2017年9月25日 (月)

熱海ヒストリカ その2

世界で最も美しいクーペなどと6シリーズが言われた時代がありましたが、この3.0CSもその座がふさわしいクルマだと思います

Img_2860

コンディションも抜群です。

Img_2861

リアガラスにBlessのステッカーがありましたので、加藤社長さんちのお客さんでしょうか

Img_2863

オートマチックのオーナメントが良いですね

Img_2866

アウディクアトロ これもさりげなくおいてありますが、グループBの立役者ですし、ホモロゲーションモデルは何と言ってもかっこいいです

Img_2868

あらまあ

Img_2869

おなじみのメルセデスの方ですね。後日書きますが、思わぬところで見かけるのですよ

Img_2870

これR310っていうんでしたっけ。昔見に行ったことがあります。商談の為に

Img_2874

S800クーペ これも珍しいモデルですねえ

Img_2875

ペパーミントグリーンの2CV

Img_2876

おや?

Img_2879

いったい何があったのでしょう?しかもキズは新しい感じです。
でも。この部分は叩き易い場所ですし、当時の鋼板は作業し易いので、十分修理可能です

Img_2881

MG-TC。すごいなあ。あの雨の中持ってきたのでしょうか?しかも登録車なので、ひょっとしたら自走?ミッレミリアのように動態での保存だけでも難しいものでレースしたりしちゃうもんなあ

Img_2883

MG-A これもとんでもなく気合の入った仕上がりでした

Img_2884_2

フェンダーの間のラバーシールも新品の香り

Img_2885

面だしも完璧です。願わくばもっと塗装の肌を落として完全に鏡面にしてしまったほうがラッカー感が出てよかったのでは? なんて贅沢なこと思ったりして

Img_2888

タイヤがスニーカーなのは実際に行動を走る事を考えてのチョイスなのでしょうか?

Img_2890

本国の証明書が飾ってあります

Img_2893

ホンモノなんですねえ・・・・

Img_2892

さてスーパーカーを連続してパンテーラGTS

Img_2894

カウンタックアニバー

Img_2788

これもアニバー?

Img_2789_2

これホンモノみたいですね。

Img_2902

ホイールがセンターロックではありませんが

Img_2896

特に防護するアクリルなどはありません

Img_2897

ツインのラジエターファン。放熱効果抜群そう。でも大雨だったら排水が大変そう

Img_2900

ライトは殺してあるのでしょうか

Img_2901

1人乗りみたいですね。やっぱり競技車両ですね

Img_2895

もひとつ、競技車両。ディアブロですね

Img_2904

すっげー!

Img_2905

こんあクルマが見られるのも、こういった集まりならではですね。

Img_2906

さらにありがたいことに中身も見せてもらいました。

Img_2907

おおーっつ! 見切り。

Img_2908

ぞんざいであります。レースカーに見切りは大した問題ではないのです。こりゃ3Mソフトテープを使いましたね?

Img_2909

ああ、ピンボケすいません

Img_2910

超スパルタンな車内

Img_2911

これはキョーレツ

Img_2912

ドアはどうやらワンオフみたい

Img_2913

なにしろカーボン柄ではないでしょう。ドライカーボンのドアなのでしょ

Img_2914

記念にもう一枚

Img_2915

Jotaの文字が泣かせます

Img_2916

いやこれはすばらしい。

Img_2917

個人的には尤も美しいと思う頃のカウンタックQVかな

Img_2795

雰囲気がすごい

Img_2796

そして低い

Img_2919

アカイボディにゴールドのホイールは定番です。

Img_2920

うーん美しい

Img_2924

低い・・・

Img_2925

アンサのマフラーとテールランプが撮りたくて

Img_2927

そしてタイヤとカンパニョーロ製リボルバーホイール
345/35R15って、当時あったのかな>?

Img_2928

こちらもホンモノなどまず見たことないブガッティEB110

Img_2930

しかもありがたいことにドアが開いています

Img_2932

ストライカー部分。シールがビスで止まっています。

Img_2933

KAROのマットでしょうか?時代を感じさせます。

Img_2934

やはり高級量産車だけあってウッドパネルが随所に光ります。

Img_2936

エンジン・・・・ どこかで見たことになるシリンダヘッドなんだよなあ

Img_2938

ニコル物なんですね。

Img_2940

当然ですが程度抜群ですね。

Img_2943

まだ画像がいっぱいあるので、その3に続きます。

熱海ヒストリカ その1

大きなイベントなので、分けてお伝えいたします
展示車両や途中で写ったクルマなど、基本的にナンバープレートの加工をせずに掲載いたします。なにか不都合や希望なさらない方がいらっしゃいましたら、お気軽にmpi@mua.biglobe.ne.jpまでご一報ください

宿泊地から約20分ぐらいのところにある長浜海浜公園で行われるのですが、既にそれっぽいクルマがたくさんいます。僕の前は156GTA。美しい後姿です。

Img_2772

当日は当初雨が予想され、僕自身も行くのを躊躇いましたが実際には晴れ間も覗くほど天気は回復し結果としては、本当に来てよかった催しとなりました

Img_2779

入るとBMW、ドイツ車軍団です

Img_2780

古いBMWといえば、この2000CSを思い出します。かつてBMWはジャパンが出来る前、バルコムトレーディング時代のもの散見します

Img_2782

このクルマがそうかは分かりませんが、僕がBMWの仕事をしていた時代、大昔です。たまに3.0とかで古いディーラーのプレート見た記憶があります

Img_2783

これ変わってますね。見たことがありません。

Img_2785

Ballyhooマンタレイというクルマだそうです。ベースはルノーのスピダーなんだそう

Img_2786

最近、すごくいいなと思っているGT。以前はそれほど思わなかったのですが、ちょっと離れて横から見ると、そりゃもう美しいデザイン。知りませんでした・・・

Img_2806

中身は見慣れたV6ですね。でも3.2Lの方です。うーん欲しい

Img_2808

スパイダー 根強い人気のあるモデルです

Img_2810

ジュニアザガート。この頃って手叩きのボディだったりします。すばらしいコンディション

Img_2811

ひときわ美しいデザインのディノ246GT

Img_2817

エンジンもキレイです。今や5000万円とかの売値が見込まれてしまうようになってしまいました。

Img_2818

そして素晴らしいコンディション。

Img_2820

カンパニョーロでしょうか

Img_2821

なにもかもスペシャルな1台。うーん贅沢な

Img_2822

トライアンフTR4 バブル時代に一世を風靡したイメージがあります。例のマンガの影響もあたでしょうか?

Img_2823

コルベットですね。

Img_2825

ミニ1275GTだそうです。ダイハツフェローではありません。
ミニの亜種はむちゃくちゃいっぱいありすぎて困ります。
それだけ人気のシャシなんでしょうが

Img_2826

Eタイプコンバーチブル。

Img_2828

さりげなく置いてあるのですがGTRだそうです。4枚のホンモノみたいです

Img_2829

禁煙、価値が見直されつつあるエスプリターボ

Img_2834

長く生産されたので、よくわかりませんが新しくなるにつれて丸みを帯びるというか、カドが取れるというか。そんなイメージがあります

Img_2835

最終的にはV8を積むのですが、直4でも良いと思いますけどね。ターボですし

Img_2839

エリーゼでしょうか? ライトウエイトスポーツの極みです。やはり車体が軽いっていうのはスポーツカーの絶対条件ですね。シートやペダルなど荒削りな部分はありましたが、初期のモデルで乗りましたが楽しいクルマだったのを思い出します

Img_2840

スパイダー3連発。だいぶ後の時代のモデルなのでしょうか

Img_2841

鼻が長いクルマはかっこいいです

Img_2843

ヴェローチェ 最終型になるのかな。素敵なクルマですね。中古車市場でもあまり見なくなりました

Img_2844

見なくなったものの一つにスッドもあります。このあたりの維持は大変そうですけどねえ。
キレイに乗られています。

Img_2842

155TS。あまりに見慣れていますね(笑)

Img_2845

ところがこのTS、かなり気合を入れて仕上げてありました。

Img_2846

全塗装されているようです。買う額の部品もキレイで、しっかり仕上げられている印象です


Img_2848

肌の平滑さや下地の作りも丁寧で美しい1台

Img_2849

きっと所有者の方も満足されているでしょう

Img_2850

こういったショーに必ず花を添えるような1台になるボルボP1800
オリジナリティのある1台ですね。

Img_2852

なんでこんなアングルなんだろう。ポルシェ928と124の500E
928は高いんですよね。完絶版人気なのか、考えられない値段になってきました。
特にこの後期GTS。928、944、968と乗るとみんなポルシェなんですよね。
スイッチとか、走りとか雰囲気とか。

Img_2856

その2に続きます。

2017年9月24日 (日)

Tour de Atami

金曜は朝からせがれの学校の文化祭に使うバザーの商品を納入したり、クルマの下側に木材が挟まったなど大忙し

午前の終わりに赤い166スーパーを納車したら、ニュービートルを作業して、午後4時から、熱海ヒストリカ

201752714516

を見に行くために、熱海に前乗りしますが、その前に厚木で用事をします

古い知り合いから電話が10数年ぶりに来て会いに行くことにしました

Img_2756

厚木まで1時間弱、圏央道のおかげで近くなりました

かつてスタンドックスで技術的なデモンストレーションや新車補修の調色データ製作を一手に担っていた東條さんという、トップスプレーヤーです

僕もMPIも多大な影響をもらいましたし、技術だけでなく考え方まで教わったと言っても過言ではありません

その人はその後スタンドックスを退社して、自分のボディーショップを立ち上げたのですが、それから疎遠になり、時間が経過しましたが、今回先方から突然電話があり、熱海に向かう道すがら会いに行くことにしました

Img_2757

そりゃすばらしい工場です。知り尽くしていますからね。
でも1から自分で切り開いた仕事なので、自信に満ち溢れていました。

Img_2759

しかし、同じく苦労の程も僕らと等しく経験して、その辛さは経験した人しかわからぬ痛みです

Img_2760

たくさんのスタッフさんが働いています。アウディのディーラーからの仕事をしているそうです。かつてはヤナセやACJの仕事もしていたそうですが、今はアウディ1本だそうです

Img_2761

2Fに接客スペース。これだけ書くとすばらしいボディショップでだれもがうらやむハイソサエティな工場ですが、これだけの工場を維持するのは並大抵な努力ではなく、おまけにこの業界を知らない人が聞いたら、信じてくれないような扱いを元請けから受けているのです。

Img_2762

修理工場の経営は意外に難しく、寄らば大樹の影で、大きな資本の傘の下にいる代わりにいろいろな代償を払うがいいのか、僕らのようにキリギリスのように一般のお客さんだけでゆっくりいろいろ出来るけど、安定性に欠ける。そんなどちらも決してベストではない選択となります

さて、夜は長ーい付き合いの人のリゾートマンションに行って、近くの料理屋さんでご馳走になりました。

Img_2765

おいしいお酒も吞んで長い1日が終わろうとしています

Img_2766

一夜明けて、雨も上がり絶好のお出かけ日和になりました

Img_2767

聞くところによると、熱海は日本のモナコと呼ばれているそうで。

Img_2771

でわ、久しぶりに自動車見学といきましょう

2017年9月23日 (土)

ドアが開かない!

ドアロックが壊れてしまいドアが開かなくなってしまったニュービートル。
ドアを開けるためにはロックアクチュエーターに直接アクセスしないといけないわけですが、ドアが閉まっているのに、ドアトリムを外すのは不可能です。
助手席なのでキーシンダーもありませんし

Img_2720

おまけにドアロックは完全に壊れてしまい、ドア上部のロックノブを上に上げようにもインサイドハンドルと共謀して全く開きません

やむなく上側からトリムを外します。

Img_2725

うまくドアトリムが外れかけてくれて、もらったと思ったのもつかの間
サービスホールカバーは金属の1枚ものでした・・・

Img_2726

こいつは絶望的。カッターホイールで切ってロックを触るか? ボルトを外してバールでまげてアクセスするか??
と考えているうちに古物管理者の研修の時間がせまり、一路 越谷のJu東京に急ぎます。
結局遅刻してしまい、画像もあせっています

Img_2727

おおよそ毎年教えられる内容はいっしょなのですが、警視庁は毎度、凝った内容のDVDを作ってきます。
特に対暴力団関係のビデオの内容は面白い。

Img_2729

13時からぴったり17時まで受講して帰ります。

Img_2730

帰って作業の続き。
結局、サービスホールカバーを少しどかして、内側から開けようにもどうにもならず、頭を悩ませます。
すわ、ドアを切開してロックそのもの露出させて、狂った肉屋のように切り刻んでいくか・・・・

16358800173_b8eb269410_z

なんて恐ろしい考えが頭をよぎります。

そこで、何を犠牲にするのがもっとも安上がりかを考えます

答えはこれ。

Img_2746

アウターハンドルです。ハンドルの小さいほうを切断してロックにアクセスしようと。

正解を答えたからか、ボーナスが来ました

Img_2751

ドアロックはキーシリンダーがあるなしに関係なく同じ部品を使っているようで、キーシリンダーの入る部分がありました。ラッキー!

奥の白いのがキーシリンダーの後端が入り、キーをまわすことにより施錠開錠ができる部分なのです。
こいつを左に回せば、開けゴマ

いままでの苦労がウソのようにドアが開きました

Img_2747

こうなればどうにでもできますよね

Img_2752

さんざん悩まされたロックなどなんてことなく外せます。

Img_2754

でもドイツ車はこのトリプルスクエアのボルトを、ストライカーやロック周辺に使うことが多いのでこのサイズのソケットは持っていると良いですよ。ポルシェなども同じです

2017年9月22日 (金)

166の小修理

マイナートラブルをシュート中の166
となりのニュービートルも笑っているようです

Img_2696

毎度毎度おなじみ、ドアロックアクチュエーターの不良。

Img_2698

新品は2万円台半ばなので比較的リーズナブルな純正品

Img_2699

しかしなんだか使用感があるというか・・・ 心配でしたがスポンジがつぶれていないので、一応新品です

Img_2700


Img_2701

中のマブチモーターがだめになるのは以前書きました
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/166-6515.html

こちらは交換でOKでした

Img_2703

続いてドアミラー。格納がまるで清水アキラのロボットのモノマネのような動きで閉まります。まもなく全く動かなくなるでしょう

交換は中身のコアだけ交換します

Img_2709

板ガラスを取り外して

Img_2710

ベースを外します。

Img_2711

面白いのが、下が取り外した99年生産のミラー。上が00年のミラー
意外に違いがあるのが分かりますか?

Img_2713

逆の順番で組み付けます。

最後にトランクオープナーを作ります。お客さんが持ってきたTo fitのドアロックユニット。全く動かず不良品と豪語してしまいましたが

Img_2737

ウチの在庫は何もしなくても動く、設定済みに対して、お客さんが持ってきた部品は最初に設定ありきで作動するタイプでした。

Img_2739

いやあ、わからないのですよ。見えなくて・・・

中古部品の問題点

8/4に交換したラジエター/コンデンサーファン。中古で以前買ったものでしたが、早くもアウトです。

http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/166-8c53.html

Img_2704

ああ、せっかく換えたのに短命でした。やはり30Aとか異常だったのかもしれません。
ブラシはよさそうだったのですが、軸受けがダメになりました。ちなみに部品取りで買ったほうの冷却ファンはブラシも軸受けもダメでした。
やはり中古品の怖さってこれなんですよね。

Img_2705

で、しょうがないので、部品取りのランチアも同じもの使っていそうなので、取ってくると
意外な事が分かりました。

Img_2706

まずシュラウドも小さければ、ファンの直径もかなり小さいです。
つまり冷却効率に劣ります

Img_1741

で、見えますかね? 下ランチアの。上アルファ166の。
ハーネスの太さやコネクターのごつさが全く違います。

Img_2715

ランチアのほうがブラシはキレイなので、コネクターも付け換えてそのまま組もうかなと思ったのですが、配線が途中から半分の断面積になるので、本当の夏場にはリレーが燃えるか、配線が燃えるかしてしまいます。
さすがディーラー車、ちゃんと高温の夏に対応するために考えられて作られているのですね。
逆に並行輸入車のランチアは、仕向け地ではそれほど暑くないのかも知れませんね、ドイツなどのように

ブラシの部分や取り付けそのものはまるで同じなので、コネクターを付け替えることにしました。

左はランチア、右はアルファ。ブラシが4つあるのは低速と高速の2段スピードだからです。右のアルファのは下側2つのブラシがかなり偏磨耗しているのが分かります

Img_2716

こんな感じでコンバート

Img_2719
Img_27191

組み戻して、試乗すると快適になっていましたとさ。

このところ、毎日遅くまで仕事で、くたびれ気味のオガワでした。

2017年9月21日 (木)

Hail to Majesty

昨日の20日、天皇、皇后両陛下が日高の巾着田にお出ましになられたと、ニュースにもなりました
http://www.sankei.com/life/news/170921/lif1709210019-n1.html

この巾着田はマンジュシャゲという花が群生していて、そりゃもう見事なんですよ
http://www.kinchakuda.com/

そばには大きなJAの直売もありますし、遊びに行くにはサイコーです。

しかし! 天皇陛下が来るとなるとおいそれとは行かないようで、街は大騒ぎです。

様々な取締りが行われる通称ニッキュキューバイパス。

Img_2663

陛下の走る道とは関係のないところは草木もボーボーです

Img_2665

ところがパチンコ屋さんの駐車場には警察の兵員輸送バスがたくさん

Img_2666

道には白バイやパトカーをしょっちゅう見れます

Img_2668

やがて日の丸を持った一般の人と思しき方々。この時点で陛下が通るまで1時間30分ほどあります。

Img_2670

たくさん日の丸持っている人、実は私服警官なんです。このうちの一人の腕には警察の腕章が・・・

Img_2675

手前は普通の警察官、奥の矢印も警察官でした。街は警察官だらけです

Img_2677

後で聞くところによると、地元の方には一週間ほど前に回覧板で陛下が通ると言うことやスケジュールが回覧板で回っていたそうです。
で、旗を振って観覧できるのは場所が決められていて、決められた場所以外では立ち止まったり、見たりすることはできないそうです。
また、建物の中から見たりすることも許されず、建物からだと陛下を「見下ろす」かたちになるそうです。

白バイ2台に先導され、警護のクルマの3台ほど先行した後に、陛下のお乗りになったクルマがあって、手前に皇后陛下、奥に天皇陛下が乗られていたそうです。

で、民衆が旗を振るところでは、極端にスピードを下げて、お二人で手を振るサービスもあるそうです。

でも、人が多く見難いからと言って、塀や土手に登ると、すぐ警察官がやってきて「高いところから見てはいかん」と降ろされてしまうそうです。

僕も見たかったなあ

2017年9月19日 (火)

一週間の始まり、でも今週は短いの

十人十色なんていいますが、いろいろな方の話しを聞くのは実に面白いです。
エピソードは基本実話ですから、小説などよりはるかに面白かったりします。

面白かった話しの内容はさておき、今日はオートカーデジタルのスペシャルショップに掲載される記事の取材に、編集さんがいらっしゃいました。

Img_2648

かっこいい機材もさすがです。

Img_2650

いろいろ写真を撮ってもらいましたが

Img_2651

取材10分、よもやま話 4時間みたいな感じでした。
楽しい時間でした。
オートカーデジタルには多分、お店の紹介だけ載るパターンだと思います。インターネット版ですからお間違いなく。もう紙媒体はどんどん衰退していますから・・・
そのうちに見れるようになったらここでお知らせいたします。

おっと後ろにワインの166スーパーがありますが

Img_2654

1年ぶりの里帰り。1年点検とちょっとした修理数点です。

Img_2658

しかし、雰囲気の良いクルマですね。
今週はかなりタイトな一週間になりそうです。

2017年9月18日 (月)

メカ殺し油地獄 後編

さて、BMWの古くは6シリーズなども同じような仕組みを持っていますが、このアルナージも例に漏れずパワステポンプがデュアルポンプ化しており、サスペンションの油圧は、このパワステポンプ(タンデムポンプ)が受け持ちます

Img_2590

ですから、ポンプ後ろ側にタンクからフルードを送られるデカいバンジョーボルトが来ます。
そして、横側にはステアリングギアボックスに送られるポートと、リアレベリングに送られるポートと2つあります

Img_2624_2

しかしこの部品点数! ごっちゃごちゃです。まさにキングオブケイオス
H・Rギーガーの絵画みたいです。

エアコンガスを抜き、パワステポンプまで掘り下げていきます

Img_2581

配線、配管だらけ。

Img_2588

そしてポンプにチェックメイト

Img_2593

これがフルードの配管です。手前がレベリング用、奥がパワステ用、その隣のぶっといのがタンクからのデリバリパイプです。ちなみに右の穴はターボのブローオフバルブからのリターン。どのホース類も激しい熱さの中にあるにも関わらず、ゴムがしっかり弾力を持っているのは、さすがとしか言えません。

Img_2595

新しいポンプを付けて、元に戻します。

Img_2597

大変ですが、ひとつひとつ元に戻します。

Img_2609

ファンベルトがヒビだらけだったので、ファンベルトも交換。すさまじい長さです。
小さい子なら縄跳びができたりして・・・
ベルトの交換も大変です。Eくんと二人で一生懸命作業します。

Img_2614

組みあがったら、早速フルードのリアへの流れを確認します。

Img_2616

すさまじい勢いでブリーダーから噴射してきます。やはりコレぐらいの圧力なのですね。

Img_2617

車高調整を何もせず、外したりしているとこのようにホットロッドに

Img_2625

しかしあまりに部品点数が多く、下から見ても全くポンプを見ることができず、もれているのか、いないのか見えません。

とりあえず、エアコンガスを入れていきます。巨大なシステムなので、真空引きも長い時間行います。

Img_2643

エアコンガスをどんどん飲み込んでいきます。940g+20gなんて書いてるので、ほとんど5本を注入します。

Img_2647

車高も調整していよいよオーナーの元に返す時が迫って来ました。

Img_2641

レベリングのシステムは完全にオーバーホールできました。しかし、乗り心地のほうはあまり改善できませんでした。
やはり、ショックアブソーバーのオリフィスコントローラが悪いのか?コントロールユニットが悪いのか?

海外のフォーラムでは乗り心地の改善はガススプリングの交換とたくさんありましたが、どうなんだろう?

http://www.fixya.com/cars/t23934463-99_bentley_arnarge_shocks_not_working

さらにサスペンションの宿題は残るようかもしれません


2017年9月17日 (日)

メカ殺し油地獄 前編

おそらくベントレーというかロールスロイスというクルマはおそらくは世界で一番整備が大変なクルマなのではなかろうかと思います。

さて、8月の終わりにガススプリングなるアキムレーターを交換して、ちゃっちゃと終わる予定だったアルナージ。

Img_1304

そもそもガススプリングは、セントラルハイドロリックコントロールと呼ばれるリアサスの油圧をコントロールする部品で、ポンプから送られたフルードをアキムレーター内で調圧し、システム全体を安定させるものです

Img_0343

で、フルードの流れについては、依然に書いた記事を参照してください

http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-0cd4.html

で、オーナーの英断により交換することになりました。

Img_2445

ハイトコントロールバルブ。ポンプから来たフルードはここで、入るものと出るものになります。実際には約34万円しました・・・ もちろん日本にはありません

で、現物を見ると

Img_2455

なるほど中のニードルのようなものがアームを動かしても全く動かず、ああ、これでは正常に動くまいと、交換して勝利を確信しました。

Img_2636

で、エア抜きを始めると、出てくる油量がなんだか細い。
しまいには最終的にほとんど止まってしまうことも。
油圧が低すぎて、とてもショックの役割などこなせません

もはやポンプも壊れていたと言う顛末になってきました・・・

うーん、ベントレーの超豪華、次々攻撃になってしまいました。

なぜか、このバルブとパワステポンプが同額・・・ 再び到着まで一週間待ちます。

Img_2590

ああ、来たよ、来ましたよ。はるばるイギリスから。

Img_2596

あまりの部品代に身がすくみます。

続きはまた次回・・・・

2017年9月16日 (土)

分身の術

あー、過労のあまりブログの更新がつらい。
で、今日はコレ。

おぼろ分身 影 3っつ

Img_2627

いや、おもしろいから集めているんじゃないのよ

Img_2628

ぼく、このデザインが好きでんねん
でもツーペアまではあるけどスリーカードはなかなか。

166ファンの皆様、いろいろできますぜえ。

近いうちにオートカーデジタル(Autocarデジタル)に寄稿するようになります。
https://www.autocar.jp/specialshop/

正直なところあまり乗り気ではないのですが・・・

2017年9月15日 (金)

作業をお待ちの皆様へ

すいません、作業をお待たせしている皆様に現在の入庫状況をお知らせいたします。
依然、工場はフル稼働ですが予定が逼迫しており、ご迷惑をおかけいたしております。

本日、車検でお預かりの青いカングーと、ライトグリーンのシエンタが出庫しました。
明日、足回り修理で掛かりきりだったベントレーアルナージが出庫予定です。

以降、ドアロックなど修理の166は土曜日にお預かり
車検でお待ちのトゥアレグは連休明け火曜日にお引取り
納車待ちのボルボV70はこの週でお引渡し
エアコン修理の166はこの週中でお引取りに伺います。
車検でお待ちのメルセデスCLSは週末にお引取りに伺います。

以降の車検は再来週となります。
セレナ、長らくお預かりのビートル、

それぞれの合間で、オイル交換でお待ちのマセラティQP、ポルシェカイエンを作業する予定です。

長らく作業中の155、オーバーホールは部品待ちです(ヒーターホース)が、これは見つかりそうにないので、今のままで先に進める予定です。

関係各位には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうかよろしくお願いいたします。

2017年9月14日 (木)

新しい、アルファロメオのFRセダン

工場に一通の封書が・・・

Img_2481

カタログと書いてありますね

Img_2482

ジュリアのカタログでした~

Img_2484

一応中型セダンの位置づけ。しかしこのデザイン

Img_2489

QVはいかにもだけどなんだかレクサスみたい

Img_2488

カタログはブランドの紹介に半分費やしています

Img_2486

ま、そりゃ知ってるんだけどね

Img_2487

しかし走っているところを見ると、やはりそれらしい。イタリアンデザインの妙です。
どこか166に少し影響を受けた? いや156だろ。みたいな

イタリアのクルマは早そうなのは間違えなく、実際に早いものが多いのだけども、どこか磐石な速さに欠けるというか、ポルシェや他のドイツ車のような、極端な安定性がいまひとつないのです。でも今回はどうかなあ?

159はいろいろな意味でドイツ車に憧れたんだと思うのですよ。
でも、あの国の工業力の限界というか、お国柄なのか、やっぱりメルセデスの乗り味やクルマの造りはおろか、クオリティコントロールは到底及ばないのです。

いや、アルファに限らず、マセラティのギブリやQPも、アウディやメルセデスに近づきたいと。

しかし、みんなしっかりハンドルを握ってしっかり運転しないといけないドライブフィールは未だ抜けない感じです。
ポルシェなど時速200kmを超える高速域でも、片手で運転できます。
でもイタリーのクルマはそうはいきません。

それはイタリア車が悪いわけではなく、個性の方向が違うと思うのですよ
一連のドイツ車のような極端な性能や足回りでなく、あのデザイン、革の感じ
雰囲気、こういったものを味わうのが良いと思います。

イタリアのクrマは実際に現車を見ると、イメージの違いにビックリすることがあります。
このジュリアもそうなんでしょうか? まだ実車を見てないので何とも言えませんが

508_news_image_20170906_giulia_main

以前なら絶対に売らなかったであろうミト、名前もさることながらデザインが悪すぎる。
と当時は見向きもしませんでしたが、だんだん現車を見るにしたがって、最終的にはすばらしいとさえ思うようになってしまいました

Af_s017_101026_01

166がアナウンスメントされた際に、164ユーザーは166のデザインを嫌がりました。
何事も百聞は一見にしかずですね。

2017年9月13日 (水)

メガネをオーバーホール

先週の土曜日、ちょうどお祭りの最中に、普段使っているめがねが壊れてしまったので、仕事を少し早く切り上げてイワキメガネ吉祥寺サンロード店に行きました

行きしなにはキレイな虹がかかっていました。ちょうど向かう方向に虹があったので、頑張れば下をくぐれそうなほど。

Img_2558

ここがイワキメガネ吉祥寺サンロード店、さすがに住みたい街No1。キレイで静かな店内につなぎ服姿っていうのもねえ

Img_2559

グリーンのメガネを今回オーバーホールします。

Img_2560

アイメトリクスというメガネは以前にも書きましたが、実にいいメガネですが、修理には専門の所に行かないとできません。また部品も多種多様なので、すぐにはなおりません。
まあ、それはやむなしです。

まず視力を測ると、裸眼でLH 0.6 RH 0.05.うーん目が悪いんじゃあ。
これでも免許取って2回目の書き換えまで眼鏡使用なしだったのですけどねえ

で、グリーンのものは中、近距離用なのですが、実のところ近くも遠くも見えない。じゃあ、なんなら見えるのか的な・・・

でも、もはや僕の年齢では近くを見るには近く用、遠くを見るには遠く用と複数とっかえひっかえメガネを変えないと見えませんで、それがいやだから遠近両用にしたのですが、そちらには慣れないんですよ~

で、普段、工場でずっとかけてるメガネはある程度先の距離が見えないと、近くばかりに焦点が合うようにしてしまうと、こうなってしまいます。

C0055552_19584894

ですから、何度も調整しながらベストな状態を作ります

でもさすが店長さん。豊富な経験と手際のよさでよい内容を出してくれます。
素人的には見えないんだから度数を上げるのかと思いきや、左目の焦点を一段階手前で見れるよう度数を下げて、右目はもう少し先で焦点が合う様、こちらも1段階度数を下げました。するとあら不思議、手前にある小さな文字が見えるようになるのです。
その分、多少遠くは見えなくなりますが、それでも十分です。

長く時間をかけて丁寧に度をあわせるのにつき合わせてしまいましたが、まるで店長さんは僕の見えている絵がわかるかのように、適切にレンズを選んでくれました

Index_pic_05

しかし、店長さんは嫌な顔ひとつせず、親身にお相手していただきました。
結果、閉店時間を1時間まわる結果になってしまいました。

以前はレンズも選択しが少なく、ニコンとキャノンしかなく高価でしたが、最近はTokaiなど国産の他メーカーもラインナップしていくらかリーズナブルになりました。
また、同じアイメトユーザーのお客さんから、レンズの契約だかが変わってレンズの値段が安くなったなどの情報もありまして、聞いてみると一部のレンズを安くしたとの情報がありました。

それでも今回のオーバーホールで、メガネ市場3本分の値段になりますが・・・・

Img_2562

でも手放せません。アイメトリクス

2017年9月12日 (火)

アルファロメオ166 商品車

うちには商品の166も1台ありまして、目下、魅力あるクルマにするべく商品化をいたしております

Img_1840

元の塗装が悪いのか?補修を受けたのか?塗装表面にブツブツ(ブリスターと言います)が出て、放置するとずるむけになる恐れがあったので、作業に踏み切りました

Img_1857

要は日に当たっているところが悪いようですね

Img_1885

ほとんどプラスチック素地まで行ってしまいます

Img_1889

リアバンパーも同様、徹底してムキます

Img_1924

一方、フロントも劣化が激しく、飛び石もかなりあったので軽くさらいました

Img_2466

せっかくだから防錆の観点からウオッシュプライマーを下に入れて

Img_2468
Img_2469

画像がありませんが、このプライマーの上からサフェーサーを入れます。

次はバンパーに色を入れて

Img_2349

このシルバーは目も粗くデザインを引き立たせるカラーです

Img_2352

塗装の都合上、両方のフェンダーも部分的にカラーベースを入れます。

Img_2490

このようにしてマスキングしていくのです

Img_2492
Img_2493

マスキングが整いましたら塗装です

Img_2542

もうこのシルバー何回も塗ったなあ、自分のクルマで・・・

Img_2547

全部染まったら、クリアーに移行します。

Img_2552

出来上がり。どうですか? 166乗ってみたくなりません?

Img_2555

試乗も可能です。中野の棚橋モータースでメンテナンスされていた1台、いかがですか?

車両価格55万です。
そのうち詳しく書きますね


2017年9月11日 (月)

アルファロメオ166 部品取り

突然ですが、先日木曜にアルファロメオ166を買ってしまいました。

しかもシルバー

Img_2515

もし程度が良ければ、あわよくば商品に・・・ とか思いましたが、思いなおして当初の予定通り部品取りとします。

部品取り2号機は既にハギトリされて、かなり使える所が減ってしまったので、3号機を買いました。

しかし程度が悪い。あまりに外装がやれて、オーナーは手放したのかな?

Img_2517

車内のベタベタは除去されていました

Img_2519

全体的汚い感じです。愛を感じないというか?あ、僕の166もそうか

Img_2520

伝統のV6には曇りがありません。心底良いユニットだと思います。

Img_2524

でも、タイベルのケースに不穏なマーキングが。ちゃんとTベルトが交換されている事を願います。

Img_2527


このクルマどことなく違和感を感じたのですが、どこかに違うところがあります。どこか分かりますか?

Img_2531
Img_2532

正解は本来であれば黒い素地で出来ているバンパーしたやサイドシルカバーがボディ色に塗られているのです。僕は黒で良いと思うんだけどなあ。

ま、それにしても出来の悪い補修なので、なんだか悲しくなります。
結果は口ほどに物を言うのが塗装でして、簡単にはがれたり、見切れが悪いと素人目にも、出来が悪く見えます。
でも、ボディショップには低い予算でムリに作業するボディショップもあります。安すぎてクオリティを確保できない場合は、断るという勇気も必要です。
そうでなければ、採算を考えずに作業するかのどちらかです。
あとで、今回のように笑われてしまいます。

全く効かないエアコンは大気圧になっています。

Img_2528

どっかから抜けちゃっているのですねえ。ガスを2本入れて作動を確認します。

Img_2533

見事に良い感じに圧力が上がりました。コンプレッサーは無事なようです。

Img_2535

で、念のために蛍光剤を注入して、コンプレッサーのリップシールなどからの漏れかどうか確認します。

Img_2537

ICSは手元に書類が届いていないので、分かりませんが、ボタンを押せば作動はするので、正常かと思われます。

Img_2538

基本的に販売した顧客のサポートのために、新たに修理する166の為にある部品取り車ですが、値段が折り合えば一般の方にも部品販売は可能です。mpi@mua.biglobe.ne.jp までお気軽にどうぞ。しかし大変に恐れ入りますが、部品によっては顧客の修理を優先するため、お譲りできない物もありますので、ご了承ください

しかし、全部ではないでしょうが、GSで車検というかメンテナンスをしている車で、程度がいい車を見たことが、あまりありません。
特にイタフラ車は専門的な知識や経験、それらを支える道具など、普通に整備工場に持ち込んでも満足な整備を受けられない可能性が高いです。

Img_25411

好きで乗ってるクルマなら、なにもキャッスルでなくても・・・

Img_25251

まあ、だれでも考え方がありますので、一概に否定はできませんが。


2017年9月10日 (日)

秋の例大祭

昨日今日は、地元神社の例大祭です。工場は所沢ですが、地元は東大和です。

Img_2494

お祭りは楽しいものですが、携わる側は本当に大変です。

Img_2495

2週間前から準備して、当日も朝から準備に余念がありません。
朝から準備、午後から神輿と山車を繰り出し、夜は参拝客の自転車さばき。
最後は日付が変わるくらいまで拘束されます

仕事は無限にあります

Img_2496_2

また、神社事業を手伝う人も少なくなり、そうでなくても大変なのにより一層大変。でも愛する地元の町の鎮守ですから大事にしないと。なので僕はほぼ毎年なにかしらの形で協力しています。

Img_2497

しかしきっつい。1日目で全身が痛い。疲れが取れません。
僕など2日目は午後のつらい所から手伝うので、まだ楽ですが、朝から作業する人もいっぱいいます。

Img_2498

また市の重要文化財の清水囃子は大変すばらしいです。孤高の存在で神社の活動、資金とは異にして切磋琢磨し、いつも素晴らしいパフォーマンスを披露します。その活動にはただただ脱帽です。

Img_2501


僕らは見たり買ったりすることはありませんが、やはり多くの露店がひしめいているのは楽しいものです。多くの人たちが訪れています。多くの人が訪れるととそれだけゴミも出るのです。でも、こういった祭礼では普段なかなか会えない人にも会えるので、ちょっとそこは楽しくもあり・・・

Img_2504

東大和市 尾崎市長です。うまく会えたので、国民健康保険が高すぎると直訴しました(笑) でもふるさと納税の影響ってでかいの?って聞いたら、そうでもないと。おおそれは心強い。
市長がピースしているのはピースではなく2億!

東大和市のふるさと納税の目標額、2億。  

Img_25021

東大和市のHPはここ
http://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/1,html

東大和市のふるさと納税はこちらhttp://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/34,74794,362,html

市長は霜降り肉はないけどね~とおっしゃっていましたが、うーん僕はお肉が欲しい・・・

市長、約束通り載せましたよ(笑)

2017年9月 9日 (土)

殺人的なニオイのあなたへ・・・

すごい記事を見つけました

 

北九州高専に拠点を置くベンチャー企業「ネクストテクノロジー」(北九州市小倉南区)が、人の足などの臭いの強さを嗅ぎ分ける犬型ロボットを開発した。

 来春の販売開始を目指す。

20170908oyt1i50004n


 体長15センチのぬいぐるみ型で名前は「はなちゃん」。鼻にセンサーを付けており、臭いが弱ければ「すり寄る」、中程度なら「ほえる」、強ければ「倒れて気絶する」と3段階の反応を見せる。2日間履いた靴下の臭いを気絶する基準に設定した。今後、消臭剤を噴霧する機能を追加する予定で、販売価格は1体十数万円を見込んでいる。

 同社社長を務める滝本隆准教授(36)らが7日、北九州市役所で北橋健治市長にはなちゃんを披露。市長の足の臭いを嗅がせるとすり寄った。市長は「ロボットを市民生活に溶け込ませる素晴らしい発想」と話していた。

かわいらしい姿とは裏腹に、クサい足のニオイを嗅ぐと悶絶する・・・ いや気絶してしまうという、全く何の目的で作られたかわからないロボット? おもちゃ?

しかも強烈な人には消臭剤を発射すると言う攻撃機能をつけるというんだから穏やかでない。

いったい誰が買うのでしょう? いきなりイグノーベル賞候補ではないか??

明日から2日間、地元の神社のお祭りを手伝うので、更新できるかな?
わかりません。

不動のカングー修理

およそ一週間前にエンジンの不動で入庫したカングー。
ちょうど、車検時期と重なって全部ひとまとめで作業します

Img_0377

まずは、エンジンをかかるようにするとこから

Img_0379

診断機をつないで

Img_2355

予想通りクランク角センサーでした。
エンジンがかかったりかからなくなったりする現象はクランク角(カム角)センサーの場合が多いように思います。最終的にはセンサーが完全に死んで不動になるのです

Img_2356

クランク角センサーはその名の通りクランクのプーリー付近で見ていたり、エンジン後端にあったりします。今回はフライホイールセンサーなんて書いてありますが、基本的に一緒です。古いモトロニックなんかがそうでしたが、60数枚歯のギアがグルグル回っていて、さらに3枚ぐらい歯のないところがあって、そこでセンサーはリセットされ、再びセンサーは数を数え始める。記憶が正しければそんなような仕組みです。

Img_2358

クランク(フライホイール)センサーはインジェクション車のキモで、ここの信号があらかたのエンジンを走らせる為の情報で、これ以外は補正の為のセンサーと考えて大丈夫です。

センサーの交換には結構部品を外します。
これはサーモケースも兼ねたブロック

Img_0380

タイミングベルト交換の際のカムのロックを付けるグロメットの下側部分です。

Img_0381

その下にありますのがフライホイールセンサーです。

Img_0382

ATミッションの内部に入っているのが分かります。
こいつを新しいものに交換します。
なんだか寄生しているみたい

Img_0383

新しいセンサーはコネクターを同時交換が前提です

Img_2411

出来上がりました。

Img_2416

ウソのようにすんなりとエンジンもかかりました


2017年9月 8日 (金)

カングーの車検、再び

前回の車検では大作業だったカングーですが、今回は比較的マイルドかと思われた整備ですが、結構大変でした。早いもんで2年があっという間に到来します

Img_0427

まずはベーシックなところから。
エアコンフィルターですね

Img_0429

かなり汚れています。もう少し早く交換出来ていたら、炎天下ではもっとエアコンが冷えたかもしれません

Img_0431

指定の方向に差し込んで

Img_0434

フタを締めます。このクルマ
カウルの下にエバポレーターケースがありますから、案外エアコンの整備がラクかもしれませんね。
ちょうどカウルの下にエキスパンションバルブが見えています

Img_0437

本当はここからいろいろあるのですが、先日、データがクラッシュして画像が見れなくなってしまいました。
ですから交換した部品だけ・・・

Img_2463

ハンドルをフルに切りながら走り出すときや、走り出しでゴトっといやな振動や異音が出ている。と説明をうけて、ロアボールジョイントかスタビかと思案していましたが、ロアボールジョイントのみの供給はなく、ロアアームの交換になるのですが、その際スタビライザーリンクの同時交換が必要で、うまい具合に一掃できてしまいました。
ちなみにロアアームにスタビリンクも付いてくるのかと思ったら別売でした・・・

Img_2462

ラバーブッシュの痛み具合からちょうど交換すべき時期だったようです。
でも交換作業は一筋縄ではいかず、作業する者を苦しめます。

スタビライザーエンド(リンク)はおでんのように複数のブッシュが挟まっているのですが、そのブッシュの中に鉄のカラーが入っていて、それ以上締まらないようになっているのです。しかし、新品は到底、簡単にボルトにナットを入れられるような仕組みにはなっておらず、頑張ってあっ往くしないとナットが入らないのですね。

でも圧倒的にフロントのアップライトの落ち着きが出ました。

«モロゾフのプリンで・・・

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ