« 環境って難しい | トップページ | ピラートリムの張り替え »

2019年9月 5日 (木)

アルファロメオ166 オーロラカラーの塗装

本当は昨日塗装されるはずだった166のバンパー
軽自動車のモールの塗装に手間取り、なんとモールの塗装だけで1日費やしてしまったという大事故というか、大波乱がありまして、1日遅れての塗装です

Rimg2179

3コート塗装なので、下色(グランドコート)を塗装します。
オーロラをはじめ、ヌヴォラ系の塗装はグランドは隠蔽のための塗装の意味合いが大変強く表面の色とはそれほど関係ありません。

Rimg2183

しかし、完全に下地で覆わないと2ndコートでは染めきれませんので、しっかり塗装します。

Rimg2186

パールカラーは強烈の一言に尽きます。ヌヴォラブルーに比べると地味な印象ですが、

Rimg2195

色彩の変化は相当なもので、

Rimg2191

なぜか写真には写らない強烈な赤味や緑味が角度によって発色しマジックカラーな印象を強くします

Rimg2196

すごく濃いパールに見えますが

Rimg2199

このようにカラーチェッカーに載せてみますと、自分での隠ぺい力が格段に弱いのが判ります。
これを補うためにグランドコートを入れるのです

Rimg2201

塗り始めますと、パール独特のビロードな感じが出てきます。

Rimg2209

パール目が並ぶと本当に美しいです

Rimg2224

このように撮るとわかりやすいでしょうか?
実に幻想的な感じになります。

Rimg2205

166は車体のデザインが実に豊かな曲線とシャープな直線で構成されたデザインなので、パール塗装などのフリップフロップが絶妙に出ます。

Rimg2208

なんだかヘンな色の部分がありますね。
これは後から黒のストラクチャペイントを施す部分です。

Rimg2221

バンパーを克服すればボディ修理も終わりが見えてきます。
とはいえ、まだまだ先は長いのですが

 

« 環境って難しい | トップページ | ピラートリムの張り替え »

アルファロメオ166」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 環境って難しい | トップページ | ピラートリムの張り替え »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック