれがどの動きをするのか書き留めて

Rimg2876

よーし出来上がり。念のために配線の結束チューブも交換。

Rimg2879

この時代のアルファは古くても被膜がポロポロになることは無いようです

Rimg2902

コルゲートチューブに入れて取り付けます

Rimg2904

シートレールにはブラケットで止めるのです

Rimg2906

リベッターでパチンパチン

Rimg2908

まあ、あまり出来がいいとは言えませんがしょうがないかなあ...

Rimg2909

やっぱり赤内装いいなあ。かっこいい。どんどん組んでいくぜ

Rimg2918

シートを動かそうと思ったら... 前後に動きませんよ。なんで?

Rimg2919

Rgjepg

あ!部品を取った166、そもそもパワーシートモーターが壊れていたんだ! 忘れてたよ~😠
って、そこが一番大事じゃーん。やりなおしか!

ショックで手が付かないわ。あかーん

 

 

« ジャガーXK-R ヘッドライトの取り外し | トップページ | ヌヴォラとは雲 »

アルファロメオ166」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャガーXK-R ヘッドライトの取り外し | トップページ | ヌヴォラとは雲 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック