« ランチアのセダンに乗りませんか? | トップページ | パブリカのライトが点かなかったら »

2019年9月 1日 (日)

アルファロメオ166商品化

徐々に、しかし確実に前進するオーロラの166の商品化整備、最も初期のA1型

Rimg2094

結局、中古が良いものが無く、新品のグリルが届きました

Rimg1828

これはまだ日本で手に入るのかな?

Rimg1831

この後ろ側の取り付けボルトが壊れてしまうのです。急所ですね。結局プラスチックの材質があまりよくなくて、取り外す時に、この取り付け部分が粉々に割れてしまうのです。元あったものが復元できる程度ならボンドによる接着も可能ですが、欠損したブブがなくなってしまったりすると元には戻せないです

Rimg1833

フロントバンパーは元のバンパーを生かすことにしましたが、これまたむちゃくちゃ程度が悪くて、直しまくらないといけません

Rimg2076

無事にウオッシャーやバンパーグリル関係が外れたので良かった。しかし、このウオッシャーの塗装に日々がありますからこれをどうするか??

Rimg2077

旧塗装膜をダブルアクションサンダーで剥離しますが、相手がプラスチック素材なので、手間が鉄板の数倍かかります。
3コートが原因か塗装膜劣化が目立ちます。

Rimg2085

ぼくらの間で言う草間彌生現象が起きると、塗装の剥離が始まります。このぼつぼつがそうです。
簡単な刺激で剥がれます。塗装中に気が付かずにそのまま塗装すると、吹いている最中に塗装膜が吹っ飛んで行ったり、リフティングなる塗装が縮れる現象が発生して、再塗装が必要になります

Rimg2087

暑い中、ひたすら1日中格闘して、このようになります。

Rimg2097

一人の技術者が午前中からかかりきりで作業してこんな感じ。大量のサンドペーパーと時間と忍耐力を消費します。
しかしこの作業は最重要で、この作業をおろそかにして、先々長くオーナーを満足させることができません。

Rimg2099

それにしても大変でした。バンパーその性質上あまりきれいな状態で残るケースが少なく、これでなくても大変なのに変わりはありませんが

Rimg2100

もうすでにリアバンパーの下地準備はできていますから、次回はサフェーサーからスタートします。
とはいえ、まだまだ途方もないほどの作業が残っていますが・・・

« ランチアのセダンに乗りませんか? | トップページ | パブリカのライトが点かなかったら »

アルファロメオ166」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランチアのセダンに乗りませんか? | トップページ | パブリカのライトが点かなかったら »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック