« アルファロメオ147 ドライブシャフトブーツ交換 | トップページ | 成約御礼 トヨタアクア »

2019年5月22日 (水)

アルファロメオ166 クーラーコンプレッサーの交換

整備業を行うものにとって最もつらいのがやり直しだとすると、二番目につらいのが直したにもかかわらずまた似たようなセクションを修理することです。
せっかくエバポレーターやヒーターコアを直したのに今度はコンプレッサーの不良に見舞われた黒い166

Img_6603

気を取り直してコンプレッサー交換を作業します。再び回収機で3本半分のガスを回収します。

Img_6604

ホイールハウスライナーを外すためにタイヤを取ろうとしますがいかなるインパクトでも緩みません。
いやビクともしない。400Nmはあろうと思われるピンクラッチハンマーのインパクトでもまったく歯が立ちません。

Img_6605

結局、ブレーカーバーに3mの鉄管をかけて回しました。回る時も「バキィ」とスゴイ音がします

Img_6606

途中の画像を取り忘れてしまいましたが、中期以降の166はかなりスペースがタイトです。この遮熱版を取り外したいですがO2センサーがでーんと鎮座していてなかなか難儀。一通りねじを外してブラブラにしたら

Img_6607

下からエンジンそのものを押し上げてスペースを作ります。エンジンマウントが結構いたんでいるのでしょう。

Img_6611

仲良く新旧のコンプレッサー。外したものがやけにきれいなのも気になりますが、おそらく中古か粗悪なリビルド品だったのでしょう。
部品は取り換えればいいものではありません。よく吟味して扱うべきです。
どことは言えませんが、新品の6本のイグニションコイルのうち、最初から2本壊れていたなんた記事を書いたことがありましたね。

Img_6610

クラッチもまぶしい新しいコンプレッサーが良いですね。

Img_6618

しかしその近くの油圧センサーのコネクターが割れて、タイラップだけで縛ってあったのですが、また縛るのも能が無いので

Img_6620

部品取りから外してきました。

Img_6623

狭いところでハンダ付け。しかしこのクルマどういうわけだかコネクターのツメ割れが異常に多いです。

Img_6625

再び真空引きして、この日は帰ります。

Img_6626

翌朝でもこの数値ですから、安心ですね。

Img_6628

ガスを入れてコンプレッサーが回り、低圧が下がり、高圧が上がります。ちゃんと電動ファンも回ります。
低圧のパイプは冷たくなり、車内は強力な冷機で満たされます。
ここまで長かったなあ。

Img_6632

日が明けて、炎天下の中でエアコンが昨日するかテストして問題なければ いよいよ納車です。

Img_6633

 

« アルファロメオ147 ドライブシャフトブーツ交換 | トップページ | 成約御礼 トヨタアクア »

アルファロメオ166」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルファロメオ147 ドライブシャフトブーツ交換 | トップページ | 成約御礼 トヨタアクア »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック