« アルファロメオ166商品化 | トップページ | 環境って難しい »

2019年9月 2日 (月)

パブリカのライトが点かなかったら

昨年の暮れに販売して今年引き渡したパブリカが、早くも車検の為に戻ってきました

Rimg2170

所沢58ナンバーも凛々しく、言われないと昭和42年型とは思えないほどよくできていて、現代の交通事情においても、全く遜色ありません。

Rimg2171

その引き取るときにタイミングよくヘッドライトが点かなくなったという訴えがありまして、見てみるとヘッドライトどころかスモールランプも点灯しません。
まずはスイッチを疑います。

Rimg2113

昔のクルマは実に簡単に外れます。ノブを外したら

Rimg2114

この丸い穴に工具を入れて回します。これ自体がボタンナットになっているのです

Rimg2116

このクルマはありがたいことにマニュアルがありまして、そこに電装関係の記述もありますので、それを参考に整備していきます。
バッテリー直から、I/Gキーに来て、ヒューズブロックに入ります。
ヒューズはなんと3本しかありません。

Rimg2118

その一番端のヒューズから下にライト類のほとんどがぶら下がります。
ヘッドライトは3wayスイッチの下にすべて下がります。なんと、リレーを使わずバッテリーに直付けです。

ヘッドライトが点かないのはヒューズさえ点検すればアースか12Vかしか原因が無いのです。なんと原始的な。

Rimg2119

さっそくスイッチを確認してみましょう 

Rimg2128

ヒューズが生きているのに12vが来ていません

Rimg2127

0vです。

Rimg2123

なにかの間違いもあるといけないので、スイッチも点検します。
4極のスイッチで3wayですから、OFF、スモール、ヘッドライトです。バッテリーからの12V1本、1段階で1本、Hライトで1本、アースで1本です。

Rimg2120

すると各ポジションの端子間で導通を測り、導通のあるなしを調べます。

Rimg2129

スイッチのピンアサインはマニュアルにかいてあります。
順調に導通を確認していきます。
Rimg2134

すべて正常でした。

Rimg2133

唯一の無導通はアース。スイッチには全く問題なさそうです。

Rimg2136

Rimg2137

バッテリーからの12vの配線を追いかけます。

Rimg2140

あちらこちら配線を確認しますがずーっと12vがきません。

Rimg2141

ところがヒューズより向こう、バッテリー側には12Vが確認できます。

Rimg2146

このくされたヒューズボックスがよくないようです。

Rimg2147

普通につないでも通電しません。

Rimg2149

もう配線もかちかちですからね。可能なら全部とっかえたいところですが、なかなかそうもいかないので端子をサンドペーパーでこすりました

Rimg2150

これでやっとどうにかできました。

Rimg2151

ところが、ライトが治ったらこんどはウインカーが点きっ放しになってしまいました。
これにはまいりました。

再びこの絵、ウインカーはライトとは別回線で、真ん中のヒューズを通ってフラッシャーを通って前後のウインカーを光らせる仕組み

Rimg2119_20190902225801

右のウインカーは普通に点滅するのですが、左のウインカーがうまく点きません
ちなみにフラッシャーは2極でそのままさせた点滅させたものをウインカースイッチで左右に振り分ける仕組みです。フラッシャーリレーではなく、電磁スイッチを定期的に付けたり離したりするなんとも古代的な発想の装置です。

Rimg2152

うーん、と困っていると、Eくんがライトの下のランプが点いてないよ、と教えてくれました。
ライトの復旧と共に点かなくなったので、ライトの関連かとばかり思いこんだ末の遠回りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

« アルファロメオ166商品化 | トップページ | 環境って難しい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルファロメオ166商品化 | トップページ | 環境って難しい »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック