« Group 5 | トップページ | バンパーの塗装 »

2019年9月 8日 (日)

おフランスざんまい、すし三昧。

このところ連続しておフランスのクルマを整備したざんす。

Img_0127

まずはメガーヌエステートGT220 今はみんな強烈なクルマ出しますなあ。

Img_0126

スポーツカーのようなアンダーカバー。NACAダクトがあります。T/Mかエンジンオイルパンを冷やす目的でしょうか?

Img_0128

なんだかアンダーカバー外してももう一つカバーがあるみたい

Img_0130 

またせっまい中にオイルフィルターがありますね。

Img_0133 

こちらはオイル交換のリクエスト。

Img_0137

このエンジンのフィルターはみんなシャコタンなんです。

Img_0139

スタンダードなライトドライブハイテックを選びました。

Img_0141

続いては車検のカングー。こちらこのところ比較的頻繁にブログに登場したので、あちこち修理されて車検内容はかなりスタンダード。

Img_0157 

大事にされるクルマは良いですね。

Img_0158

フィルターはやはりかなりシャコタン。その分、可能な限り交換サイクルを早くした方がいいですね。
やはり面積が少なければ、ろ過能力も低くなりやすいです。

Img_0166

ブレーキフルードは空気中の水分と相性がいいので、フェード現象やベーパーロックの原因を誘引しますので
可能な限り2年毎に交換すべきです

Img_0170

リアブレーキも上々。画像上側のホイルシリンダーからのブレーキフルード漏れはメジャーなトラブルので、必ず分解して点検したい場所です。

Img_0160

ファンベルトを交換しましたが、フードヒンジは前側にあり、デカいエンジンマウントに挟まれて、さらにサイドメンバーもあって、隙間が狭くかなり大変。

Img_0176

太古の昔からFF車のクランクプーリーの真向かいにはサイドメンバーがあって整備性が悪いのです。

Img_0177

エンジンオイルはやはりMoS2です。万能ですねえ。

Img_0178

10Wだと少々新しいエンジンには硬すぎかと思いますが、こちらは意外に守備範囲が広くいろいろなエンジンに行けます。

Img_0180

エアコンフィルターも交換します。カウルトップ下です。

Img_0182

おー、ベストな交換タイミング。

Img_0185

これでエアコンもかなり効くようになるでしょう。

Img_0184

その次もカングーです。こちらはオイル交換のみ。

Rimg2288

3台とも同じ系列のエンジンですからよく似ています。

Rimg2291

しつこいようですがシャコタンのE/Gオイルフィルター

Rimg2295

この前はMoS2だったこともあり黒い廃油。入れた時から黒いオイル。

Rimg2296

しかし今回はMoS2が足りなくなってしまったので、急遽5W-40のモリゲンにしました。
100%化学合成だけでなく何と言ってもすごいのが

Rimg2297

この色!LLCじゃありませんぜ。れっきとしたエンジンオイルです。 
http://www.lm-trading.co.jp/2018/05/02/liqui-moly-molygen/

Rimg2300 

モリゲンシリーズもしばらく在庫します。5W-40ですが、アルファのV6に合うか試してみます。

Rimg2298

いつも遠くからありがとうございます。

Rimg2302

しかし上の3台もそうですが、必ず出てくるのがこのドレンプラグのソケットですね一番最初にたまげて、Eくんが自分で工具を作りましたが
いまの処理台数を思えば、買ってしまう方が無難でした。

 Img_0167_20190908222201

イタフラは独自の規格で工具を使う傾向があるので、一般的な整備工場では嫌がられるのも頷けます

« Group 5 | トップページ | バンパーの塗装 »

ルノーメガーヌ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Group 5 | トップページ | バンパーの塗装 »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック