« 緊急事態を切り抜けられるか? | トップページ | 166の大整備最終編 »

2019年5月11日 (土)

なかなか許してくれないエアコン修理の166

先日のエアコン修理の166。
納車予定で洗車しようとして移動したら、なんだかあまり涼しくありません。 

Img_6185

妙にエアコンの効きが悪いです。
この日(5月8日)は連休があけて一気に気温が上がった日です。

Img_6188

おかしいなあと思いマニホールドゲージをつけると・・・

Img_6191

なんと高圧の針がビンビン言いながらすごい勢いで振動します。

Img_6192

これはまさしくピストンの棚落ちが原因ではなかろうかと?
このピストンのうちの1つまたは複数が圧縮を維持できず
吐出量に大きなばらつきがあるのです

Dsc07937

エアコンの内容については
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/2-25be.html
および
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-8b57.html

をご参照ください。

Img_6194

おそらくはエアコンのガスを抜けるのを無視して使い続けてピストンの潤滑ができなくなりピストンが破損したと。
おそらくコンプレッサーが重篤な状態です。
通常であればコントロールバルブが壊れて圧縮しようとしても低圧にガスがブローバックするケースが殆どですが
こういうのもあります。

急遽、納車を中止してコンプレッサー交換となってしまいました。

« 緊急事態を切り抜けられるか? | トップページ | 166の大整備最終編 »

アルファロメオ166」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急事態を切り抜けられるか? | トップページ | 166の大整備最終編 »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック