« NV200も再び | トップページ | アルファロメオ147 ドライブシャフトブーツ交換 »

2019年5月20日 (月)

プジョーRCZの修理

なかなか見ないプジョーのRCZ。
TTなどのセグメントになるのでしょうか?
ワイドアンドローで実にかっこいいです

Img_6451  

1600ながらターボパワーです。速そう。

Img_6549

今回は後ろ回りを修理します。

Img_6453

さっぱり外し方がわかりませんが、そんな時はまずわかるところから外していきます。

このクルマも例に漏れず、テールランプの下、リアフェンダーとの結合部分に3本ずつボルトが入っています。
面白いのがタッピングビスの頭が8mm、10mm、8mmとなっています。フツーはみんな同じ大きさですが・・・

Img_6556

下側もトルクスボルトが数本ありますのでそれを外して、バンパー内部を覗き込みます。
それでもよく見えないので内装を外していきます。まずはセンタートリム

Img_6558

これもよくあるフック内に隠しボルトがあるので注意。

Img_6559

外しても何もないので、次のステップに進みます。テールランプの取り外し

Img_6560

プジョーはこのクルマに限らず、テールランプがとても簡単に取り付けてあります。画像中央の白いものがそうですが、手で回せます。
これは外しやすいのですが、逆を言えば鈑金したときに隙間の調整が難しい事と直結します。

ちなみにこの白いハンドル状のナットが片側に2つあります。あとは上下方向に刺さっているグロメットだけで外せます 

Img_6562

このようになります。

Img_6563

そのテールランプを外した後に1本、かなり見えづらいところに1本ビスがあります。
これを外せばバンパーは取り外しできます。

Img_6564

左エンドから社内に引き込まれます。リアのコントロールユニットに接続されているのでそこで縁切り

 Img_6571

バックソナーなどいろいろあります。

Img_6572

なんとマフラーカッターがバンパーに取り付けてあります!

Img_6574

さてこの後、分解してフェイスは交換となります。 

« NV200も再び | トップページ | アルファロメオ147 ドライブシャフトブーツ交換 »

プジョー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NV200も再び | トップページ | アルファロメオ147 ドライブシャフトブーツ交換 »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック