« カングー再びの再び | トップページ | アルファロメオ166 オーロラのリア周り修理 »

2019年7月 9日 (火)

成約御礼 ルノーカングー ゼン

古くからのユーザーさんにご契約いただきました。ありがとうございます。
大きくなったカングーⅡ、通称デカングーと呼ばれているそうで。

Rimg0575

確かにだいぶ大きくなった印象です。ボディカラーもいいですねえ

Rimg0574

特徴的なリアゲートは健在。

Rimg0576

ホイールキャップです。

平成26年1月登録のクルマです。この顔になってから間もない頃のクルマですが、37000km 程度もかなり良いです。
大事に乗られてきたのでしょう

Rimg0577

タイヤは2013年35週ですから、年式にぴったり合います。メーターの距離は正しいようです

Rimg0578

特筆すべきは社内のキレイさです。出品店渾身のルームクリーニングかもしれませんが、前ユーザーが大事に使っていたのを感じさせるところです。

Rimg0579

ファブリックのシートなので傷みが少なく見えます。

Rimg0580

リアも大変キレイですねえ。

Rimg0582

Bluetoothオーディオのみ。もう今はこれでいいのかもしれません。スマホをナビにするもよし、ポータブルナビをくっつけるのもよし

Rimg0583

こちらはそれほど変わった印象は受けませんね。

Rimg0593

ゲートをあけて覗いてみると、巨大なカーゴスペースが現れます。

Rimg0595

スカッフプレートには多少の使用感があります。

Rimg0596

しかし、このカングー。日本での販売は6割以上がカングーともいわれます。しかもライバルが全くいないブルーオーシャン市場で、恐ろしいまでに相場が高いです。新車から全然値落ちがしません。尤も新車の車体価格は安いのですが、乗り出し価格となると結構するようです。エコカーでもハイブリッドでもなんでもありませんから、取得税もフルなら値引きも全く期待できません。

Rimg0600

それでも売れてるカングー、個性的とユーティリティががっちりタッグを組んだかのような、マニアの多いクルマです。
でも、フランス車。一般の人が耐えられるかな~?

 

« カングー再びの再び | トップページ | アルファロメオ166 オーロラのリア周り修理 »

ルノーメガーヌ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カングー再びの再び | トップページ | アルファロメオ166 オーロラのリア周り修理 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック