« ヌヴォラレッドの真実 | トップページ | 166のV6、単体での整備 »

2019年5月 1日 (水)

2つの時間

日本は長いゴールデンウイークの連休真っ只中。ついに元号が令和になりました。
特に何をするわけでもなく、短いようで長かった平成の時代を見送る日となりました
僕は工場にちょっと仕事に行ったり、ちょっと家の用事をしたり、思えば平成の最初の頃はまだこの業界の人間ではなかったですからね

それはちょっと置いといて

工場から少々離れた置き場所に佇む916。

Img_5735

詳しい事は↓

http://messiah208.cocolog-nifty.com/2/2019/04/post-77fdd5.html

こちらもやはり試運転を数日行うと

Img_5458 

やはり電子スロットル不良がチェックエンジンと共に戻ってきました

Img_5461  

もはや疑う余地もなく、ECUを外してポーランドに送ります

Img_5736

しかしこのクルマ、すごい走りを見せるのですが、アラゴスタのショックの強烈な事、速いクルマにはシャコタンがよく似合う!
ECUはこれにてさようなら。こちらは3.2なので、うちにあるECUではうまくないので、このままここで幽閉するのです

Img_5739

そしてECUが完全にダメな166。こちらは飯能に置いておりました

Img_5238

ちなみにこちらは、既にECUを外して送ってしまっているので、手持ちのECUに取り換えて、ヒーターコア交換の為に自走で工場に戻します

診断機を接続して

Img_5982

コードカードで動かします

Img_5983 

コードを認証すると「しゅ~りょ~」 と出てエンジンがかけられるようになります。

Img_5984

ATのウオーニングが点灯して3速ホールド… うーん、ATユニットが既にアウトなのか?

Img_5985


ちょっと時間軸が前後してしまいましたが、どちらからもECUを取り外して長い旅路に出発してもらいます

Img_5741

僕の所を出たECUは
羽田→上海→ライプチヒ→そしてやっと月曜にワルシャワに到着したようです
あと少しで修理に入るでしょう。

人間は日本であくせく生きているのに、この2つのECUは長い距離を旅して行ったことも無い彼の地に行っているのです。
きっと日本からの観光客に紛れて(笑)

僕らがこの長い連休と そして御代変わりの間にECUたちはしっかり修理の準備に向けた時間を過ごしているのです。面白いですね

 

« ヌヴォラレッドの真実 | トップページ | 166のV6、単体での整備 »

部品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヌヴォラレッドの真実 | トップページ | 166のV6、単体での整備 »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック