« なかなか許してくれないエアコン修理の166 | トップページ | ランチア再び »

2019年5月12日 (日)

166の大整備最終編

整備も終盤
本当は結構なアズの画像がありましたが、例の一件で全部パーになってしまったので、肝心なシーンが欠けてしまっていますが、メゲずに頑張って更新します。

お客さんご希望のリジカラを入れます

Img_6214

サブフレームを取り付ける際に一緒に作業できればいいですが、とてもそんな芸当できません。
もう一度ほとんどのボルトを緩めてリジカラプレートを入れます

Img_6219

リアのメンバーも同じく

Img_6204

このように挟み込んでセンタリングさせます。

Img_6197

フロントのサブフレームクレイドルにプレートを挟み込んでるところ。
金色の厚いワッシャー状のものがリジカラ

Img_6200_1 

部品はボルト穴にはめてセンタリングさせるものです。
フレーム修正なんか作業したクルマはこれを付けるのは、しっかり直っていないと付かないんじゃないかな?
セレットなどジグ式修正機のチェック方式によく似ています。

Img_6205

もちろんこのクルマは全く苦なくボルトが入りました。

Img_6226_1

続いて上側のエンジンマウント。これってなに?

Img_6209

ブッシュを交換するタイプです

Img_6211

かなり出来上がってきました 

Img_6219

ヘッドライトバルブに

Img_6220

エンジンECUに

Img_6239

なんだかすごいECUマウント

Img_6240

エアフロにレゾネーター

Img_6244

どんどん組付けます

Img_6246

ボンネットフードにバンパー、グリルを取り付けて

Img_6269  

アンダーカバーやフェンダーライナーを取り付けて
エンジンオイルやLLC、ブレーキフルードを交換してタイヤをつけます

Img_6271

エンジンをかけてさらに必要な作業を詰めていきます

Img_6276

エアコンガスを入れて

Img_6298

各所様子を見ます。もはや秒読みですね

Img_6302

ついにリフトのアームが外れました。

Img_6304

MPIに移動して残りのボディ関係を仕上げます。

Img_6306

僕が間違った発注により、キーシリンダ付きのアウターハンドルを仕入れてしまったものを新しく取り寄せました

Img_6307

長い間に付いた花粉を一生懸命洗車して、して、して・・・・

Img_6323

どうしてかコーティングって花粉と仲が良いですね。放置すると取れなくなります。なんでだろ?

国内最後と言う触れ込みで買った166のオーナメント。

Img_6328

これ商品って言えるのか??

Img_6332

寸法を確認して貼り付けます。

Img_6336

次は車検に挑みますが、その前にまずはユーザーさんにサプライズを(笑)

 

« なかなか許してくれないエアコン修理の166 | トップページ | ランチア再び »

アルファロメオ166」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なかなか許してくれないエアコン修理の166 | トップページ | ランチア再び »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック